2017年05月15日

【ヤマ場!】共謀罪法案を強行採決するな!諸行動のお知らせ

東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎]

今週、共謀罪法案の衆議院での審議が大きなヤマ場を迎えます。与党は何
の根拠もない「30時間」を口実にして、維新を取り込んでの強行採決を狙
っています。これに対して、様々な行動が予定されていますので、以下に
まとめてご案内します。歴史的な暴挙を食い止めるために、ぜひご参加
ください!!!

【1】今週の連日行動のご案内
【2】16日参考人質疑の傍聴のご案内
【3】5.16 日比谷野音大集会・デモのご案内

-------------------------------------------------

【1】 今週の連日行動のご案内
※とりわけ16日夕方の日比谷野音大集会・デモ、19日夕方の国会正門前
大行動への結集をお願いします。

* 5月15日(月)昼(12時〜13時)議員会館前行動
        午後(13時30分〜16時)議員会館前座り込み
        夕方(18時30分〜19時30分)議員会館前行動

* 5月16日(火)昼(12時〜13時)議員会館前行動
  ★審議日  午後(13時30分〜16時)議員会館前座り込み
        夕方(18時30分〜)◆日比谷野音集会・銀座デモ

* 5月17日(水)昼(12時〜13時)議員会館前行動
  ★審議日  午後(13時30分〜16時)議員会館前座り込み
        夕方(18時30分〜19時30分)議員会館前行動

* 5月18日(木)昼(12時〜13時)議員会館前行動
        午後(13時30分〜16時)議員会館前座り込み
        夕方(18時30分〜19時30分)議員会館前行動
※日弁連集会 18時30分〜20時30分:イイノホール
     https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2017/170518.html

* 5月19日(金)昼(12時〜13時)議員会館前行動
★審議日 午後(13時30分〜16時)議員会館前座り込み
        夕方(18時30分〜)◆国会正門前行動

-------------------------------------------------

【2】 16日参考人質疑の傍聴のご案内

16日の法務委員会は午前中に2回目の参考人質疑が行われます。翌17日に
7時間の審議を終えれば、与党が裁決のメド(何の根拠もありません)と
する30時間に達するため、17日の質疑終了後に委員会での強行裁決を行う
可能性が高まっています。

可能な方はぜひ傍聴してください。参考人質疑で午前中で終ります。
以下、各党推薦の参考人のみなさんです。

◆5月16日(火)午前9時〜11時55分
<衆議院法務委員会:参考人質疑>

*自民 木村圭二郎(弁護士)
    共謀罪の制定を求める弁護士有志の呼びかけ人
    日弁連民暴委員会委員長

*公明 椎橋隆之(中央大学教授)
     刑訴法に引き続きの登場です。

*民進 海渡雄一(弁護士)

*共産 加藤健次(弁護士)

*維新 指宿信(成城大学教授)
    GPS捜査の関係で推薦したものと考えられますが、
    共謀罪に反対する刑事法研究者の声明の賛同者です。

▼傍聴を希望の方は久保さんまで申し込んでください。

<傍聴申し込み>
090-2669-4219(久保、共謀罪NO!実行委員会)
前日の24時までに、お名前と職業をお知らせください。
集合場所  衆議院議員面会所 
  時間  午前:8時50分
      午後:12時50分

☆委員会はお昼の休憩を挟んで午前・午後行なわれるとの
 ことですが、日によって違うこともあります。
 傍聴を申し込む際に、その日の予定がわかると思います。
 傍聴券は基本一日通してになります。
 食事する所は衆議院内にあります。

※衆議院インターネット中継でも見ることができます(録画も)。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/

-------------------------------------------------

【3】 5.16 日比谷野音大集会・デモのご案内

★共謀罪廃案、安倍政権の改憲暴走を止めよう! 5・16大集会

日時:5月16日(火)18時30分 開会
会場:日比谷野外音楽堂

<国会議員あいさつ>
民進党、共産党、自由党、社民党、沖縄の風

<連帯あいさつ(予定)>
中野晃一(市民連合)
海渡雄一(法律家7団体連絡会)
小野文b(日蓮宗僧)
日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)

