2018年08月28日

福島第一・汚染水に基準値超え放射能問題4

星川まり(東京・社会運動部)です。

原子力規制を監視する市民の会、坂上さんからです。

・・・・・・・・転送・・・・・・・・・・・・・・・


みなさまへ(拡散希望)
http://kiseikanshi.main.jp/2018/08/28/13323/

◆説明・公聴会の開催前に海洋放出に反対して横断幕を広げてアピールをしま
す!東京会場では31日14:15〜14:45でイイノビル前にて行います。

◆福島第一・汚染水に基準値超え放射能問題につき、FFTVで配信しました。
ぜひごらんください。 https://youtu.be/ETrya4kpATM

◆本日、資源エネ庁、規制庁、東電からこの問題に絞ったヒアリングを行いまし
た。そこで判明した事実を追加してまとめました。

◎基準超えは2つの時期

・放射性ヨウ素129が告示濃度限度の9Bq/Lを超えていたのは、2015年4〜9月の
時期と2017年4月〜現在に至る時期に集中しています。2015年4〜9月では、既設
ALPSで最大121Bq/Lを観測しており、増設ALPSでも基準値超えが続出しています。
2017年4月〜では、既設ALPSで最大27.83Bq/L、増設ALPSで最大62.24Bq/Lを観測
しています。

〇Kontan_Bigcaさん
https://twitter.com/Kontan_Bigcat/status/1031818474862010369/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1031818474862010369&ref_url=https%3A%2F%2Ff1nps.blogspot.com%2F2018%2F08%2F2018820.html

◎原因は2回とも吸着材の交換頻度を意図的に下げたため

・原因を聞くと東電は、吸着材の交換頻度を意図的に下げる運転を実施したこと
が原因だと説明しました。放射性ヨウ素129を告示濃度限度以下に低減するため
には、吸着材を高い頻度で交換しなければなりませんが、交換の頻度を上げると
稼働率が低下します。

・まず、2015年4〜9月については、当時は、2016年3月末時点で、敷地境界にお
ける実効線量を1mSv/年未満を達成することが必須であった、そのため、当面の
間は稼働率を低下させないことを優先させ、吸着材の交換頻度を下げて運転を実
施したと。

・さらに、2017年4月以降については、フランジ型タンクに問題があり、溶接型
タンクに移す必要があったが、フランジ型タンク内にはストロンチウムを低減さ
せただけで、まだALPSを通していないストロンチウム処理水が入っており、溶接
型タンクに移す際にALPSを通す必要があり、これを短期間に実施するために、稼
働率を上げる必要があり、やはり吸着材の交換頻度を下げる運転を実施したと。

◎東電は規制委にも資源エネ庁にも説明していた

・2015年にこのような運転を実施することについて、東電は、資源エネ庁が設置
した廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議の第13回会合(2014年12月25日)
で事前に説明しています。規制委が設置した特定原子力施設監視・評価検討会の
第2回、第3回会合でも説明しており、また東電は、結果について、2015年と2017
年以降ともに、個別の面談やヒアリングの場で説明したと述べました。

◎小委員会には「検出限界以下」のデータを示した

・今回の説明・公聴会は、「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員
会」の事務局が主催ですが、資源エネ庁は、同小委員会の第一回会合において、
処理水の中にトリチウム以外の核種も含まれるとの説明がなされたと述べました。
第一回会合は2016年11月11日ですから、2015年4〜9月の時期に処理水の放射性ヨ
ウ素129が一部で告示濃度限度を超えていることは承知していたはずです。

・ところが、この場で東電が示した資料は、2014.9.20〜28に採取したデータで、
放射性ヨウ素129は検出限界以下(ND)となっています。他の核種もNDが並
び、NDでないのはルテニウム106だけ、それも告示濃度限度以下ですから、総
じて、トリチウム以外の放射性物質は除去できることを示すものとなっており、
東電は「トリチウム以外のものは何とかできている」と説明しています。タイト
ルも「タンクに貯蔵している水(多核種除去設備等処理水)は、トリチウムを除
く放射性物質の大部分を取り除いた状態」とあります。これがそのまま、今回の
説明・公聴会の資料に添付されています。

東電提出資料
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/001_02_02.pdf
議事録(13ページあたり)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/002_01_00.pdf

◎資料はトリチウム以外は除去されていることが前提

説明・公聴会資料(処理水の性状は22ページ)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/pdf/HPup3rd/5siryo.pdf


・資料は総じて、トリチウム以外の放射能は除去されていることを前提に、トリ
チウムについても、自然由来や、原発や再処理工場、核実験で放出された量と比
べてもタンクに貯蔵されている量は大きくはないことや、トリチウムが他の放射
性物質に比べても危険度が小さいことを強調し、「希釈して海洋放出」を容認す
るに誘導するものになっています。

