2022年12月03日

大軍拡ごり押し閣議決定にNO!12.9官邸前アクション?壊憲・戦争増税・ミサイル大量導入を許さない

大軍拡ごり押し閣議決定にNO!12.9官邸前アクション
〜壊憲・戦争増税・ミサイル大量導入を許さない
https://kosugihara.exblog.jp/241669021/ ←チラシ画像も

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT/STOP大軍拡アクション)
です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

12月2日、ついに自民・公明両党は、"戦後平和主義"を根底から覆す「敵基地
攻撃能力」保有で合意しました。本来、憲法違反であり無効なものです。

国会議論も素通りして、攻撃兵器の増強へひた走る自公両党 
敵基地攻撃能力保有で合意(12月3日、東京)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/217595

読売などの保守系紙は、12月中旬の「国家安全保障戦略」等の閣議決定を先取
りするリーク記事を連発して、既成事実化を図っています。

トマホーク最大500発購入へ、反撃能力の準備加速
…8年前に購入の英は65発190億円(11月30日、読売)
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221129-OYT1T50232/

「反撃能力」保有へ、長射程ミサイル同時開発を検討…極超音速など10種類以上
(12月1日、読売)
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221130-OYT1T50278/

決定権が無い分、「明文改憲よりひどい」とも言える全面的な"壊憲"攻撃に対
して、平和運動の取り組みは圧倒的に不十分です。今からでも「NO!」の声を
可視化させましょう。12月9日の官邸前抗議に万難を排してご参加ください!

<引き続きの働きかけをお願いします↓>
【緊急大拡散お願い】
立憲民主党に「敵基地攻撃能力の保有を容認しないで」の声を届けてください!
https://kosugihara.exblog.jp/241668457/

---------------------------------------------

大軍拡ごり押し閣議決定にNO! 12.9官邸前アクション
〜壊憲・戦争増税・ミサイル大量導入を許さない〜

12月9日(金)
18時30分〜19時15分
首相官邸前(国会議事堂前駅)
※プラカードなど持参歓迎

 岸田政権は、12月中旬に新たな「国家安全保障戦略」など「安保3文書」を
閣議決定し、トマホークすら含む大量の「敵基地攻撃能力」の保有、軍事費の
5年での倍増、武器輸出の全面解禁など、未曾有の大軍拡に舵を切ろうとして
います。

 プーチンのウクライナ侵略を悪用し、「台湾有事」を煽動しながら、本来な
ら憲法9条を変えなければ出来ないはずの本格的な戦争準備を行いつつあります。
これらは、国会と主権者を完全に無視した"壊憲クーデター"であり、明文改憲
よりひどいとも言えます。

 「有識者会議」が提出した報告書は、琉球弧(南西諸島)のさらなる軍事要
塞化を主張し、弾薬の整備や米軍の指揮下に入るための常設統合司令部・司令
官の設置などの「継戦能力」の向上に加えて、日本版「軍産学複合体」につな
がりかねない軍事研究の本格化も煽っています。

 さらに、大軍拡の財源について、「幅広い税目による国民負担」を要求して
います。憲法9条を保持したまま、世界第3位の軍事費大国になり上がるために、
戦争増税を行い、「暮らしより武器を」の軍事優先国家に堕落しようというの
です。

 今こそが紛れもない時代の転換点です。まだぎりぎり間に合います。行動に
よってしか状況を変えることはできません。大軍拡をごり押しする閣議決定を
やめさせるために、官邸前アクションに駆けつけてください。

