2018年09月29日

【報告】ソフトバンクから残念な回答書が届きました

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

 9月28日、ソフトバンクから、「ISDEF Japan」(イスラエル軍事見本市)
への出展・協賛・プレゼンの中止に関する公開質問状への回答書が届きま
した(配達証明郵便だったため、受け取りまでに時間がかかりました)。

 内容は見ての通り、予想通り、イスラエルのサイバーセキュリティ企業
との協業を正当化したものです。いわく、

「各社が提供するテクノロジーは、平和的に活用され、世界各国のお客様
に導入されており、問題が発生しているという事実はありません」

「例えばサイバーリーズン社は、このような需要に対応するために、悪意
のあるハッカー集団からの攻撃に対して、同社の卓越したテクノロジーで
お客様の情報資産を効果的に守り、」云々。

そして、「ISDEF Japan」への出展中止については、

「個別商業イベントへの出展判断の詳細については、これまでも開示して
おりませんので、回答は控えさせていただきます」

と、説明責任を放棄しています。

 この極めて不誠実な回答を受けて、どう対応するかについては、「川崎
でのイスラエル軍事エキスポに反対する会」で議論したうえで判断するこ
とになりますが、まずはご一報まで。後半に公開質問状も貼り付けました
ので合わせてご覧ください。ぜひ、この件について広めていただければあ
りがたいです。

 また、ソフトバンクに対しては、イスラエル企業との協業(提携や出資
など)をやめるよう、声を届けてください。

◆ソフトバンク株式会社 (代表TEL) 03−6889−2000

※なお、「反対する会 代表」という表記は便宜的なものです。


---------------<以下、ソフトバンクからの回答書>----------------

平成30年9月21日

回答書

川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
              代表 杉原浩司様

ソフトバンク株式会社総務本部
コーポレートセキュリティ部

 平成30年9月10日付公開質問状につき社内確認の結果、以下ご回答いた
します。

 国内外の投資または国内外の企業との協業案件につきましては、弊社の
企業理念である『情報革命で人々を幸せに』という企業理念や、各種関係
法令、社会通念に反することがないよう様々な検討を行い適切な判断を行
っております。

 ご指摘の企業各社についてですが、各社が提供するテクノロジーは、平
和的に活用され、世界各国のお客様に導入されており、問題が発生してい
るという事実はありません。

 また、昨今、日々高度かつ複雑に変化していくサイバー攻撃へ対応する
ため、政府、地方自治体、企業の皆様からは、より高度な備えが必要であ
るという声が高まっています。例えばサイバーリーズン社は、このような
需要に対応するために、悪意のあるハッカー集団からの攻撃に対して、同
社の卓越したテクノロジーでお客様の情報資産を効果的に守り、より安全
なネット環境を日本を含む世界各国へ提供しており、同社のサービスは社
会に大きく貢献していると認識しています。

 『ISDEF Japan』への出展については、弊社グループが提供するセキュ
リティサービスがいかに社会へ貢献しているのかという点を訴求できる良
い機会と捉えて検討しましたが、最終的には出展をとりやめました。個別
商業イベントへの出展判断の詳細については、これまでも開示しておりま
せんので、回答は控えさせていただきます。今後、弊社グループが提供す
るセキュリティサービスが社会に貢献していることを訴求できるイベント
などの機会があれば、前向きに検討していく方針です。本件に関しては、
すでに複数の新聞社からのお問合せへも同様に回答しております。


----------------<以下、公開質問状>----------------

https://kosugihara.exblog.jp/238754441/

【公開質問状】

ソフトバンク代表取締役会長兼社長
孫正義様

 イスラエルは、国際法違反のパレスチナ軍事占領やガザ地区の封鎖、入
植地の拡大などを続け、パレスチナの人々への空爆や銃撃などによる虐殺、
日常的な監視と抑圧など様々な人権侵害を繰り返しています。また、軍需
企業やサイバーセキュリティ企業はイスラエル政府による人権侵害に加担
して利益をあげています。

 私たちは日本国憲法のもとで、日本政府および日本企業がこうしたイス
ラエル政府、企業と経済・軍事協力を行うことはあってはならないと考え
ています。世界ではイスラエルの人権侵害に抗議するためのBDS(ボイコ
ット、投資引き揚げ、経済制裁)運動が高まりを見せており、日本とイス
ラエルの接近はこれに逆行するものです。

 私たちは今回、川崎市とどろきアリーナで8月29・30日に開催された
「ISDEF Japan」(イスラエル軍事見本市)に、貴社がいったんは積極的
な参加や支援を決定しながら、再検討のうえで直接的な関与を中止された
ことを歓迎します。そのうえで、今回のイベントからの撤退に留まらず、
イスラエルとの経済協力の縮小・中止を求める立場から、以下の公開質問
状を提出します。十分なご検討のうえで、真摯なご回答をお願いします。

