2017年11月26日

浪江町山火事で放射能拡散-福島県交渉(2回目)報告

星川まり(東京・社会運動部)です。

以前、7月に「浪江町山火事問題で福島県への要請」に賛同
http://greens.gr.jp/seimei/20663/

いたしました問題で、同主催団体から福島県交渉の2回目報告がありました。

転送いたします。


----- 転送メッセージ -----

みなさま

浪江町山火事の放射能拡散問題について、福島県と第2回目の交渉を行いました。

山火事などの放射能再拡散について、いったん原発からばら撒かれた放射能については
「法律上決めがない」、避難指示基準などは「ない」との回答です。
帰還困難区域での消火活動に動員される消防団員については、年間10mSv、5年で50mSv
までの被ばく基準が法的根拠なく「方針」で決められている問題も明らかになりました。

あらためて、原発事故以降の無法状態が続いています。

交渉の報告をアップしましたのでご覧ください。

http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2017/11/-2-ee80.html

==========
青木 一政
Kazumasa Aoki
==========
posted by だつげんぱつ at 22:23| 脱原発情報[情報]

2017年11月24日

三菱電機に「日英ミサイル共同開発からの撤退を」の声を届けよう!

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

★三菱電機に「日英ミサイル共同開発からの撤退を」「死の商人にならな
いで」の声を届けよう!

 11月24日の日経朝刊が、1面トップに加えて、2面にも大きく解説記事を
掲載して、日英ミサイル共同開発を詳報しました。今まで続けてきた共同
研究を、2018年度から共同開発に格上げし、試作や実射試験へと移ろうと
いうものです。これには三菱電機が参加し、「シーカー」と呼ばれる高性
能レーダーを提供しようとしています。

日本、英国とミサイル共同開発 防衛装備政策に転機
戦闘機用、18年度 技術移転の線引きで議論も (11月24日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23844180T21C17A1MM8000/

防衛技術で日英連携 安保政策に3つの論点(11月24日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23842990T21C17A1PE8000/

 完成すれば、日本も42機の導入を決めているF35ステルス戦闘機などに
搭載される見込みであり、三菱電機の部品が組み込まれたミサイルが米国
やイスラエル、欧州諸国などに拡散する恐れがあります。まさしく「死の
商人」そのものです。

 それにしても、憲法9条を一言一句変えていないのに、攻撃用の殺傷兵
器の共同開発に堂々と踏み込むまでに堕落するとは。これは事実上の9条
改憲ではないでしょうか。

 9条改憲に反対する人は、まずこの武器開発に「NO!」の声をあげてほ
しいと心から思います。三菱電機の連絡先(電話、メールフォーム)を付
けていますので、ぜひ声を届けてください。簡単な一言でも構いません。
その1本、1通が確実に力を持ちます。拡散大歓迎です。

【三菱電機】(柵山正樹 執行役社長)
TEL 03−3218−2111(本社)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/support/#scrollpos5801
※「研究開発」をクリックしてメールフォームへ

<ボイコットできる製品>
エアコン「霧ヶ峰」、液晶テレビ「REAL」、炊飯器「本炭釜KAMADO」、
冷蔵庫など

◆今後、ハガキ付きのアクションシートも作成します。完成したらお知ら
せします。本気で止めにかかりますので、よろしくお願いします。

【武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)】
ブログ https://najat2016.wordpress.com
メール anti.arms.export@gmail.com
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT ※フォローしてください。
Facebook https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3・11市民プラザ気付
FAX 03-5225-7214 電話 090-6185-4407(杉原)

★大好評発売中!!!
『亡国の武器輸出〜防衛装備移転三原則は何をもたらすか』(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=555
posted by だつげんぱつ at 22:18| 脱原発情報[情報]

2017年11月20日

この後23時55分?、時論公論「AI・人工知能が変える戦場」

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

直前となり恐縮ですが、今晩このあとの番組紹介です。

11月20日(月)深夜23時55分〜0時05分のNHK総合「時論公論」は、
「AI・人工知能が変える戦場」(別府正一郎解説委員)です。

11月13日から17日まで、ジュネーブで開催された「殺人ロボット兵器」
(自律兵器)の規制をめぐる初の国連公式専門家会議についても言及され
るのではないかと思います。日本のロボット技術、自動制御技術などに米
軍や防衛省が触手を伸ばしている現在、注目すべき番組だと思います。

<関連情報>
国連、「殺人ロボット兵器」規制に向け専門家会議(11月15日、TBS Newsi)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3212424.html

殺人ロボット兵器、規制めぐる議論継続へ 国連、初の専門家会議終了
(11月18日、産経[共同])
http://www.sankei.com/world/news/171118/wor1711180027-n1.html

殺人ロボット兵器の禁止を急げ
名だたるAI・ロボット企業の116人が国連に公開書簡
(高橋真理子、8月25日、WEBRONZA)
http://webronza.asahi.com/science/articles/2017082400001.html

今後の軍事科学技術の進展と軍備管理等に係る一考察
〜自律型致死兵器システム(LAWS)の規制等について
防衛研究所紀要 第19巻第1号(2016年12月)
(川口礼人:1等空佐、航空幕僚監部防衛部防衛課編成班長)
http://www.nids.mod.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j19_1_8.pdf

※『亡国の武器輸出〜防衛装備移転三原則は何をもたらすか』(合同出版)
の第3部(13)で小金澤鋼一さん(東海大学教授)が「AIに支配されるオー
トノマス兵器の開発」を書かれています。ぜひ、ご参照ください。
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=555

<こちらも、参考になる文字起こしです>
時論公論「防衛装備 加速する米国依存を考える」(10月26日、増田剛解説委員)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/282772.html
posted by だつげんぱつ at 23:05| 脱原発情報[情報]