【呼びかけ】STOP大軍拡アクション
<連絡先>
TEL 090-6185-4407(杉原)
メール anti.arms.export@gmail.com
<参加団体>
島じまスタンディング、大軍拡と基地強化にNO!アクション2022、ヨコスカ
平和船団、非核市民宣言運動・ヨコスカ、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
<賛同団体>
日本山妙法寺、平和をつくり出す宗教者ネット、基地のない沖縄をめざす宗教
者の集い、ピースリンク広島・呉・岩国、ポレポレ佐倉、研究所テオリア、
小樽・子どもの環境を考える親の会、共同行動のためのかながわアクション、
ピープルズ・プラン研究所、不戦へのネットワーク、緑の党グリーンズジャパ
ン、日本消費者連盟、チェチェンニュース編集室、日本カトリック正義と平和
協議会、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、ストップ秘密保護法かながわ、
ナインにいがた、医療と福祉の戦争協力に反対する連絡会議、Activists for All、
Justice for Kids、イノベーション・コースト構想を監視する会、あとりゑ・
クレール、猫の事務所九条の会、平和憲法を未来へつなぐ会・小樽、ベクレル
フリー北海道、生活と政治を考える都筑区民の会、平和をあきらめない人々の
ネットワーク・福岡(12月2日現在)

◆引き続き賛同団体を募集しています。団体名、担当者名と連絡先(メールア
ドレス、電話番号)をお知らせください。それぞれの地域での取り組みもぜひ!
posted by だつげんぱつ at 17:21| 脱原発情報[情報]

2022年12月02日

【緊急大拡散お願い】立憲民主党に「敵基地攻撃能力の保有を容認しないで」の声を届けてください!

【緊急大拡散お願い】
立憲民主党に「敵基地攻撃能力の保有を容認しないで」の声を届けてください!
https://kosugihara.exblog.jp/241668457/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT/STOP大軍拡アクション)
です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

公明党が、初めは慎重姿勢を示しながら最後には容認に回るという、いつもの
「公明党しぐさ」を示して「敵基地攻撃能力」保有で自民と「合意」する中、
野党第一党の立憲民主党までもが、「敵基地攻撃能力」保有の容認へと動いて
います。

立民「反撃能力」容認を検討、維新・国民民主に続く
安保提言へ、責任政党へ現実路線(12月2日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66471460R01C22A2PD0000/

11月30日の大軍拡反対の国会請願デモを、立憲民主党は議員面会所で迎え、
連携を約束したはずです。「専守防衛」を完全に反故にする憲法違反の「敵基
地攻撃能力」を容認するのは、党名から「立憲」を外すに等しく、市民への裏
切りに他なりません。

所属議員による会合では、慎重意見が多数だったにもかかわらず、外交・安保
戦略プロジェクトチーム会長の玄葉光一郎議員らを中心とする幹部が、容認へ
と舵を切ろうとしています。

「敵基地攻撃能力」の容認とは、憲法9条の縛りを外し、「平和国家」を曲り
なりにも担保してきた重要な平和原則の柱を放棄することです。いったん能力
を手にしてしまえば、時の政権しだいで先制攻撃さえも可能となります。

自民党国防族の一人は、「戦後ずっとできなかったこと、安倍政権でもできな
かったことができるようになる」と語っています。野党第一党が明文改憲に匹
敵する大軍拡に手を貸し、東アジアにおける危険な軍拡競争に加担すること
を、主権者として、絶対に認めるわけにはいきません。

★党本部と玄葉議員ら党外交・安全保障戦略プロジェクトチーム役員らに
「敵基地攻撃能力の保有を認めないで」の声を大至急届けてください。

◆立憲民主党本部
TEL 03-3595-9988
FAX 03-3595-9088
意見フォーム https://cdp-japan.jp/form/contact

【外交・安保PT】
◆会長 玄葉光一郎
(FAX)03-3591-2635
メール g01748@shugiin.go.jp

◆事務局長 篠原豪
(FAX)03-3508-3430
意見フォーム https://lets-go-yokohama.jp/contact

◆渡辺周
(FAX)03-3508-3767
意見フォーム https://watanabeshu.org/contact
posted by だつげんぱつ at 23:32| 脱原発情報[情報]

2022年11月30日

【報告】<東京・名古屋同時行動>三菱重工は憲法違反の長距離ミサイル開発をやめろ!申し入れ

【報告】<東京・名古屋同時行動>三菱重工は憲法違反の長距離ミサイル開発をやめろ!申し入れ
https://kosugihara.exblog.jp/241665890/ ←写真もあり

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

本日11月29日に取り組んだ東京・名古屋での三菱重工への同時行動の報告を
まとめましたのでご覧ください。さっそく東京新聞のウェブ版で、動画を含む
記事も配信されています。

「死の商人になるな」ミサイル長射程化に市民団体が抗議、製造元の三菱重工前で【動画あり】
https://www.tokyo-np.co.jp/article/216877

明日30日は、明文改憲よりひどいとも言える未曾有の大軍拡「閣議決定」への
最初で最後の大行動となる日比谷野音集会と久々の国会請願デモがあります。
万難を排して集まりましょう!!!