  ※回答期限 9月25日(火)

1.貴社は、人権侵害に加担しないことを重要な柱とする「ビジネスと人
権に関する指導原則」や「国連グローバルコンパクト」の内容を支持し、
企業活動に反映させるための仕組みを設けていますか。また、国連グロー
バルコンパクトへの今後の参加を検討していますか。参加されない場合は、
その理由も含めて教えてください。

2.海外の企業に投資したり、共同事業を行う際に、国際法や人権に関し
てどのような配慮を払っていますか。何らかの基準やガイドラインを定め
ているのでしょうか。

3.貴社はCybereason(ISDEF Japanに出展)、Zimperium(同)、Vayyar
Imaging、Inuitiveといったイスラエル企業に出資や提携を行っています。
こうしたイスラエルで活動する企業に対する投資や共同事業に際して、そ
れらの企業が、イスラエル軍やイスラエル警察、入植地などへの製品・サ
ービスの提供等を通じて人権侵害や戦争犯罪に関与しているかどうか、国
連が定めている「入植地関連ビジネス」に関与しているかどうかについて
の調査や考慮はなされていますか。

4.こうしたイスラエル企業との契約内容に、そうした問題に関する事項
(例えば、人権侵害や戦争犯罪に用いられる蓋然性の高い事業や入植地関
連ビジネスは行わないなどの条件)は含まれていますか。

5.今回のISDEF Japanに出展した貴社との合弁会社であるCybereasonの
ウェブサイトに「マスコミの報道によれば、IDFによる確認は得られてい
ないものの、8200部隊は(米国と協力して)、2010年にStuxnetコンピュ
ータワームを作成し、これを使ってイランの核濃縮プログラムを攻撃する
ことで、核兵器の必須要素である兵器級のウラニウムの濃縮に使われる数
千台ものイラン国内にある遠心分離機を停止させたと言われています。」
という記述がありますが、敵国の重要インフラに対するサイバー攻撃は国
際法の禁じる武力行使にあたる可能性があるとの議論を知った上で、こう
した宣伝を行っているのですか。

6.CybereasonのCEO兼共同創設者はイスラエル軍の諜報部隊である8200
部隊の出身であり、同社は8200部隊出身者を中心に研究・開発活動を行っ
ていると強調しています。同部隊の主要任務にパレスチナ人に対する深刻
な人権侵害(被占領地のパレスチナ住民の個人情報を盗聴やハッキング等
により収集)が含まれていることを知った上で、こうした宣伝を行ってい
るのですか。

7.2016年に立ち上げられたSoftbank Vision Fundにサウジアラビアが巨
額の出資(450億ドル)をしています。深刻な人道危機を引き起こしてい
るイエメンへの軍事介入や、自国における人権抑圧を続けるサウジ政府が
最大出資者となっている同ファンドの投資基準において、国際法や人権に
関する配慮はどのような形でなされているのでしょうか。

8.当初、貴社がISDEF Japanに関して予定していた具体的な関わり(出
展[合弁会社を含む]、協賛、後援、スピーチなど)の内容を具体的に示
してください。

9.8で回答された項目のうち、最終的に中止された項目はどれですか。
また、予定通り実施した項目はどれですか。具体的に挙げてください。

10.中止するに至った理由と中止を決定した時期(日付)を明らかにし
てください。また、予定通り実施した点があれば、その理由についてもご
説明ください。

11.貴社の現在までのイスラエル政府、イスラエル軍、治安・諜報機関、
企業との具体的な関わり(提携関係、出資、出展、合併会社など)と今後
の計画を教えてください。また、イスラエル軍、治安・諜報機関への技術
流出を防止する対策はありますか。

12.今回のISDEF Japanへの市民の反発とそれを受けての貴社の方針転
換という経緯を踏まえて、今までのイスラエル政府、企業との協力関係を
抜本的に見直し、それらを縮小・中止するための検討に入る意思はありま
すか。

 2018年9月10日   川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会

 -----------------------------

※ソフトバンクが日本支社を合弁会社として設立したCybereason(ISDEF
Japanに出展)、出資したZimperium(同)については、こちらを参照

イスラエル軍事エキスポISDEF Japan:広がる反対の声と隠される参加企業情報
http://u0u1.net/LzAB
posted by だつげんぱつ at 00:09| 脱原発情報[情報]

2018年09月24日

10/12【報告集会】強行された「イスラエル軍事見本市」?そのとき川崎で何が起きていたのか?

