2017年06月04日

【野党に大至急声を!】「前川前次官の証人喚問実現まで、全ての審議に応じないで」

◆「前川前事務次官の証人喚問なしには、すべての審議に応じないで」
 の声を立憲野党に届けてください!!!

東京の杉原浩司です。一主権者として呼びかけます。
[大拡散・転送・転載歓迎]

「277本(以上)の治安維持法」=共謀罪法案の審議が大詰めを迎えてい
ます。与党は6月13日にも参議院法務委員会での強行採決を狙っていると
報じられています。

私は、この局面で審議に応じて追及するだけでは、与党の横暴を阻止する
ことは困難だと考え、民進党の数人の議員に直接、「前川前事務次官の証
人喚問なしには、すべての審議に応じるべきではない」と要請もしました。
しかし、残念ながら賛同は得られていません。

立憲野党の議員に対して相次いでいる「野党は全面審議拒否を」の声に対
して、宮本たけし議員(共産党)からは以下のような反論も出ています。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1879997962217091&id=1603714013178822

この中で、「その責任をはっきりさせなければ法案審議など進められない」
「答弁もできないような相手に、これ以上質疑など続けられるか」という
状況でなければ審議拒否できない、と言われていますが、まさに今がその
状況ではないのでしょうか?

NHKが報じた文科省現役職員による「官邸の最高レベル」文書の暴露によ
って、少なくとも菅官房長官が公然とウソをついたことが明白になりまし
た。本来なら、内閣総辞職に直結する状況です。「最低限、前川前次官の
証人喚問の実現なしには、すべての国会審議に応じられない」とささやか
に要求することがなぜできないのでしょうか?!

「官邸の最高レベル」文書 今も文科省職員のPCなどに保管(6月3日、NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170602/k10011004921000.html

「官邸の最高レベル」文書を「怪文書」扱いした菅官房長官に対しては、
ただちに辞任要求を突きつけるべきでしょう。でも、そこまですぐに行か
ずとも、「前川前次官の証人喚問がすべての国会審議の前提条件である」
と、このタイミングで要求することは極めて当然のことだと思います。今、
立憲野党に求められているのは、あれこれと政治力学を推し量り、結果的
に行動の幅を限定することではなく、道理に基づいた行動を貫くことです。
取り得る手段を尽くすことです。もちろん、共謀罪法案の廃案を求める市
民にはそれに応える責任があります。

そしてむしろ、「全面審議拒否」を続けているのは与党の側ではないでし
ょうか。法務省刑事局長が代行答弁を続けるのみならず、今や、安倍首相
や盛山副大臣が金田法相の肩を押さえてまで答弁させないという異様な光
景がまかり通っています。まともに答えず、資料を出さず、国連に抗議し、
証拠隠滅(森友疑惑で)さえ行う。これらは「全面審議拒否」というレベル
すら超えています。

試合をしながらルールを次々と自らに都合よく変え続ける相手に対して、
そのまま試合を続けて勝つことができるでしょうか? 「負けたけれど精
一杯闘った」で済むレベルの法案ではないことは明らかです。

そして、今後検討されるであろう解任決議案や問責決議案などの提出は、
全面審議拒否という要求を踏まえてなされることで、最大限の効果を発揮
すると思います。

私は一主権者として、立憲野党のキーパーソンに意見を届けたいと思いま
す。ぜひ、共謀罪法案の廃案を希求する皆さんが、自らの意志を形にして
届けてほしいと思います。時間は限られています。ぜひ、できれば本日4
日の日曜日のうちにファックスで(月曜以降でも)声を届けてください。
既に送られた方はもう一度お願いします。

そして、議員の地元選挙区の方は、ぜひ地元事務所に電話やファックス、
訪問を。状況を切り開き、野党の徹底抗戦の先に廃案を実現する主導権は、
やはり私たち主権者が握っています。

