2017年04月25日

中日新聞に掲載!R水素で、送電網に頼らない地域循環型経済を

Viva_1704_0422.pdf
星川まり(東京・社会運動部)です。

R水素の英語版ブックレット、少しですが
八木さんが江原さんから託され、GG大会で平和さんが
核のセッションで配布しました。
R水素もGGデビューです。

また、アースデイの特集でR水素が紹介されましたが、
以前緑の党で呼びかけた時の勉強会の写真が掲載されています。
(「若者たち」は?!ですけど)

添付します。


中日新聞「Viva地球〜地球の上で共に生きる」
======================
再生可能エネで取り出す「R水素」で、
送電網に頼らない地域循環型経済を
======================

地球のことを考える日、アースデイの4月22日、
中日新聞の「Viva地球」コーナーに、
代表、江原春義のインタビューを掲載していただきました。

R水素の基本的な考え方や、これまでのエネルギーとの違い、
そして再生可能エネルギーを地域循環型の経済のために
用いられる点などがコンパクトにまとめられています。
すぐに読めますので、ぜひご一読ください。
また許可もいただいているので、
情報の拡散にぜひご利用いただければと思います。

新聞に水素や再生可能エネルギーが
取り上げられることが増えましたが、
まだまだ化石燃料由来の水素や、
巨大送電網を利用した
再生可能エネルギーの記事に偏りがちです。

水の中にある水素が持つ可能性を
これからも広めていきたいと思っておりますので、
自分たちの手でR水素社会を実現していきましょう!


江原春義(代表理事)

ブックレット販売中
「 R水素 ~再生可能エネルギーと水による地域循環型のエネルギーのかたち」
http://rh2.org/book/

NPO R水素ネットワーク
http://rh2.org


Haruyoshi Ebara (Chairman)

Amazon Kindle Store (English)
Renewable Hydrogen: Community-Driven Energy for a WorldShift
https://www.amazon.com/dp/B01N1WE6B1

Renewable Hydrogen Network
http://en.rh2.org

Midori.so 3-13 MinimiAoyama Minato-Ku Tokyo Japan 107-0062
--
--
-----------------------------------------------------------------
☆国際NGO・R水素ネットワーク
「水から生まれる、幸せのエネルギー。」
http://rh2.org/

R水素ネットワークは、再生可能エネルギーと、それによってつくられる水素を、
グローバルにも、ローカルにも広めていく国際NGOです。
posted by だつげんぱつ at 13:10| 脱原発情報[情報]

4・25金田法相辞任を!共謀罪はいらない!国会行動へ

東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎]

直前のご案内となり恐縮ですが、25日(火)正午からの行動案内を転送し
ます。午前9時からは参考人質疑が行われます。ネット中継で見られます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

21日の審議では、質問を打ち合わせる民進党議員に対して、自民党の土屋
正忠議員が「今のはテロ準備行為じゃないか」と大声で叫びました。怒っ
た階猛議員が肩を叩いて聞いたところ、自民党議員が一斉に「手を出した、
暴力だ」と大騒ぎする事態に。共謀罪の本質が余すところなく露呈しまし
た。また、盛山法務副大臣が「一般の人が対象にならないことはないが、
ボリュームは大変限られる」と答弁。安倍首相や金田法相が繰り返してき
た「一般人は対象にしない」がウソだったことを認めました。

与党は議会のルールを踏みにじる禁じ手を繰り出しながら、5月連休明け
の衆議院通過を狙い、絶対に成立させる意志を露わにしています。この横
暴をはね返す取り組みが求められています。

---------------------------------

みなさま

角田です。
安倍政権は、共謀罪の制定に向けて必死です。金田法相では野党の質問に
答弁できないと、議会のルールを無視して法務省刑事局長を委員会に毎回
参加させ、法相にかわって答弁させるという暴挙にうってでました。25日
には法務委員会で参考人質疑がおこなわれます。この4月の最後の週、5
月の連休明けが共謀罪をめぐる大きな山場になっています。話し合うこと
が罪になる共謀罪の制定にストップをかけましょう。
4・25共謀罪はいらない!国会行動にご参加ください。

