2017年09月09日

大軍拡予算にNO!討論学習会&防衛省申し入れへ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

直前のご案内となりすみません。10日、11日と連続して、軍事費の膨張に
反対する取り組みが行われます。脅威を煽り、軍産複合体に血税を貢ぐ企
てを見破り、食い止めるために、ぜひご参加ください。

<参考>
我が国の防衛と予算−2018年度概算要求の概要(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/yosan/2018/gaisan.pdf

防衛省、概算要求5.2兆円 18年度2.5%増、ミサイル迎撃強化(9月1日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20632040R30C17A8PP8000/

防衛省ミサイル開発研究費 菅長官「必要だから」(9月8日、テレビ朝日)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000109573.html

米から高額兵器爆買い 安倍政権で“防衛費リボ払い”急拡大
(9月7日、日刊ゲンダイ)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212993

---------------------------------

<大軍拡予算にNO!の声をあげよう!>

 南スーダン「戦闘」地域派兵への責任を取ることもなく、安倍政権は、
先制攻撃力保有、防衛費のGDP比1%を超える増額を主張する小野寺五典を
新防衛大臣に起用しました。新防衛大臣の下で、防衛省・自衛隊は2018年
度概算要求で、過去最高となる5兆2551億円の大軍拡予算を要求していま
す。「イージス・アショア」導入をはじめとする「ミサイル防衛」増強や
「統合機動力」の強化、石垣島や宮古島などの自衛隊の増強、宇宙監視部
隊の創設、新対艦ミサイルや高速滑空弾など事実上の「敵基地攻撃兵器」
の研究、「戦闘医療」態勢の整備、大学などを対象とした高額の軍事研究
助成費の継続などです。
 自民党の安全保障調査会は、早くも2019年〜2023年の次期中期防衛力整
備計画に向けた軍拡政策を練り、政府への提言を始めています。こうした
大軍拡の動きに反対する連日の取り組みに、是非、ご参加ください。

◆討論学習会
「軍拡予算の何が問題か?〜2018年度防衛費概算要求を読み解く」
9月10日(日) 18時30分〜21時
文京シビックセンター5階会議室A+B(後楽園駅、春日駅)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html 
資料代:500円

<問題提起1> 
「2018年度防衛費概算要求を斬る」
吉沢弘志(パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会)

<問題提起2> 
「次期中期防衛計画に向けて何が動いているか」
杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)
 
◆やめろ!大軍拡 防衛省申し入れ行動 
9月11日(月) 18時30分 防衛省正門前集合(市ヶ谷駅7分) 
申し入れは19時を予定

※10月29日(日)13時30分から、千駄ヶ谷区民会館2階集会場で
半田滋さんを講師に集会も行います。

【呼びかけ団体&連絡先】
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
 北部労働者法律センター気付(TEL・FAX)03-3961-0212
立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX)042-525-9036
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
(TEL)090-3509-8732 (FAX)047-456-5780

【協賛】
新しい反安保行動をつくる実行委員会 
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) 
戦争・治安・改憲NO!総行動
posted by だつげんぱつ at 01:42| 脱原発情報[情報]

2017年09月02日

【ご案内】9/5 ミサイル避難訓練に抗議する!対政府交渉

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

ミサイルの「脅威」を過剰に煽りたて、軍産複合体への利益提供と落ち目
の政権浮揚を図る企てが進行しています。そうした中で、およそ非現実的
な「ミサイル避難訓練」が各地で開催され、「Jアラート」と称する空襲
警報さえ乱用されています。これらの問題点について、具体的に追及する
政府交渉が5日午後に行われますのでご案内します。

10月12日に行われる、防災訓練と軍事訓練を問う討論集会も合わせてお知
らせします。

<参考>
頭を抱えればミサイルから身を守れるのか?(白井聡、8月26日、神奈川新聞)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shiraisatoshi/20170828-00075061/

---------------------------------

<弾道ミサイル避難訓練反対!>
<防災訓練を国民保護訓練=戦争・軍事訓練に利用するな!>

【1】ミサイル避難訓練に抗議する!対政府交渉

日時:9月5日(火)午後3:00 集合
   場所:参議院議員会館1階ロビー集合
(地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」、
丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」)

●午後3時から1階ロビーにて通行証を配布します。
●交渉は、参議院議員会館B104会議室にて、
  午後3:30〜5:00まで行う予定です。
●社民党・福島みずほ参院議員事務所を通して、内閣府、消防庁、防衛省
の担当者が出席する予定です。
※メディアの取材が入る可能性があります。お困りの方は、開始前に主催
者に、必ずお申し出ください。

■いま全国各地でミサイル避難訓練が行われています。朝鮮民主主義人民
共和国への敵意を煽り、ミサイルの恐怖を利用して、一人ひとりが政府の
指示の下に行動する戦時態勢がつくられようとしています。
■訓練を主導している、内閣府、消防庁、防衛省の担当者に対して、いっ
たい、どんな訓練なのか。なんのための訓練なのか。こんな避難方法に意
味があるのか。ミサイル防衛で迎撃するという想定どおりにいくのか。
さまざまな疑問をぶつけます。関心を持つ、多くの皆さんのご参加を、呼
びかけます。

