2019年01月15日

1/28 武器の爆買いを止めるための相談会へ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

新年初の投稿となります。今年もよろしくお願いします。

東京新聞の怒涛の連載「税を追う」をはじめ、米国製兵器の爆買いに関す
る報道が増えてきました。疑問と怒りが確実に高まっている中、行動こそ
が求められていると思います。ぜひ、以下の相談会にご参加ください。

※なお、昨年末に呼びかけた、秋田朝日放送による「イージス・アショア」
配備についてのネットアンケートは、総数587票、配備賛成7.2%、反対
92.8%だったそうです。ご協力ありがとうございました。

-----------------------------

★武器の爆買いを止めるための相談会

日時:1月28日(月) 18時30分〜21時

会場:文京シビックセンター3C会議室
[後楽園駅(4a、5番出口徒歩2分)、春日駅(文京シビック連絡口3分)]
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

資料代 200円

安倍政権のもとで、米国製武器の「爆買い」が留まるところを知りません。
イージス・アショア2基でなんと6000億円超。そして、105機を追加購入し、
計147機とするF35戦闘機は、1機116億円に維持費307億円を加えると、総
額で6.2兆円を超えることが明らかになりました。

米国側の極めて有利な条件のもとで武器を買わされる「FMS」(対外有償
軍事援助)方式は、2019年度予算案では7013億円に膨脹しています。また、
「専守防衛」を葬り去る「新防衛大綱」と同時に閣議決定された「中期防
衛力整備計画」では、向こう5年の軍事費を、それまでの5年分を2兆8000
億円も上回る27兆4700億円としています。

生活保護費や年金などが切り下げられ、貧弱な教育予算が放置される一方
で、軍事費はまさに「聖域」と化しています。「いくら何でもひど過ぎる」
「堪忍袋の緒が切れた」。そう感じる人は増えているのではないでしょうか。

1月末からの通常国会では、過去最高の5兆2574億円の軍事費を盛り込んだ
2019年度予算案の審議が行われます。武器の爆買いをやめさせるために、
知恵と力を合わせて、具体的な取り組みを行いたいと思います。ぜひ、
相談会にお集まりください。

<参考>
F35 147機 総額6.2兆円 中期防単価公表
1機116億円 維持費307億円 さらに上回る可能性 30年運用
(1月10日、しんぶん赤旗)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-10/2019011001_01_1.html 

新大綱・中期防が決定、総額27兆4700億円 F35追加購入105機
(2018年12月18日、ロイター)
https://jp.reuters.com/article/national-defence-program-idJPKBN1OH04W

防衛費の膨大な増加に抗議し、教育と社会保障への優先的な公的支出を求める声明
(2018年12月20日 研究者・実務家有志一同)
https://blog.goo.ne.jp/shakaiken/e/d690746f80d460229ded47262f52230b

【呼びかけ】 武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
メール anti.arms.export@gmail.com
電話 090-6185-4407(杉原) FAX 03-5225-7214
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
ブログ https://najat2016.wordpress.com
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/ 
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付

---------------------------

これでいいのか? 増える軍事費・壊れる暮らし
NAJAT結成3周年集会
2月17日(日) 13時45分〜16時30分 (13時30分 開場)
文京区民センター2A会議室(春日駅、後楽園駅)
<講演>
なぜ安倍政権は防衛費を増やしているのか――FMS(対外軍事援助)の問題点
 福好昌治さん(軍事評論家)
分かち合う社会へ――財政を「共同の財布」とするために
 高端正幸さん(埼玉大学准教授)
資料代 800円 (学生 500円)
チラシ http://chechennews.org/sharedoc/20190217_najat_bira.pdf
posted by だつげんぱつ at 01:06| 脱原発情報[情報]

2019年01月12日

1/26 5Gで飛躍的に増大する電磁波暴露ーそのリスクを検討し対策を議論する

星川まり(東京・社会運動部)です。

緑の党事務局宛に、以下の案内が届いたので情報共有です。

https://www.shiminkagaku.org/csijseiminara_emf_20190126/
1月26日(土)に「5G(第5世代移動体通信)で飛躍的に増大する電磁波曝露―そのリスクを検討し対策を議論する」

また、昨年の「スマートメーター強制をやめさせる院内集会」について、詳しい報告が掲載された会報112号と、最新115号をいただきました。

双方とも、HPで読むことができます。
興味のある皆さん、イベント参加とともに、以下のページをチェックしてください。

112号 http://dennjiha.org/?page_id=12944
115号 http://dennjiha.org/?p=13289
posted by だつげんぱつ at 19:32| 脱原発情報[情報]

2018年12月29日

農薬自治体調査 千葉県からの報告

星川まり(東京・社会運動部)です。

千葉県本部から「農薬使用状況等自治体調査」の結果報告がありました。
遅くなりましたがキャンペーンサイトで公開致しました。

自治体数54のうち回答率57%。
報告書では千葉県独自の「ちばエコ農産物」認証制度を紹介しています。
農薬不使用自治体は40%を超える好成績です。
一方「有害農薬についての研修・研究」が1自治体、使用後の住民アンケートはゼロでした。




ラウンドアップNO! ネオニコNO! 農薬と食の安全を考える
緑の党2018キャンペーン
https://spue8y99.wixsite.com/roundup-neonico-no


アンケート調査結果 千葉県
https://spue8y99.wixsite.com/roundup-neonico-no/blank-20


12月初頭、公開にあたってチェックしていただいた印鑰智哉さんからは、「農薬禁止宣言」を自治体に求めるなどアドバイスもありましたので、共有します。

・・・・・・・・・・・・・・・

貴重な報告お送りいただき、ありがとうございました。現在、郡山に来ております。

グリホサートの問題を地方の学習会で話すと反響はとても大きいです。
このような調査を活用できれば大きな変化を作り出すことは可能だと思います。

具体的に各自治体での使用禁止宣言を出させるような働きかけを考えていくことができると思います。
ひとたび、目標をたてて、地域で学習会などをしていけば選挙などを通じて課題として認識されていくと思いますし、実際的にグリホサートの散布禁止自治体を1つでも増やすことを1つの目標に掲げてみてはどうかと思います。

千葉で学習会がある時にはぜひ報告を紹介させていただきたいと思います。

今後の活動のさらなる発展をお祈り申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。

印鑰 智哉
posted by だつげんぱつ at 11:44| 脱原発情報[情報]