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

前代未聞のイスラエル軍事見本市に対して、約2か月にわたって地元川崎
をはじめとする多くの市民が反対運動を繰り広げ、危険な本質を明らかに
しました。その熱と力は川崎市を追い詰め、ソフトバンクを撤退に追い込
みました。

今なお追及は続いており、ソフトバンクと川崎市当局に経緯と見解につい
ての公開質問状を送り、それぞれ9月25日と10月1日までの回答を求めてい
ます。この集会では、映像を交えて見本市と反対運動について報告すると
ともに、ゲスト講演にパレスチナ連帯、対イスラエルBDS(ボイコット・
資本引き揚げ・制裁)運動に長く取り組んでこられている役重善洋さん
を関西からお招きします。充実の報告集付き! ぜひ、ご参加ください。

※ご賛同・カンパもよろしくお願いします!

==============================

【大拡散希望!】

◆◇◆◇◆◇◆◇ <報告集会> ◇◆◇◆◇◆◇◆

  強行された「イスラエル軍事見本市」
 〜そのとき川崎で何が起きていたのか?〜

https://kosugihara.exblog.jp/238767290/
[SNS拡散用]
https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/posts/1955636294483962
https://twitter.com/2018_anti_isdef/status/1042738326002790400

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★チラシはこちらから
http://chechennews.org/sharedoc/20181012_isdef_bira.pdf

 8月29・30日に川崎市とどろきアリーナで開かれた「ISDEF Japan」
(イスラエル軍事見本市)。
 2020年の東京五輪を商機とにらむイスラエルの軍需関連企業が、「テロ
対策」の名目で、パレスチナ人を抑圧、監視、虐殺して開発した技術を売
り込みました。
 「核兵器廃絶平和都市」を宣言し、「多文化共生」を掲げ、国内の自治
体として唯一「国連グローバルコンパクト」という枠組みに参加し「人権
侵害に加担しない」と約束している川崎市は、「武器の展示がなければ問
題ない」として、公共施設の利用許可を与えたのです。
 私たちは、許可の取り消しを求めて、公開質問状、要求書、署名の提出
や記者会見、シンポジウムなどを行い、見本市当日には延べ300人の市民
が「ダイ・イン」などの抗議行動を繰り広げました。開催日には、銃や弾
薬を掲載したカタログが置かれたことも発覚し、改めて危険な本質が明ら
かになりました。
 一方で、ISDEFへの出展のみならず、ゴールドスポンサーとなり、幹部
がプレゼンを予定していた「ソフトバンク」は、開催直前に方針転換し、
直接の関与を取りやめました。
 今回の取り組みを振り返り、成果と課題を共有するために、報告集会を
行います。ぜひ、ご参加ください。

日時:10月12日(金) 18時30分〜21時 
会場:川崎市教育文化会館 4階第1・2・3学習室
(川崎市川崎区富士見2-1-3)
アクセス:川崎駅・京急川崎駅から徒歩15分、または川崎駅東口バスのりば
(20番水江町行き・24番市営埠頭行き)より「教育文化会館前」バス停下車
地図
http://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/cmsfiles/contents/0000030/30482/30kyobunmitiannnai.pdf

【反対運動の報告】
杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)

【取り組み参加者からの発言】

【ゲスト講演】
役重善洋さん(大阪経済法科大学・客員研究員/パレスチナの平和を考える会)

「イスラエルの広報外交と軍事・セキュリティ産業
―日本における対イスラエルBDS(ボイコット・資本引き揚げ・制裁)運動の課題」

〈プロフィール〉
パレスチナの平和を考える会事務局長。BDS japan準備会事務局メンバー。
大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。近著に『近代日
本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム―内村鑑三・矢内原忠雄・中
田重治におけるナショナリズムと世界認識』(インパクト出版会、2018年)。

資料代(報告集込み) 800円

主催:川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
メール: anti_isdef@freeml.com
ツイッター: https://twitter.com/2018_anti_isdef
電話:090-6185-4407(杉原)

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
かながわ県民活動サポートセンター9階 レターケース9番 
共同行動のためのかながわアクション気付

武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) 
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302
3.11市民プラザ気付

-----------------------------

【賛同・カンパをお願いします!】
今までの取り組みに加えて、報告集会の開催や報告集の作成などに経費が
かかります。現在、会計がやや厳しい状況です。ぜひ、応援してください。

<ご賛同> 
個人 1口 500円 
団体 1口 1,000円
※複数口を歓迎します。 

〈郵便振替口座〉
口座番号 00140-4-486789
口座名 武器輸出反対ネットワーク
※通信欄に「軍事エキスポに反対する会」と明記してください。

=================================
posted by だつげんぱつ at 00:36| 脱原発情報[情報]