19時45分 デモ出発(銀座・東京駅方面)

共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
   共謀罪NO!実行委員会
posted by だつげんぱつ at 17:55| 脱原発情報[情報]

2017年05月11日

【賛同急募】[参与連帯]サード(THAAD)反対国際声明(5月12日締切)

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])です。
[転送・転載歓迎]

梅林宏道さんからの情報です。韓国の「参与連帯」のイミヒョンさんから、
文在寅新政権に対して、トランプ政権による韓国への配備が強行されてい
るサード(THAAD)ミサイルシステムの配備強行を中断し、全面的に再検
討するよう求める国際声明への賛同が呼びかけられています。

米国の「ミサイル防衛」(MD)の最先進地域である日本には、日米イージ
ス艦に搭載されているSM3ミサイルや地上配備型のPAC3(嘉手納に米軍も)
に加えて、青森県つがる市と京都府京丹後市に米軍のXバンドレーダーが
配備されています。こうしたMDシステムは韓国のTHAADとも連動します。
MDは「先制攻撃促進装置」であり、東アジアの軍拡競争を加速させるもの
です。

期限は5月12日(金)までです。賛同される方は、名前、肩書き・所属団
体(あれば)を【英語で書いて】以下のイミヒョンさんのアドレスに直接
送ってください。 また、急いで広めてください。

<賛同(英語で)送り先>
Mihyeon Lee  zomian.lee@pspd.org

-------------------------------------------------

こんにちは 参与連帯 イミヒョンです。

韓国の星州にサード(THAAD)装備が配置されています。新しい韓国政府
にサード配置の強行を中断し、全面再検討することを要請する国際声明を
発表しようと思います。 日本の市民社会でも一緒にしてくれれば良いと
思います。日程が短く、今週の金曜日(12日)までご返事をお願いします。
返事を送るときは連名する方の名前、肩書き、所属団体を英語で書いて送
ってください。

ありがとうございます。

-------------------------------------------------

* Sorry if you got duplicate emails.

Dear friends,

Hello from Seongju, a small village located in south-east region of South
Korea!

My name is Mihyeon Lee, working at People's Solidarity for Participatory
Democracy(PSPD) in South Korea.

As you are well aware, parts of THAAD missile defense system entered Seongju
few days ago. Villagers and activists try to do our best to stop full
deployment of THAAD.

In line with the current situation, we are now collecting endorsement of
below joint statement from international peace activists, to deliver our
messages to the newly elected government.

If you would like to endorse the statement, please send us your name, title,
and organisation to peace@pspd.org by 12 May 2017 (Friday). Also, we would
appreciate it if you could widely circulate it among your networks. We are
planning to send it to the Government on 15 May 2017.

If you have any questions or need a clarification, please do not hesitate to
contact me at any time. I look forward to hearing a positive reply back from
you soon.

Peace and Solidarity

Mihyeon Lee

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[Joint Statement] Now Is the Time for Dialogue on Denuclearization and Not
Military Action That Will Escalate the Crisis on the Korean Peninsula

We, undersigned peace-loving people around the world, are deeply concerned
about the current escalating tension in Northeast Asia and urge governments
to have peaceful dialogues among each other rather than taking military
actions.

The state of affairs on the Korean Peninsula is more volatile than ever, now
that President Park has been impeached and new government is to be
constituted through an early presidential election in South Korea. The Trump
administration, in the meantime, is fueling the escalating tension even
further with messages that it will not rule out a preemptive strike on North
Korea, and that it will redeploy strategic nuclear warheads to South Korea
if necessary. The situation is further destabilized by the Trump
administration’s decision to send an aircraft carrier to waters near the
Korean Peninsula. The latest military stance and strategy of Washington,
however, completely overlooks the desire of Koreans for peace. The Kim
Jong-un government in Pyongyang meanwhile has warned of another upcoming
nuclear test it intends to conduct, poised as it is to show off its growing
nuclear capabilities. An existing crisis is already escalating in Northeast
Asia over the Terminal High Altitude Area Defense (THAAD) system that the
South Korean and U.S. governments have decided to deploy in South Korea. All
these acts of military bravado, taking hostage the lives and peace of
Koreans, must cease now. It is time for policymakers to be responsible and
return to dialogue and negotiations and stop fueling the growing tensions.