◆『軍事費増やして生活壊すな!改憲反対!カルト癒着の政治をただせ11.30 in 日比谷野音』
11月30日(水)
集会 18時30分〜19時15分
国会請願デモ 19時30分〜20時30分
会場:日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
詳細 http://sogakari.com/?p=6310

---------------------------------------------

【報告】<東京・名古屋同時行動>三菱重工は憲法違反の長距離ミサイル開発をやめろ!申し入れ

 11月29日、東京・丸の内にある三菱重工本社に「敵基地攻撃ミサイルを開発
するな!」と23人で抗議の申し入れを行いました。

 本社ビル正面前で、横断幕やプラカードを掲げてアピールした後、泉澤清次
取締役社長あての要請書(別掲)を読み上げて、守衛に提出しました。三菱重
工は社員による受け取りを拒否するという不誠実極まりない対応でした。

三菱重工は敵基地攻撃ミサイルを開発するな!
三菱重工は憲法違反のミサイル開発をやめろ!
三菱重工はミサイル軍拡競争に加担するな!
三菱重工は「死の商人」になるな!
三菱重工はインドネシアへの武器輸出もやめろ!
三菱重工は平和への責任を果たせ!

などとコールをぶつけました。

 同じ時間帯に、名古屋でも「不戦へのネットワーク」の呼びかけで、「12式
地対艦誘導弾」の長射程化を担う小牧北工場(名古屋誘導推進システム製作所)
に対する申し入れが行われました。
 こちらも、事前のアポイントに返答さえせず、当日に警備会社の職員が受け
取るという形に。
 工場周辺は人通りはほとんどないため、9人の参加者は雨にも負けず、そば
の基幹道路に向かって、横断幕を掲げてマイクアピールを行ったそうです。

 東京本社への事前のアポイントの際、総務の社員は、「ミサイル開発を中止
すべき」との要請内容に関して、「国が決めることであり、判断する立場にな
い」と無責任に繰り返しました。
 三菱重工はインドネシアへの多機能護衛艦の輸出商戦にも参入しています。
このまま国策企業に堕して、かつての侵略戦争に加担した過ちを繰り返すので
しょうか。三菱重工の責任は重大です。
 開発・量産される長射程化した「12式地対艦ミサイル」は、完成後に海外輸
出される恐れもあります。岸田政権は、戦闘機やミサイルを含む武器輸出の全
面解禁を狙っており「死の商人国家」への暴走も始まろうとしています。

 開発されていく長距離ミサイルに関して、琉球弧(南西諸島)、富士山周辺、
北海道の順に配備が検討されているとの報道もありました。憲法9条を保持し
たままで、射程1000〜3000キロもの長距離ミサイルを開発し、各地に配備する
のは露骨な軍事的挑発です。東アジアのミサイル軍拡競争を激化させ、戦争を
呼び込む暴挙に他なりません。

新地上発射ミサイル、3段階配備検討 南西諸島→富士山→北海道
(11月25日、毎日)
https://mainichi.jp/articles/20221124/k00/00m/010/403000c

 三菱重工は重工長大製品が多く、身近な物は少ないのですが、ビーバーエア
コンをはじめとする空調機器は不買の対象になり得ます。憲法違反の敵基地攻
撃ミサイルを量産し、インドネシアへの武器輸出も画策する三菱重工を本格的
な「死の商人」にさせないために、三菱重工不買の働きかけも有効になります。
#三菱重工不買 #ビーバーエアコン不買 などのハッシュタグでのツイートも呼
びかけます。

◆東京新聞の望月衣塑子記者による動画付きの報道です↓

「死の商人になるな」ミサイル長射程化に市民団体が抗議、製造元の三菱重工前で【動画あり】
https://www.tokyo-np.co.jp/article/216877