2018年09月20日

東京と大阪で猫塚医師のガザ医療支援報告会

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

今年7月に「帰還大行進」が続くパレスチナ・ガザを訪ねて、負傷した人
々を治療し、人々を取り巻く状況を目撃された猫塚義夫医師による緊急報
告会が、22日に東京で、30日に大阪で相次いで開催されます。

大変貴重な機会ですので、お近くの方はぜひご参加ください。

----------------------------

【東京】

〜日本人医師・NGOによるパレスチナ緊急医療支援報告〜
「世界最大の野外監獄」ガザの病院で銃撃負傷者と向き合って
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2018/09/20180901-pal-event.html

日時:2018年9月22日 (土) 14:00〜16:00 (13:30開場)
会場:聖心女子大学 4号館(聖心グローバルプラザ)ブリット記念ホール
(東京都渋谷区広尾4-2-24)
会場への地図
https://www.u-sacred-heart.ac.jp/images2/sisetu-kitamon-1.jpg
アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅4番出口から徒歩2分

【申し込みフォームはこちら】
http://www.ngo-jvc.net/jp/form/20190901-pal-event.html

<登壇者>
◆猫塚義夫(医師・北海道パレスチナ医療奉仕団 団長)

整形外科医、札幌市在住。2010年に北海道パレスチナ医療奉仕団を立ち上
げ、パレスチナにて医療支援を毎年実施、今回で10回目を迎えた。WHOの
要請に応え、7月4日から15日にガザを訪問、病院で支援活動を実施した。
日本でも現地でも、患者の向こう側にある「それぞれの人生」を考え、耳
を傾けながら、一人ひとりの治療にあたっている。また医療活動を通じて
見えてくるパレスチナ占領の暴力性について、精力的に発信を続けている。

◆並木麻衣(日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当)

イラク戦争のニュースを見て「紛争下でもたくましく生きる人々の素顔を
探しに行きたい」と思い、大学でアラビア語と平和構築を専攻。授業で知
った"紛争地"パレスチナで暮らしてみたくなり、2006年から1年間パレス
チナ・イスラエルへ留学。現地に友人が増え、紛争の両側で生きる人々が
抱える問題に直に触れ「日本からできることは何だろう」と悩みを深めて
帰国。大学卒業後はITベンチャー、経理、大学などで働き、スーダン障が
い者支援NGO事務局長職を経て、2013年7月からJVCパレスチナ事業担当。

資料代 500円(聖心女子大学学生・教職員は無料)

定員 200名

主催:日本国際ボランティアセンター
協力:北海道パレスチナ医療奉仕団、聖心女子大学

----------------------------

【大阪】

《猫塚医師ガザ緊急報告》
「帰還大行進」で銃撃された若者たちを治療して

http://palestine-forum.org/event/20180930.html

日時●2018年9月30日(日)午後1時30分〜4時(1時開場)
会場●エルおおさか視聴覚室(京阪・谷町線「天満橋」より徒歩5分)
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
講師●猫塚義夫(整形外科医、北海道パレスチナ医療奉仕団団長)
参加費●800円(学生500円)

70年前のイスラエル建国によって故郷を奪われたパレスチナ難民が
住民の大半を占めるガザ地区では、今年3月末より故郷への帰還を
求めるデモが行われ、これまでにイスラエル軍によって170人以上が
殺害され、約1万人が重傷を負っています。

ガザでは、10年以上にわたるイスラエルの封鎖政策によって200万人
の住民が域外での教育や就業・医療の機会を奪われています。
若者の失業率は60%に上ります。燃料の輸入規制で下水処理施設が
稼働できずに水質汚染が進行し、あと数年でガザは居住不能になる
と国連の報告書は警告しています。

こうした人為的な人道危機の中で暮らす人々を支えるために
猫塚医師は、毎年パレスチナを訪ね、医療支援を行ってきました。
そして今年7月には「帰還大行進」が続くガザを訪ね、負傷した
人々を治療し、彼らを取り巻く状況を目撃してこられました。
整形外科医の視点から見たパレスチナの人びとの暮らしと闘いの
現状について、映像を交えつつご報告いただきます。

主催●猫塚医師ガザ緊急報告実行委員会
共催●パレスチナの平和を考える会/北海道パレスチナ医療奉仕団

《連絡先》
Email: palestin.forum@gmail.com
Tel: 06-7777-4935 Fax: 06-7777-4925
posted by だつげんぱつ at 01:45| 脱原発情報[情報]