Therefore, we exhort the US administration and political leaders of North
and South Korea.

Withdraw the decision to deploy the THAAD system, part of the U.S.-South
Korea-Japan Missile Defense system, in South Korea.

The South Korean and U.S. governments have decided heavy-handedly, without
the consent of the Korean legislatures and despite strong public objections,
to deploy the THAAD system to Seongju, South Korea. The two governments
claim that such a decision is necessary to protect South Koreans against
possible nuclear strikes by North Korea, but the claim is backed by little
realistic evidence. South Korea is too close to North Korea for THAAD to be
effective. The North only needs low-altitude missiles, to hit and destroy
the South in a matter of a few minutes, and these missiles could not be
intercepted by THAAD. Moreover, the THAAD system has never been proven
effective in actual battle. The deployment of THAAD by the U.S. Army in
South Korea represents the South Korea-U.S.-Japan alliance against China and
effectively symbolizes South Korea siding with the Americans over the
Chinese. The presence of such an openly hostile missile defense system
gravely disrupts the prospects for peace in Northeast Asia. Beijing and
Moscow have already warned that they would take “corresponding measures”
in response to the deployment, with the Chinese government and businesses
now engaged in unofficial but retaliatory economic sanctions against South
Korea. The growing instability and arms race in Northeast Asia will only
undermine international efforts for a peaceful resolution of the nuclear
crisis on the Korean peninsula.

What we need now is to resume dialogue towards denuclearization of the
Korean Peninsula and a genuine end to the Korean War.

Pyongyang must desist from further testing of its missiles and nuclear
capabilities. We cannot support the development of weapons that directly
contradict international efforts for nuclear disarmament and that hold the
lives and safety of innocent people hostage. It is critical to resume
dialogue and negotiations to root out the nuclear threats to the entire
region and to achieve the much-needed transition from the Armistice’s
ceasefire to a peace regime on the Korean Peninsula. In doing so, we ought
to admit the failure of the past sanction- and neglect-centered policies
that insisted, unrealistically, that the government in Pyongyang either
renounce its nuclear program prior to negotiations or collapse. With the end
of nuclear diplomacy, the Kim government did nothing but augment its nuclear
and missile capabilities, complicating the situation still further. We
realize that countless military drills and the acquisition of cutting-edge
weapon systems no longer guarantee peace and security. The perpetual
political tension and military hostility can end only through dialogue and
negotiation. Honest talks hold the only wise solution to the current
predicament.

The Korean Peninsula can no longer afford to exist as a powder keg waiting
to be ignited by the chronic military tensions and the constant arms race.
This is among the first and foremost place where international efforts to
tackle the nuclear problem and overcome the old Cold War legacy should
begin. We need to start making serious efforts for peace, not only for the
two Koreas, but also for Northeast Asia and the world at large. We urge the
Trump administration, the Kim government, and the newly elected President of
South Korea to listen to the desire of people worldwide for peace and resist
the temptation to ratchet up military tensions on the Korean Peninsula for
political gain.