---------------------------------

【2】防災と国民保護訓練を検証し、防災訓練反対運動の今後を展望する討論集会
日時:10月12日(木)午後6:30開場
            午後6:45開始
場所:国分寺労政会館
(JR中央線「国分寺駅」南口徒歩5分)
資料代 ¥500

■今年の東京都総合防災訓練は、調布市にて実施されます。ビッグレスキ
ュー2000のときには前面に出ていた自衛隊の後景化が著しくなっています。
今年はなんと70人ほどしか参加しません(予定)。これは何を意味するのか。
■また、ミサイル避難訓練、すなわち国民保護訓練=戦争・軍事訓練と、
既存の防災訓練との今後の関係の変化についても要注目です。すでに防災
訓練の一部にミサイル訓練が組み込まれた形での訓練が数箇所で実施され
ています。あたかもミサイルが自然災害のように扱われているのです。
これらの変化を踏まえ、私たちはどう抗していけばいいのか。ともに考え
る討論集会に、ご参加ください!

<ともに>
主催
■米軍・自衛隊参加の東京都・調布市総合防災訓練に反対する実行委員会2017
連絡先
■立川自衛隊監視テント村(気付)
立川市富士見町2‐12‐10‐504 TEL042‐525‐9036
メールアドレス■ tento72@yahoo.co.jp

---------------------------------

<資料>
●全国で行われるミサイル避難訓練
9月17日 兵庫県西宮市※
9月 1日 北海道滝川市・岩見沢市※
8月30日 石川県輪島市※(12例目)
8月26日 三重県津市※、埼玉県東松山市(防災フェアの一環)
8月24日 熊本県上天草市※
8月19日 鳥取県琴浦町※、栃木県宇都宮市(市の防災訓練の一部)、
      神奈川県平塚市(市の防災訓練の一部)
8月18日 中国、四国地方9県(島根、広島、高知、鳥取、岡山、山口、徳島、
    香川、愛媛)で全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達訓練
7月29日 茨城県龍ケ崎市※
7月20日 長崎県雲仙で共同訓練「武力攻撃事態」で初※
      ⇒豪雨災害のため秋に延期
7月10日 愛媛県西条市※
7月14日 富山県高岡市※ 都市部で初、海自が迎撃し破片が飛んできた
7月 1日 埼玉県秩父市(職員対象)
6月25日 福井県福井市東郷地区(市の防災訓練の一部)
6月23日 静岡県下田市(県市)、青森県弘前市(市職員のみ)、
      山口県岩国市(小学校独自)
6月12日 新潟県燕市※、福岡県吉富町※、岡山県庁職員
6月11日 広島県福山市(県市)
6月 9日 山形県酒田市※
6月 4日 山口県阿武町※、福岡県大野城市(市単独)
5月11日 青森県むつ市(市単独)
3月17日 秋田県男鹿(おが)市※

 ※国と連携した訓練

以上
posted by だつげんぱつ at 22:32| 脱原発情報[情報]

2017年09月01日

東電元幹部刑事裁判が始まった! 9.2東京集会開催のお知らせ

170902支援団チラシ-001.jpg郡山・緑ふくしま 蛇石です。 (代理投稿;星川)

緑の会員、サポーターのみなさまも多く賛同を頂いています。
主催:福島原発刑事訴訟支援団、福島原発告訴団の
9.2東京集会のご案内です。

      *
東電元幹部刑事裁判が始まった!
9.2東京集会開催のお知らせ

日時:2017年9月2日(土)10:30〜12:15
場所:〒108-0023 田町交通ビル6Fホール 東京都港区芝浦3-2-22
プログラム(予定)
10:00 開場
10:30 開会、弁護団から解説、告訴人の話、ほか
12:15 閉会

2017年6月30日、福島原発事故の刑事責任を問う世紀の裁判が、
とうとう始まりました。
その日は雨の中、早朝より700 人を超える人々が、
傍聴を希望し東京地裁に押し寄せました。
検察官役の指定弁護士は、冒頭陳述の読み上げに1時間半をかけ、
提示した証拠は238点に及びました。
しかし、元幹部3人はいずれも無罪を主張しています。
第2回公判に向けて、この裁判でどのような証拠が提示され、
何が争点となるかなどを理解しひとりひとりがこの裁判を見つめ、
広めていくためにともに学びましょう。

(主催)
福島原発刑事訴訟支援団
福島原発告訴団
(お問い合せ)支援団・告訴団事務局
メール:info(アットマーク)shien-dan.org
080−5739−7279
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1

・福島原発刑事訴訟支援団HP⇒https://shien-dan.org/
・福島原発告訴団HP⇒http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/
posted by だつげんぱつ at 01:16| 脱原発情報[情報]