<抗議先>
三菱重工 TEL 03-6275-6200(代表)

---------------------------------------------

【要請書】

三菱重工業 取締役社長 泉澤清次様

憲法違反の敵基地攻撃ミサイルとなる「12式地対艦誘導弾」の長射程化を中止してください

 岸田政権は、12月中旬にも「国家安全保障戦略」「防衛計画の大綱」「中期
防衛力整備計画」を改定し、5年以内に軍事力を抜本的に強化しようとしてい
ます。その柱が「専守防衛」の国是を捨て去る「反撃能力」=「敵基地攻撃能
力」の保有です。これが実現すれば、能力を制限することにより、隣国に届く
ミサイルをあえて持たないできた日本の<国のかたち>が変わることになります。  

 米国の「中国攻撃作戦」を補完することになる長距離ミサイルは、今後10年
で1500基も保有することが検討され、真っ先に琉球弧(南西諸島)への配備が
目論まれています。配備されれば、ただちに相手からの標的となることは必至
であり、住民に重大なリスクを押し付けることになります。
 こうした長距離ミサイルの主力が、戦闘機や艦艇や潜水艦からも発射できる
ようにしつつ、射程を1000キロ以上に延伸させる「12式地対艦誘導弾」です。
この長射程化は2020年12月、菅政権のもとで閣議決定されて始まっており、
2023年度の概算要求にも、開発経費272億円に加えて、量産経費(金額未定の
事項要求)さえ盛り込まれています。
 この憲法違反の敵基地攻撃ミサイルの
開発・量産を担うのが、軍需企業最大手の三菱重工です。貴社はこれまで、武
器輸出についても「国策に従うまで」と責任転嫁を行い、インドネシアへの多
機能護衛艦の輸出などを画策してきました。さらに、憲法違反の大軍拡にも加
担して儲けようとしています。貴社の社会的責任が厳しく問われていることを
自覚すべきです。
 本日11月29日、名古屋の「不戦へのネットワーク」が呼びかけて、「12式地
対艦誘導弾」の長射程化を実際に行う三菱重工小牧北工場(名古屋誘導推進シ
ステム製作所)に対する申し入れ行動が取り組まれています。私たちはこれに
連帯して、同じ時間帯に東京本社への申し入れを企画しましたが、貴社は社員
による受け取りすら拒否しました。消費者の声に真摯に向き合わない姿勢に強
く抗議します。
 今ならまだ、引き返すことは可能でしょう。貴社が製造、開発したミサイル
が隣国に生きる人々を殺傷する未来を招かないために、ただちに「12式地対艦
誘導弾」の長射程化を中止することを決断してください。

2022年11月29日

STOP大軍拡アクション
  
<連絡先> TEL 090-6185-4407(杉原) メール anti.arms.export@gmail.com
<参加団体>
島じまスタンディング、大軍拡と基地強化にNO!アクション2022、ヨコスカ平
和船団、非核市民宣言運動・ヨコスカ、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
<賛同団体>
日本山妙法寺、平和をつくり出す宗教者ネット、基地のない沖縄をめざす宗教
者の集い、ピースリンク広島・呉・岩国、ポレポレ佐倉、研究所テオリア、小
樽・子どもの環境を考える親の会、共同行動のためのかながわアクション、ピ
ープルズ・プラン研究所、不戦へのネットワーク、緑の党グリーンズジャパン、
日本消費者連盟、チェチェンニュース編集室、日本カトリック正義と平和協議
会、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、ストップ秘密保護法かながわ、ナイ
ンにいがた、医療と福祉の戦争協力に反対する連絡会議、Activists for All、
Justice for Kids、イノベーション・コースト構想を監視する会、あとりゑ・
クレール、猫の事務所九条の会、平和憲法を未来へつなぐ会・小樽、ベクレル
フリー北海道、生活と政治を考える都筑区民の会、平和をあきらめない人々の
ネットワーク・福岡(11月29日現在)
posted by だつげんぱつ at 00:06| 脱原発情報[情報]