2017年06月13日

【追伸】公明党には電話でも「強行採決反対」を!

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

たびたびすみません。先ほどの投稿の追伸です。公明党のファックス番号
に電話番号を加えました。本日13日午前9時頃から午前中に、可能な方は
電話でも声を届けてください!

「創価学会初代会長を獄死させた治安維持法を277本も作るのですか?!」
「強行採決は絶対にしないでください!」
「共謀罪法案を強行採決すれば、都議選でしっぺ返しされますよ」
などなど、秘書を説得するつもりで。よろしくお願いします。

※午前中、100本の電話がかかれば、尋常ならざる事態と受け止められます。

【公明党国会議員】
◆山口那津男 代表        
(FAX)03−6551−0806 (TEL)03−6550−0806

◆井上義久 幹事長        
(FAX)03−3508−3354 (TEL)03−3508−7474

◆漆原良夫 中央幹事会会長    
(FAX)03−3508−7149 (TEL)03−3508−3639

◆北側一雄 副代表        
(FAX)03−3508−3533 (TEL)03−3508−7263

◆古屋範子 副代表        
(FAX)03−3508−3259 (TEL)03−3508−7629

◆石田祝稔 政調会長       
(FAX)03−3508−3352 (TEL)03−3508−7472

◆大口善徳 国対委員長・法務委員 
(FAX)03−3508−8552 (TEL)03−3508−7017

◆魚住裕一郎 参議院会長     
(FAX)03−6551−0326 (TEL)03−6550−0326

◆西田実仁 参議院幹事長     
(FAX)03−6551−1005 (TEL)03−6550−1005

◆斉藤鉄夫 選挙対策委員長    
(FAX)03−3501−5524 (TEL)03−3508−7308

◆太田昭宏 全国議員団会議議長  
(FAX)03−3508−3519 (TEL)03−3508−7249

◆石井啓一 国土交通大臣     
(FAX)03−3508−3229 (TEL)03−3508−7110

◆谷合正明 参議院国対委員長   
(FAX)03−6551−0922 (TEL)03−6550−0922

◆秋野公造 参議院法務委員長   
(FAX)03−6551−0711 (TEL)03−6550−0711

◆佐々木さやか 参議院法務委理事
(FAX)03−6551−0514 (TEL)03−6550−0514
posted by だつげんぱつ at 02:10| 脱原発情報[情報]

共謀罪を阻止する最大限の抵抗を

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

277本(以上)もの治安維持法をつくる共謀罪法案の審議が大詰めです。
与党は立憲野党の反対を押し切って、秋野公造法務委員長が職権で13日午
後の委員会開催を決めました(午前は参考人質疑)。午後に動議打ち切り
で強行採決する構えです。

立憲野党は金田法務大臣の問責決議案を提出して対抗すると見られます。
ただし、その後にその他の解任決議案や不信任決議案、最後には内閣不信
任決議案を提出しても、16日までに本会議成立を強行される恐れは十分に
あります。さらに、与党は刑法改正案の成立まで見越した会期延長を狙っ
ており、極めて厳しい情勢です。

野党は、定石以外に抵抗手段を繰り出すことができるでしょうか。例えば、
できる限り採決を遅らせるために、松野文科大臣、山本地方創生担当大臣
らの問責決議案を出せるでしょうか。また、「安保法制」の審議の際に見
せた、人間バリケード戦術を打つことができるでしょうか。

加計学園問題などで潮目は変わりました。会期末ぎりぎりまで成立を押し
留めてきたことに自信を持って、最大限の抵抗を貫いてほしいと思います。

私は、こうした困難な状況のもとで出来ることは、
(1)公明党にプレッシャーをかけること
(2)立憲野党を叱咤激励すること
(3)市民は大騒ぎすること
ではないかと思います。

