2017年09月14日

共謀罪は廃止できる!9.15大集会@日比谷野音へ

東京の杉原浩司(共謀罪NO!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎]

ご存知の方も多いと思いますが、日比谷野音大集会が迫りました。主催は、
幅広い団体により新たに結成された「共謀罪廃止のための連絡会」。9月
下旬に始まる臨時国会で、立憲野党が共謀罪廃止法案を提出するための
第一歩となる重要な行動です。日比谷野音を埋め尽くし、廃止に向かう道
を切り開きましょう。周りの方もぜひお誘いください。最後の一押し、情
報の拡散もよろしくお願いします。

「共謀罪廃止を」14団体結束 野党と連携も模索(9月8日、東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017090802000138.html

集会案内のリンクはこちらから
https://www.kyobozaino.com/

「共謀罪法」の廃止を求める緊急統一署名はこちらから
http://bit.ly/2xyqUII ※第2次集約 9月30日

---------------------------------

*******************
 共謀罪は廃止できる!9・15大集会
*******************

▼とき:2017年9月15日(金) 18時30分〜19時45分(開場18時)
    *プレ企画 18時10分〜 制服向上委員会
    ※集会後、銀座デモ 19時50分〜
▼ところ:日比谷野外音楽堂(東京メトロ・霞が関駅下車)
▼司会 馬場ゆきのさん(未来のための公共)、谷 虹陽さん(同)

▼主催者挨拶 
 山口 薫さん(アムネスティ・インターナショナル日本)
▼アピール
「共謀罪は廃止しなくてはならない」
海渡雄一さん(弁護士、共謀罪NO!実行委員会) 
▼国会議員挨拶(民進党、共産党、社民党、自由党、沖縄の風)
▼カンパアピール 金智子さん(反差別国際運動)
▼ゲストからのアピール ちばてつやさん(漫画家、予定)
▼発言 
芹澤 齊さん(自由人権協会代表理事)
篠田博之さん(日本ペンクラブ言論表現委員会)
野平晋作さん(ピースボート共同代表)
満田夏花さん(国際環境NGO FoE Japan事務局長)
近藤恵子さん(女性と人権全国ネットワーク共同代表)
三澤麻衣子さん(共謀罪対策弁護団事務局長)
内田雅敏さん(総がかり行動実行委員会)
岩崎貞明さん(日本マスコミ文化情報労組会議)

▼集会宣言 纐纈美千世さん(日本消費者連盟事務局長)  
▼デモ説明 盛本達也さん(総がかり行動実行委員会)
▼コール 山崎友代さん(共謀罪NO!実行委員会) 

▼主催 共謀罪廃止のための連絡会
参加団体 
アムネスティ・インターナショナル日本(Tel 03-3518-6777)
グリーンピース・ジャパン(Tel 03-5338-9800)
日本消費者連盟(Tel 03-5155-4765)
ピースボート(Tel 03-3363-7561)
日本マスコミ文化情報労組会議( mic-un@union-net.or.jp )
共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会
(日本民主法律家協会 Tel 03-5367-5430)
未来のための公共( public4f@gmail.com )
女性と人権全国ネットワーク
国際環境NGO FoE Japan
自由人権協会
反差別国際運動
共謀罪対策弁護団(自由法曹団 Tel 03-5227-8255)
共謀罪NO!実行委員会(盗聴法廃止ネットワーク Tel 080-9408-0962)
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会(Tel 03-3221-4668) 

---------------------------------

私たちは、悪法・共謀罪の廃止のため「連絡会」を結成しました。
共謀罪はあらゆる点で問題があります。
1、国会の手続きを無視し、参議院法務委員会の決議を省略し、
 参議院本会議で強行採決したことです。
2、「話し合うことが罪になる」共謀罪は、憲法が保障する思想・
 言論・表現の自由を侵害します。
3、国際自由権規約という国連が各国に求める市民の人権保障を
 無視してつくられました。
国会法を無視し、憲法を侵害し、国連からも批判された法律は今まで
ありません。共謀罪は稀代の悪法です。
共謀罪は、NGO、市民団体、消費者団体、労働組合などの自由な活動と
両立しません。共謀罪は廃止しなくてはなりません。
「共謀罪は廃止できる!9・15大集会」にご参加ください。
posted by だつげんぱつ at 00:41| 脱原発情報[情報]

2017年09月11日

【本日】インドに原発も武器も売るな 安倍首相のインド訪問に反対する 9.11院内集会

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

毎度直前のご案内となりすみません。9月11日午後、安倍首相のインド訪
問に反対する院内集会が行われます。私も発言します。平日昼間ではあり
ますが、ご関心のある方はぜひご参加ください。

ちなみに日印間では、未だに難航しているものの、以前から軍用救難飛行
艇US-2(新明和工業製)の輸出交渉が続いている他、インドの次世代潜水
艦の共同開発に向けた商戦に三菱重工と川崎重工がコンタクトを取り始め、
さらに、先日の日印防衛相会談では、新たに無人車両とロボット技術の共
同研究が可能かどうか、検討していくことを決めたと報じられています。