【民進党】
蓮舫・代表 (FAX)03−6551−0411
野田佳彦・幹事長 (FAX)03−3508−3441
山井和則・国対委員長 (FAX)03−3508−8882
福島伸享・国対副委員長 (FAX)03−3508−3906
榛葉賀津也・参院国対委員長 (FAX)03−6551−0026
真山勇一・参院法務委員会理事 (FAX)03−6551−0320
有田芳生・参院法務委員 (FAX)03−6551−0416
小川敏夫・参院法務委員 (FAX)03−6551−0605
枝野幸男・共謀罪対策本部長 (FAX)03−3591−2249
逢坂誠二・衆院法務委員会理事 (FAX)03−3508−3947
井出庸生・衆院法務委員会理事 (FAX)03−3508−3299
山尾志桜里・衆院法務委員 (FAX)03−3508−3365
階猛・衆院法務委員 (FAX)03−3508−3824

【共産党】
志位和夫・委員長 (FAX)03−3508−3735 
穀田恵二・国対委員長 (FAX)03−3508−3918
井上哲士・参院国対委員長(FAX)03−6551−0321
小池晃・書記局長 (FAX)03−6551−1208
仁比聡平・参院法務委員 (FAX)03−6551−0815

【社民党】
福島みずほ・副党首 (FAX)03−6551−1111
照屋寛徳・国対委員長 (FAX)03−3508−3849
又市征治・幹事長 (FAX)03−6551−0906

【自由党】
小沢一郎・共同代表 (FAX)0197−24−6997
山本太郎・共同代表 (FAX)03−6551−0302
玉城デニー・国対委員長 (FAX)03−3508−3734
木戸口英司・参院国対委員長 (FAX)03−6551−0715
posted by だつげんぱつ at 04:37| 脱原発情報[情報]

2017年06月02日

宇都宮健児さんの供託金勉強会の動画配信

星川まり(東京・社会運動部)です。

地域代表協議会で行なわれた、宇都宮健児さんの、
供託金勉強会の動画をアップしました。


5/28 緑の党地域代表協議会にて 供託金廃止キャンペーン
​「自由な選挙への第一歩!     
    選挙供託金違憲訴訟の争点と展望」
宇都宮健児さん(違憲訴訟・弁護団長)
https://spue8y99.wixsite.com/justice
posted by だつげんぱつ at 02:40| 脱原発情報[情報]

2017年05月30日

【明日】5・31共謀罪法案の廃案を求める市民の集い@日比谷野音へ!

東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎]

前日のご案内となりすみません。共謀罪法案は衆院で国連特別報告者の意
見を無視し、強行採決され、参院での質疑が始まっています。会期末が迫
り、加計学園問題が大きく浮上する中、廃案に追い込む鍵は、やはり世論
の盛り上がりです。

今回はこれまでにない幅広い主催団体の集会です。めざせ1万人。将来に
禍根を残さないために、ぜひお集まりください。

なお、午後2時から、日本教育会館で宗教者による共謀罪反対の集会が行
われます。後半に案内を貼り付けています。創価学会員有志の登壇、発言
もあります。重大な覚悟を持って共謀罪反対の声をあげられている創価学
会有志の皆さんをぜひ応援していきましょう。メディアの皆さんには、夕
方の集会と合わせて、ぜひ取材していただきたいと思います。

「共謀罪」人権・環境団体も対象、法相認める 参院審議入り(5月30日、東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017053002000121.html

“前川発言”めぐり批判 野党「全面審議拒否」も(5月30日、テレ朝)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000101915.html