◎資料は「だまし討ち」という他ない

・小委員会の事務局が、トリチウム以外にも告示濃度限度を超える放射能が含ま
れていることを十分承知していたことは、この小委員会の名称にも表れています。
小委員会は「トリチウム水タスクフォース」を衣替えしたものですが、その際に、
タンク中の水の名称を「トリチウム水」から「多核種除去設備等処理水」に変え
ています。残留している放射能はトリチウムだけではないということでしょう。

・にもかかわらず、小委員会の説明で、東電は検出限界以下のデータを示した。
資源エネ庁と東電が基準超えの事実を隠したことになります。

・今回の説明・公聴会の資料には、2017年以降の放射性ヨウ素の告示濃度限度超
えについても一切記載がありません。委員に対しても住民・市民に対しても「だ
まし討ち」をしたという他ありません。

8月28日
阪上 武(原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会)
posted by だつげんぱつ at 21:17| 脱原発情報[情報]

【報告】ソフトバンクがイスラエル軍事見本市から撤退へ&搬入に抗議行動

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

8月27日、いよいよ「ISDEF Japan」(イスラエル軍事見本市)の機材搬入
が強行される時が来てしまいましたが、午後に行ったソフトバンクへの緊
急抗議行動では、市民による取り組みが予想を超える方向転換を引き出し
たことを確認することができました。

以下、午後と夕方の行動についての簡単なご報告です。情報の拡散にご協
力をお願いします。川崎市長などにも声を届けてください。そして、なん
と言っても29日の大抗議行動への結集を改めて呼びかけます。

------------------------------------

【これは朗報!】

★ソフトバンクがイスラエル軍事見本市への積極姿勢を転換!

 8月27日午後、「川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会」が、
汐留のソフトバンク本社に抗議の申し入れ。同社は、29・30日に川崎市と
どろきアリーナで開催される「ISDEF Japan」のゴールドスポンサーとな
り、元軍人が設立したイスラエルのサイバーセキュリティ企業との合弁会
社が出展、さらに、相田伸彦セキュリティ事業推進本部長がプレゼンを予
定するなど、イスラエル軍事見本市に突出した関与を示していました。

 酷暑の中、22人の参加者は本社ビルをバックにプラカードを掲げて抗議
の意思表示をした後、エスカレーターを下って、受付へ。直前ながらアポ
イントを取っていたため、総務本部の坂田さんが対応。要求書はこの場で
は受け取れないので、郵送してほしいとしながらも、「当社は出展も協賛
も後援もやらないことになり、(相田本部長の)スピーチもやらないこと
になったと聞いている」と説明。

 正確な事実関係や立場は後日、郵送文書への回答書の形で示したいと述
べつつ、企業としての直接の関与は避けたことを表明しました。合弁会社
(サイバーリーズン)の出展はされるでしょうが、当初の積極的な姿勢を
大きく転換したことは明らかです。これは、この間の市民による粘り強い
反対運動の成果でもあります。
 今からでも遅くはありません。福田紀彦川崎市長は孫正義氏の決断に続
くべきです。

【記録動画】(撮影:立花健夫さん/約13分)
ソフトバンクはイスラエル軍事見本市から手をひけ!抗議アクション
https://www.youtube.com/watch?v=B5BrasbaC8Q&feature=youtu.be

------------------------------------

【搬入強行!】

★あくまで開催中止を求めて抗議!

 27日午後の予想を超えるソフトバンクの姿勢の転換に手ごたえを感じつ
つも、この日の夕方から搬入が開始されるという瀬戸際の状況。今度は、
「反五輪の会」が取り組んだ緊急の搬入抗議アクションに加わりました。

 とどろきアリーナの裏側の搬入口で、「ISDEFとオリンピックはいりま
せん」と書いた大横断幕を掲げて待機。大型トラックで到着した業者にも
訴えつつ、アリーナの指定管理者代表であるコナミスポーツクラブの担当
者に抗議。その間、ISDEFを主催するAvnonグループのロゴやその中核企業
であるTar社などのロゴが入ったパネルや、防護服を着た部隊や爆発物処
理ロボットなどの製品の写真が入ったパネルが搬入されていきました。こ
の日は搬入初日のため、アリーナ床の養生と、ブースの骨組みの搬入など
が中心のようでした。

 途中、私たちの要求を受けてようやくアリーナの責任者が登場。じっく
りとこちらの意見を伝えることができました。冒頭、責任者は「今回の
ISDEFは昨年までのものとは質が異なる」と表明。銃の展示がないことを
指しているのですが、私たちは「本質的に何も変わらない」と反論。また、
アリーナ条例の「生涯スポーツの振興および市民文化の向上を図る」とい
う設置目的にISDEFは反しているのでは、とのこちらからの問いかけには、
先方は反論できませんでした。ソフトバンクの方向転換も伝えつつ、今か
らでも指定管理者代表として、川崎市に判断の見直しを提言してほしいと
強く訴えました。加えて、施行を中心に事務局を担っている「サクライン
ターナショナル」の担当者にも抗議の意思を伝えました。

 引き続き粘り強い取り組みを進め、29日(水)11時30分〜13時30分、と
どろきアリーナそばでの「イスラエル軍事見本市やめろ!大抗議行動」を
多くの人々の参加で成功させたいと思います。ぜひ、お集まりください!!!