<参考>
日印防衛相、共同訓練の拡大で一致 航空機を相互訪問(9月5日、ロイター)
https://jp.reuters.com/article/india-idJPKCN1BG189

---------------------------------

インドに原発も武器も売るな 安倍首相のインド訪問に反対する 9.11 院内集会

日時:2017年9月11日(月)14:30〜16:00(14:00〜 通行証配布)
場所:衆議院第一議員会館 第6会議室(国会議事堂前駅、永田町駅)
主催:核武装国インドへの原発輸出に反対する市民ネットワーク
(フェイスブック: https://www.facebook.com/NoNukesToIndia

・日印原子力協定発効とインドの反原発運動について
ii正明氏(岐阜女子大・南アジア研究センター)
・インドへの武器輸出について
杉原浩司氏(武器輸出反対ネットワーク)
・国会議員からの挨拶
・今後の活動について

 インドは過去2度にわたり核実験を強行し、核不拡散条約(NPT)にも未
加盟 のまま、核開発・核軍拡を続けている「核武装国」です。それにも
かかわらず、日本政府は今年7月にインドと原子力協定を締結し、今後、
原発輸出や原子力協力などを進める構えです。国連における「核兵器禁止
条約」の採択など、世界的に高まる核廃絶への気運に真っ向から反する路
線と言わざるを得ません。
 9月13〜15日に予定される安倍首相のインド訪問は、インドとの原子力
協力の推進や軍事連携強化などを主眼にするとみられます。しかし、イン
ド各地で原発稼働・新増設に反対する激しい住民運動が展開されています。
南アジア・インド洋の平和は、共同演習や武器輸出によって達成されるも
のでは決してありません。
 今回、インドに対する原発輸出や武器輸出の問題点を明らかにし、安倍
首相のインド訪問に反対する院内集会を開催します。ぜひご参加ください。
posted by だつげんぱつ at 00:26| 脱原発情報[情報]

2017年09月09日

wam緊急セミナー★山田昭次さん:関東大震災時の朝鮮人虐殺ーそのとき、軍、警察、民衆は何をしたのか

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

直前のお知らせとなりすみません。明日10日午後に東京で行われる、アク
ティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)の緊急セミナー
の案内を転送します。貴重かつタイムリーな企画です。ぜひ、ご参加ください。

---------------------------------

みなさま

社会的な関心が高まっているいま、改めて関東大震災時の朝鮮人虐殺に
ついて正確な事実を知るために、以下の緊急セミナーを企画しました。
山田昭次さんのお話を聞けるチャンスはなかなかないと思います。
どんな疑問にも真摯に答えてくださると思います、みなさんの参加をお待ち
しています。

★★wam緊急セミナー★★★  【転送・拡散、お願いします】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関東大震災時の朝鮮人虐殺
ーそのとき、軍、警察、民衆は何をしたのか

日 時:2017年9月10日(日) 13:30−15:30頃終了予定
場 所:wam内オープンスペース
講 師:山田昭次(立教大学名誉教授)
『関東大震災時の朝鮮人虐殺―その国家責任と民衆責任』(創史社、2003年)
『全国戦没者追悼式批判―軍事大国化への布石と遺族の苦悩』(影書房、2014年)
『金子文子―自己・天皇制国家・朝鮮人』(影書房、1996年)ほか多数。
参加費:800円(wam維持会員は300円引き、友の会会員は100円引きになります)


*資料準備の都合上、参加予定の方はwam@wam-peace.org までご一報ください。
当日の参加も歓迎です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小池都知事は市民団体が主催してきた関東大震災での朝鮮人虐殺の犠牲者追悼式
への追悼文を拒否しました。そもそも自然災害の被害者と虐殺の犠牲者を同一視
する態度に問題がありますが、この事件の背景には歴史を否定する勢力があるこ
とも見て取れます。

「朝鮮人の虐殺は民衆が行った」だけではありませんでした。とりわけ、当時の
国家権力が虐殺行為を隠滅し、犠牲者数を把握させないために調査を妨害・弾圧
したことはあまりにも知らされておらず、また軍隊や警察自体が虐殺をしたこと
もほとんど触れられません。

山田昭次さんは、研究者として、日本人として、関東大震災時の朝鮮人虐殺につ
いての責任を果たすべく研究を重ね、「民衆責任」と「国家責任」を明らかにし
てきました。被害者数についても、当時の調査はどのようになされたのか、複数
の調査結果を比較して信憑性を検討していらっしゃいます。

隠蔽した当時者である国家が「被害者の人数」をめぐって歴史を否定しようとす
る常套手段は、日本軍「慰安婦」も南京大虐殺も一緒です。多くの方のご参加を
お待ちしています。


アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F 〒169-0051
t 03-3202-4633 f 03-3202-4634
wam@wam-peace.org URL:http://www.wam-peace.org/

★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
wamの展示・調査・連帯活動は、会員のみなさまに支えられています!
年会費は、友の会:3000円、維持会員:10000円。
ぜひ会員になって、wamの活動を支えてください!
★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
posted by だつげんぱつ at 22:23| 脱原発情報[情報]