-----------------------------------------

<拡散歓迎!> 【1万人で抗議しよう!!!】

◆5・31共謀罪法案の廃案を求める市民の集い

私たちは、共謀罪の成立が監視社会の幕開けとなることを危惧し、
将来に禍根を残さないため、今、共謀罪法案に反対します。

■とき 5月31日(水)18時30分〜19時30分(18時開場)
■ところ 日比谷公園野外音楽堂
○プレ企画(18時10分〜)
・三線と沖縄の歌 マッシーさん
・アピール 野平晋作さん(ピースボート共同代表)
・司会 纐纈美千世さん(日本消費者連盟)
■集会(18時30分〜19時30分)
・主催者挨拶 米田祐子さん(グリーンピース・ジャパン事務局長)
・特別アピール 海渡雄一さん(弁護士)
「共謀罪法案の審議をストップし、国連の問いに答えよ!」
・挨拶 国会議員
   民進党  山尾志桜里さん(衆議院議員)
   共産党  山下芳生さん(参議院議員)
   社民党  福島みずほさん(参議院議員)
   自由党  森ゆうこさん(参議院議員)    
   沖縄の風 糸数慶子さん(参議院議員)
・特別ゲスト 香山リカさん(精神科医)
・発言 山口 薫さん(アムネスティ・インターナショナル日本)
    旗手 明さん(自由人権協会理事)
    小林基秀さん(新聞労連委員長)
    山田健太さん(日本ペンクラブ言論表現委員会委員長))
    小田川義和さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)
    加藤健次さん(法律家団体連絡会)

※銀座デモ 19時45分〜

主催 5・31共謀罪法案の廃案を求める市民の集い実行委員会
アムネスティ・インターナショナル日本(Tel 03-3518-6777)
グリーンピース・ジャパン(Tel 03-5338-9800)
自由人権協会(JCLU)
女性と人権全国ネットワーク
新聞労連(jnpwu@mxk.mesh.ne.jp)
日本消費者連盟(Tel03-5155-4765)
ピースボート
移住者と連帯する全国ネットワーク
反差別国際運動
ヒューマンライツ・ナウ
人身売買禁止ネットワーク
共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(日本民主法律家協会 Tel 03-5367-5430)
共謀罪NO!実行委員会(盗聴法廃止ネットワーク Tel 080-9408-0962)
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会(Tel 03-3221-4668)

 多くの市民が反対し、過去3度も廃案になった共謀罪法案。その共謀罪
法案が、名前だけを「テロ等準備罪」に変え、国会での十分な審議もなさ
れないまま、成立しようとしています。
 共謀罪は、話したことだけを理由として人々を取り締まるものです。こ
の法律ができれば、会話の内容は広く監視され、自由にモノを言えない社
会が作り出されることになります。
 共謀罪は、表現の自由、思想の自由を侵害し、市民団体の活動を萎縮さ
せるものです。自由に物事を考え、自由に意見を表明することは市民の基
本的人権であると同時に、民主主義の根幹でもあります。すなわち、共謀
罪は、民主主義を破壊します。
 真のテロ対策とは、様々な考え方や意見があることを理解し、民族的・
文化的・宗教的な違いを乗り越え、差別や貧困、抑圧をなくしていくこと
です。「テロ対策」を名目に異なる考え方や意見を弾圧する今回の法案は、
むしろ「テロ対策」に逆行しています。
 私たちは、共謀罪の成立が監視社会の幕開けとなることを危惧し、将来
に禍根を残さないため、今、共謀罪法案に反対します。

-----------------------------------------

◆「共謀罪」阻止・憲法改悪阻止をめざす宗教者・信者全国集会

日時:5月31日(水) 14時〜16時30分
会場 日本教育会館
(東京都千代田区一ツ橋2-6-2 道案内専用電話 03-3230-2833)
http://www.jec.or.jp/koutuu/

基調講演:海渡雄一弁護士(日弁連共謀罪法案対策本部副本部長)
呼びかけ団体からのアピール
・カトリック東京正義と平和委員会担当司祭 大倉一美神父
・平和を実現するキリスト者ネット事務局代表 平良愛香牧師
・創価学会員有志
ほか

17:00〜 平和行進

事務局・連絡先
小武正教 080-5233-3429
長田浩昭 090-7350-6332

くわしくはちらしをご覧ください
https://drive.google.com/file/d/0B8TJdJtlyU5YSWpVWW11QmFJU1E/view?usp=sharing
posted by だつげんぱつ at 21:21| 脱原発情報[情報]