May 2017

--

이미현 간사 | 참여연대 평화국제팀 | zomian.lee@pspd.org
Ms. Mihyeon Lee | Coordinator, Peace and International Solidarity Team
People's Solidarity for Participatory Democracy (PSPD)
Tel +82 2 723 4250 | Fax 82 2 6919 2004

www.peoplepower21.org
posted by だつげんぱつ at 02:28| 脱原発情報[情報]

2017年05月10日

【ご案内】5/23(火)佐藤丙午・杉原浩司・谷田邦一・望月衣塑子討論「軍事と学術、市民社会の関係性」

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])です。
[転送・転載歓迎]

私も設立当初から参加してきた「武器と市民社会」研究会の設立10周年イ
ベントのご案内です。報告者の佐藤丙午さんは、防衛省の武器輸出政策に
関する有識者会議のメンバーなどもされてきた方です。今まで、この研究
会で「ミサイル防衛」や武器輸出をめぐって討論してきました。コメンテ
ーターの望月衣塑子さん、谷田邦一さんはともに、現在、軍事の最前線を
フォローされているエース記者です。ぜひ、お早めにお申込みください。

=========================================

2017年5月、「武器と市民社会」研究会は設立10周年を迎えます。これを記
念して、5月23日(火)に、シンポジウム「軍事と学術、市民社会の関係性」
を開催いたします。

当研究会では、「市民社会」の意味を特定のNGO等に限定せず、より包摂的
に捉え、幅広い議論の場を形成することを試みてきました。その背景には、
日本には、武器や安全保障関連の政策について、意見や立場が異なる者が
議論できる場が必要だとの認識がありました。そして、武器貿易や自律型
致死兵器システムなどに関する国際交渉に際しては、日本での開かれた政
策議論の場として機能してきました。

その一方で、この10年間に、日本では防衛装備移転三原則が策定され、安
全保障関連法制が成立しました。現在も、軍事と学術の関係をめぐり、多
くの研究者が岐路に立たされています。

最近の日本における関連政策の論議や政策決定過程からは、どのような課
題が指摘できるでしょうか?今後の日本において、軍事と学術の関係は、
どうあるべきでしょうか?

今回のシンポジウムでは、当研究会の設立時からのメンバーである佐藤丙
午先生と杉原浩司さんを報告者に、そして朝日新聞の谷田邦一記者と東京
新聞の望月衣塑子記者を討論者に迎え、日本の政策論議や決定過程にみら
れる課題や、今後の軍事と学術の関係のあり方について議論します。
みなさまのご来場をお待ちしております。

-------------------------------------------------
「武器と市民社会」研究会10周年記念シンポジウム
「軍事と学術、市民社会の関係性」

【日時】 2017年5月23日(火)18:30〜21:15(18:15開場)
【場所】 拓殖大学文京キャンパス C館4階404教室
【住所】 〒112-8585 東京都文京区大塚1-7-1
【地図】 以下ページ(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅下車徒歩5分)
http://www.takushoku-u.ac.jp/map/bunkyo.html

【登壇者】
・報告者
佐藤丙午 拓殖大学海外事情研究所
杉原浩司 武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
・討論者
谷田邦一 朝日新聞
望月衣塑子 東京新聞
・司会
榎本珠良 明治大学国際武器移転史研究所

【主催・問い合わせ先】 「武器と市民社会」研究会
【後援】拓殖大学海外事情研究所
【参加費】 無料
【参加方法】 事前登録制です。2017年5月22日(月)までに、以下リンク
の参加登録フォームにアクセスいただき、ご記入・送信ください。なお、
最近、セキュリティー対策を強化している企業等において、以下のGoogle
ドライブの参加登録フォームにアクセスできない・登録後の自動応答(登
録確認)メールが届かない等の現象がみられています。そのような場合は、
ご自宅からアクセスし、仕事用以外のメールアドレスを登録するなどの方
法でご対応いただけましたら幸いです。
https://goo.gl/KgRMKb

※5月22日(月)より前に定員(80人)に達しましたら、その時点で締め
切ります。
※取材や撮影を希望されるかたは、必ず事前に以下の問い合わせ先までご
連絡ください。

【問い合わせ先メールアドレス】
「武器と市民社会」研究会共同代表(以下ページ)にご連絡ください。
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-2.html

■登壇者プロフィールなどの詳細は、以下ページをご覧ください■
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-158.html
posted by だつげんぱつ at 00:13| 脱原発情報[情報]