-------------------------------------

★イスラエル軍事見本市をやめろ!大抗議行動 
8月29日(水)
<11時15分集合> 
11時30分〜13時30分
会場:とどろきアリーナ入り口前 レンガ広場
http://todoroki-arena.com/access.html
武蔵小杉駅 北口からバスで約7分
溝の口駅・武蔵溝ノ口駅 ノクティ側バスターミナルからバスで約20分
[チラシはこちら]
http://chechennews.org/sharedoc/20180829_isdef_bira_s.pdf

8月30日(木)午前11時〜12時にも
同じく とどろきアリーナ入り口前 レンガ広場にて
抗議のスタンディングアピール

【呼びかけ】川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
メール: anti_isdef@freeml.com
ツイッター: https://twitter.com/2018_anti_isdef ※フォローしてください!
電話:090-6185-4407(杉原)

-------------------------------------

★要請先 あなたの意見を伝えてください!
 
「ソフトバンクは方向転換しました。今からでも遅くありません。搬入作
業を中止して、利用許可を取り消してください」と福田川崎市長と指定管
理者に大至急、声を届けてください。

〈福田紀彦川崎市長〉 
電話:044−200−3939(サンキューコールかわさき)
FAX:044−200−3900
メールフォーム: https://tinyurl.com/ycj99aks

〈川崎市とどろきアリーナ・指定管理者〉
(株)コナミスポーツクラブ(ご意見・ご要望)電話:0120-573-194
(株)川崎フロンターレ(ご意見) http://www.frontale.co.jp/contact_us/
(株)東急コミュニティー(お客様センター)電話:0120-011-109
(公財)川崎市スポーツ協会 電話:044-739-8844 FAX:044-739-8848
posted by だつげんぱつ at 02:25| 脱原発情報[情報]

2018年08月27日

Re: 新署名「原発・核燃・プルトニウム利用を止めて下さい」

追伸:
本日、ストップ・ザ・もんじゅさんからの連絡で、署名用紙の内容に訂正があり、
訂正版をアップしたので、差し替えて欲しいということです。

これからダウンロードはOKです。
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

すでにダウンロードした場合には、以下の3点が訂正事項です、
署名部分に何ら問題なく、連絡先の詳細に誤植があったということですので、
送り先住所等の確認をお願いいたします。


★★訂正とお詫び★★
アップロードした署名用紙に誤植がございました。以下、訂正してお詫びいたします。
なお、下の画像クリックでダウンロードできる分についてはすでに訂正済みです。

訂正箇所        ×         〇
原子力資料情報室の住所 住吉町-5曙コーポ2F 住吉町8-5 曙橋コーポ2F B
原子力資料情報室の電話番号  03-3357-3801    03-3357-3800
ストップ・ザ・もんじゅの
メールアドレス   stopthemonjyu@sannet.ne.jp stopthemonju@sannet.ne.jp


----- 元のメッセージ -----
From: spue8y99@movie.ocn.ne.jp
宛先: "greens-ml"
Cc: "post-sugihara"
送信済み: 2018年8月20日, 月曜日 午後 5:15:18
件名: 新署名「原発・核燃・プルトニウム利用を止めて下さい」

星川まり(東京・社会運動部)です。

拡散・署名の協力をお願いします。


<HPより転載>


いよいよ、
新署名「原発・核燃・プルトニウム利用を止めて下さい」
のスタート!

http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

全国の皆さん、
猛暑の夏もようやく峠を越えてしのぎやすくなりましたが、いろいろな災害もあり、いかがお過ごしでしたか。
さて、久しぶりに「原発・核燃・プルトニウム利用を止めて下さい」という大きな全国署名を開始することになりました。
昨年より何度も会議で検討し準備を進めてきましたが、いよいよ8月末にスタートします。
是非とも、ご協力のほど、お願いいたします!

核燃料サイクル政策の問題をわかりやすく解説したカラーリーフレット(A3サイズ・二つ折り)も作りました。必要部数をぜひご連絡ください。このカラーリーフレットと署名用紙を6万部ずつ制作しました。

署名用紙は、できれば各自でコピーしてご使用いただきたいのですが、大量に必要ならば、こちらも一緒に送ります。
6万分の制作費用は事務局で負担しましたが、今後さらに増刷したいので、できれば「送料プラスいくらかのカンパ」をいただけるとありがたいです。

大変な危機感をもって、全力投球しています。
是非、力を合わせて頑張りましょう!!

署名事務局 ストップ・ザ・もんじゅ
posted by だつげんぱつ at 16:14| 脱原発情報[情報]