★13日(火)
国会前では、議員会館前集会(12時〜13時)
座り込み(13時30分〜16時)
日比谷野音大集会(18時30分〜19時30分、集会終了後、銀座デモ)
が行われます。最大規模の結集が必要です。

★公明党には「創価学会初代会長を獄死させた治安維持法を277本も作る
のですか?!」「強行採決は絶対にしないで」の声を大至急届けてください。

【公明党国会議員】
山口那津男 代表        (FAX)03−6551−0806
井上義久 幹事長        (FAX)03−3508−3354
漆原良夫 中央幹事会会長    (FAX)03−3508−7149
北側一雄 副代表        (FAX)03−3508−3533
古屋範子 副代表        (FAX)03−3508−3259
石田祝稔 政調会長       (FAX)03−3508−3352
大口善徳 国対委員長・法務委員 (FAX)03−3508−8552
魚住裕一郎 参議院会長     (FAX)03−6551−0326
西田実仁 参議院幹事長     (FAX)03−6551−1005
斉藤鉄夫 選挙対策委員長    (FAX)03−3501−5524
太田昭宏 全国議員団会議議長  (FAX)03−3508−3519
石井啓一 国土交通大臣     (FAX)03−3508−3229
谷合正明 参議院国対委員長   (FAX)03−6551−0922
秋野公造 参議院法務委員長   (FAX)03−6551−0711
佐々木さやか 参議院法務委理事 (FAX)03−6551−0514

★民進党、共産党には
「でき得る最大限の抵抗をしてください」の声を大至急届けてください!

【民進党】
蓮舫・代表           (FAX)03−6551−0411
野田佳彦・幹事長        (FAX)03−3508−3441
山井和則・国対委員長      (FAX)03−3508−8882
榛葉賀津也・参院国対委員長   (FAX)03−6551−0026
真山勇一・参院法務委員会理事  (FAX)03−6551−0320
有田芳生・参院法務委員     (FAX)03−6551−0416
小川敏夫・参院法務委員     (FAX)03−6551−0605
枝野幸男・共謀罪対策本部長   (FAX)03−3591−2249
逢坂誠二・衆院法務委員会理事  (FAX)03−3508−3947
山尾志桜里・衆院法務委員    (FAX)03−3508−3365

【共産党】
志位和夫・委員長        (FAX)03−3508−3735 
穀田恵二・国対委員長      (FAX)03−3508−3918
小池晃・書記局長        (FAX)03−6551−1208
仁比聡平・参院法務委員     (FAX)03−6551−0815
posted by だつげんぱつ at 00:11| 脱原発情報[情報]

2017年06月12日

ご報告&6・15院内集会への賛同・参加の呼びかけ ほか

星川まり(東京・社会運動部)です。

タイトルの件・・・以降、満田さんからのメール転送しますので、
団体賛同のご協力をお願いします。新たに15日の集会について賛同するもので、
14日締め切りです。

私から連絡は、キャンペーンサイトの更新で、
6月9日に行なわれました、第4回供託金違憲訴訟の内容がこれまでにない画期的なもので、
(裁判長自らが語り出しました)
都本部の福田さんの「傍聴と中間報告」を掲載しました。

https://spue8y99.wixsite.com/justice/single-post/2017/06/11/第4回期日-傍聴・中間報告

また、地域代表協議会での宇都宮さんのレクチャーのところは、
後半の質疑部分についても書き起こしが終了したのでアップしました。有意義な質疑でした。
どうぞご覧ください。

https://spue8y99.wixsite.com/justice/blank-7


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさま
FoE Japanの満田です。
このたびは共謀罪反対の声明に連名していただきまして、ありがとうございます。
ご報告が遅れましたが、以下のように6月8日段階で14か国142団体が連名してお
ります。
http://www.foejapan.org/infomation/news/170529.html
先週8日にJVCの今井さん、メコン・ウォッチの木口さん、グリーンピースの
米田さんとともに共同記者会見を行いました。朝日新聞・毎日新聞・共同通信が報じました。
以下に報告をアップしました。
https://foejapan.wordpress.com/2017/06/08/kyobo/
6月15日まで賛同を募っております。引き続き、広めていただければ幸いです。