<拡散歓迎!>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ★答弁できぬ金田法相は辞任せよ!★
 ★4・25共謀罪はいらない!国会行動★
○とき  4月25日(火)12時〜13時
○ところ 衆議院第二議員会館前
○挨拶  国会議員
○発言 田島泰彦さん(上智大学教授)
    千葉 眞さん(安保法制に反対する学者の会、
           国際基督教大学特任教授)
    海渡雄一さん(共謀罪NO!実行委員会)
    三澤麻衣子さん(共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会)
    市民団体 ほか
○共催 共謀罪NO!実行委員会
    戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
連絡先 共謀罪NO!実行委員会
・「秘密保護法廃止」へ!実行委員会(新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp
 /平和フォーラム 03-5289-8222) 
・解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会(憲法会議03−3261−9007/許すな!
憲法改悪・市民連絡会03−3221−4668)
・日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)  mic-un@union-net.or.jp
・共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(日本民主法律家協会 03-5367-5430)
・盗聴法廃止ネットワーク(日本国民救援会 03-5842-5842) 
◆連絡先 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
・1000人委員会 03‐3526-2920
・憲法9条を壊すな!実行委員会 03‐3221-4668
・憲法共同センター 03‐5842-5611
posted by だつげんぱつ at 00:41| 脱原発情報[情報]

2017年04月23日

(団体賛同のお願い・拡散希望)県民健康調査・甲状腺検査のあり方についての要請書

170509(要請書)子ども脱被ばく裁判の会(県民健康調査・甲状腺検査のあり方についての要請書).pdf
星川まり(東京・社会運動部)です。

福島県の県民健康調査が全てを網羅していないことが問題になっています。

団体賛同の呼びかけ(添付参照)を共有します。

経緯

184人以外にも未公表の甲状腺がん〜事故当時4歳も
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2108

未公表の4歳児へ給付〜甲状腺がん子ども基金
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2111


参照

福島県で急速に増え始めた小児甲状腺がん 鎌田 實
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00049766-jbpressz-soci&p=1

岡山大・津田敏秀教授が「甲状腺がん多発は原発被曝と関係ない」派に反論
福島の甲状腺がん多発、行政や医療関係者の「原発事故と関係ない」の主張はデータを無視したデタラメだ
http://lite-ra.com/2017/03/post-2985.html

待ったなし!・甲状腺がん多発ー検討委員会の見直しが急がれるこれだけの理由!
http://blog.goo.ne.jp/kimidoriaoi/e/fcc735962b318134e1b61ad97e7f7509


----- 転送メッセージ -----
(団体賛同のお願い・拡散希望)県民健康調査・甲状腺検査のあり方についての要請書

「県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書」
賛同団体への呼びかけ(拡散希望)



みなさま、

 みなさまの各地での生命を守るお働きに敬意を表します。
 さて、この度、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)は、福島原発事故当
時4才のお子さんが甲状腺がんを発症し手術を受けていたにもかかわらず、「が
んやその強い疑い」の人数に反映されていなかったことに強く抗議するために、
福島県と県民健康調査課に要請書を提出し、記者会見を行うことになりました。

 私たち子ども脱被ばく裁判の会は、ひだんれんからの呼びかけに応え、独自に
「県民健康調査・甲状腺検査のあり方に関する要請書」を作成し、ひだんれんと
共に要請書の提出と記者会見を行います。

 そこで、この要請書に賛同する団体を募ります。ぜひ、ご検討ください。どう
ぞよろしくお願い致します

2017年4月23日
                    子ども脱被ばく裁判の会
                    共同代表 片岡輝美、水戸喜世子


■提出日時、記者会見は以下の通りです。
2017年5月9日(火)
10:00〜10:30福島県県民健康調査課に提出
11:00〜11:30記者会見・県庁2階県政記者室

■申し込み〆切:5月2日(火)

■賛同団体申し込み・お問い合わせ先
子ども脱被ばく裁判の会事務局
メールアドレス kodomo2015-info@oregano.ocn.ne.jp
posted by だつげんぱつ at 10:54| 脱原発情報[情報]