さて、さらなるお願いです。6/15に参議院議員会館講堂にて、共謀罪反対の集会
を行うことになりました。よろしければ、この集会の、「賛同団体」になってい
ただければ幸いです。ご検討ください。
14日までにグリーンピース・ジャパン米田さん(yuko.yoneda@greenpeace.org,
080-5088-3351) までお知らせください
--------------------------------------------
今週、与党は共謀罪法案成立を目指しています。共謀罪法案の強行採決を危惧す
る有志の市民団体は、6月15日に『共謀罪法案の強行採決を許さない市民の集
い』開催を予定しています。できるだけ裾野を広く賛同と参加を呼びかけ、私た
ちの声を国会に伝えていきたいと思います。詳細は以下の呼びかけ文をご参照く
ださい。

貴団体にも賛同団体として名を連ねていただきたく、メールをしております。ご
賛同いただけるようでしたら、グリーンピース・ジャパン米田(yuko.yoneda@greenpeace.org, 080-5088-3351) までお知らせください。13日火曜
日にメデイアに対して主催団体名を含めた院内集会の案内を発信する予定ですが、
14日水曜日まで賛同団体を募っております。ご検討ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6・15共謀罪法案の強行採決を許さない市民の集い

国会における共謀罪法案の審議は、今週山場を迎えます。共謀罪は、実際に犯罪行為がなくても、その話合いをし、準備を意図したと
思われる行為があるだけで取り締まるものです。政府はテロ対策に必要であるとしていますが、対象とされる277の犯罪には、
テロとは関連のないものまで幅広く含まれています。また、組織的犯罪集団や実行準備行為の定義が明確ではなく、捜査当局に
よる恣意的な解釈を許してしまいます。その一方、独立した機関が捜査当局を監督し、権力の濫用を防ぐような措置は取られていません。

共謀罪は、表現の自由、思想の自由、プライバシーの権利を侵害するものです。このような法律ができれば、メールやSNSを含む会
話内容は広く監視されることになります。その結果、自由にモノが言えなくなり、市民社会全体が萎縮させられることは明白です。国
連人権理事会の特別報告者や国際ペンクラブの会長から、この法案による人権侵害の危険性が指摘されています。国内でも、この法案
には、法律として多くの欠陥が指摘されており、決して国民の理解を得られているとは言えません。しかし、政府はこうした世論に耳
をかさず、十分な国会審議を行おうとしていません。

欧米でたびたび引き起こされるテロ事件を見るとき、テロとして吹き出す世界の矛盾に対して現象対応型のテロ対策に限界があること
は明白です。むしろ、テロの原因となっている差別や貧困、抑圧をなくすことにこそ、力を尽くすべきです。共謀罪法案は、多
様な価値観や活発な議論を押し殺してしまうことで、テロ対策に逆行するだけでなく、民主主義そのものを破壊するものです。

私たちは、このような共謀罪が「テロ等準備罪」に名前を変えただけで、強行採決され、成立させられることを断じて許すことはできません。

日時:6月15日(木)15:00-17:00

会場;参議院議員会館講堂

プログラム:
- 挨拶 国会議員
- ゲスト
- 海渡雄一弁護士
- ジャーナリスト
- 参加団体によるリレートーク
呼びかけ団体:自由人権協会、日本消費者連盟、国際環境NGO FoE ジャパン、グリーンピース・ジャパン

--
満田夏花(みつた・かんな)/携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan(認定NPO法人)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
http://www.foejapan.org/

★Be a friend of the Earth!
Please support our activities.
Your small contribution/donation make a
big difference.
http://www.foejapan.org/join/donation.html
posted by だつげんぱつ at 23:57| 脱原発情報[情報]