2019年11月08日

『世界』12月号に「武器見本市という憲法的不祥事」を寄稿しました

<『世界』12月号に「武器見本市という憲法的不祥事」を寄稿しました>
https://kosugihara.exblog.jp/239756614/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

 本日11月8日発売の『世界』12月号(岩波書店)に「武器見本市という
憲法的不祥事〜殺傷マーケットの侵入に対峙する」と題した12ページの論
考を寄稿しています。

世界 2019年12月号(「目次」をクリック)
https://www.iwanami.co.jp/book/b487947.html

 2004年に初めて武器展示を見た時の衝撃から、10月10日の政府交渉・院
内集会まで。15年に及ぶ"武器見本市体験"を綴り、「死の商人」に商機を
与える日本のグロテスクな現状を浮き彫りにしました。
 同時に、11月18日から幕張メッセでの開催が強行されようとしている総
合武器見本市「DSEI JAPAN」の危険性に警鐘を鳴らしています。"戦争の
親玉"である「軍産複合体」を追い詰めるための視点を提示できていれば
幸いです。
 特集は「気候クライシス」と「難民を追い詰める日本」の極めて重要な
2本立て。読みごたえ十分の内容です。なるべく買って応援を。あるいは
図書館でも。ぜひご一読いただき、広めていただけるとありがたいです。
また、ご感想やご意見もお寄せください。

<小見出し>
日本初の総合武器見本市
「武器見本市」開催前史
堕落する防衛官僚
「国内初」の武器見本市の実態
「航空宇宙」の名のもとで
「対テロ」名目で日本市場に迫るイスラエル
「売約済み」の武器が続々と
幕張メッセで相次ぎ開催
出展する戦争犯罪企業たち
拡大する市民運動
市民がつながる絶好の機会
「死の商人」を迎え撃つ

※11月18日の武器見本市「DSEI JAPAN」大抗議アピールに向けた予習に最適!

◆こちらの動画も合わせてご覧ください!
「MAST Asia 2019」までの国内での武器見本市(18分45秒)
https://youtu.be/MXknKfNzv2E

<ご参考>
戦争が憲法を制圧した空間〜「日米安保戦略会議」での兵器見本市
http://jundandy.main.jp/no-md-campaign/anpo-kaigi.html

-------------<アクションにご参加を!>-------------

◆「千葉県 幕張メッセに武器見本市はいらない!」
 渋谷ハチ公前 緊急アピール行動
11月12日(火)17時〜18時
渋谷駅ハチ公前広場
パブリックビューイング&スタンディング!
(武器見本市の画像を流し、わかりやすく解説します)
11月18日から20日まで千葉県幕張メッセにて、武器見本市「DSEI JAPAN」
が開催されます。この武器見本市の会場から、すでに戦争は始まっていま
す。「戦争はここから始まる ここで私たちが止める」。この思いを共有
していただき、行動へのご参加をお願いします。
【主催】平和をつくり出す宗教者ネット
    安保関連法に反対するママの会@ちば

◆死の商人おことわり 武器見本市NO! 11.18 大抗議アピール
11月18日(月)12時〜13時過ぎまで
幕張メッセ前
※JR海浜幕張駅南口から徒歩10分。当日は駅前にご案内担当者を置きます。
30分前の11時30分頃までに南口に来ていただければと思います。
<アクション>
スピーチ、ダイ・イン、人間の鎖(ヒューマン・チェーン)、海外からの
メッセージ紹介など
※一人でも多くの方にお集まりいただきたいと思います!
【呼びかけ】幕張メッセでの武器見本市に反対する会
      安保関連法に反対するママの会@ちば
posted by だつげんぱつ at 23:24| 脱原発情報[情報]

被ばく論文不正調査と関電追及集会

星川まり(東京・社会運動部)です。

2つのお知らせ、転送します。


(1)「伊達市民の被ばくデータを不当に利用した
『宮崎・早野論文』の人権侵害と不正を
公正に調査してください」

署名と転送・拡散へのご協力をお願いします。

http://chng.it/QydNfqmQ
発信者:
個人被ばく線量計データ利用の検証と市民生活環境を考える協議会
https://dgmh-wed.jimdosite.com/
宛先:福島県立医科大学 (理事長)、東京大学総長
文部科学省大臣、日弁連、厚生労働省大臣

(2)関電の不正問題を追及する東京集会
11月14日(木)15時〜17時
会場:*憲政記念会館* 千代田区永田町1丁目1番1号
https://goo.gl/maps/Qj4WfVDbx1EdK1mx7
問題提起:河合弘之、海渡雄一(代理人)
中嶌哲演代表委員、宮下正一事務局長(反原発福井県民会議)
*集会の前半は問題提起、後半に記者会見を予定

関西電力の役員等20名が、福井県高浜町の元助役森山栄治氏から約3億2千万円の金品を受領していたことが明らかになりました。
金沢国税局の査察が入ったとの情報を得た役員たちはあわてて一部を返却し「返すタイミングを計りながら一時保管していた」と言い訳をしていますが、税金の修正申告に応じていることは「一時保管」でなかったことを認めていることになります。
不正な金品の原資について、八木会長は「わからない」と述べていますが、工事の発注元として原発関係の不当高額工事費からの還流であることに疑いの余地はなく、立証することができれば犯罪行為を追及できます。
私たちは、このような巨悪をこのまま見過ごすことができません。
そこで大阪地方検察庁に対し、告発することにしました。皆様も一緒に行いましょう。
1000名以上の告発人を求めていきます。


関電の原発マネー不正還流を告発する会
連絡先 原子力発電に反対する福井県民会議 福井市日之出3丁目9-3
電話 0776-25-7784  FAX 0776-27-5773  
メール fukuiheiwa@major.ocn.ne.jp
ホームページアドレス kandenakan.html.xdomain.jp
posted by だつげんぱつ at 11:51| 脱原発情報[情報]

2019年11月06日

防衛装備庁が軍拡促進へ「技術シンポジウム」を開催

<防衛装備庁が軍拡促進へ「技術シンポジウム」を開催>
https://kosugihara.exblog.jp/239751841/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

 11月12、13日の午前10時から、防衛省そばのホテルグランドヒル市ヶ谷
東館で、毎年恒例となっている防衛装備庁の技術シンポジウムが開催され
ます。これは、防衛装備庁が武器の研究開発の現状を公開するものです。
 今回は冒頭の特別講演に、軍事への傾斜を強めるJAXA(宇宙航空研究開
発機構)の山川宏理事長が登場。JAXAは、11月18日からの武器見本市「DSEI
JAPAN」のサポーターとなり、出展に加えて、山川理事長がカンファレン
スにも登壇します。「宇宙の平和利用」はすっかり過去のこととなり、安
倍政権による軍事化の同伴者へと堕落しています。

技術シンポ・プログラム
https://www.mod.go.jp/atla/research/ats2019/img/ats2019_pamphlet.pdf

 また、防衛装備庁は8月に「研究開発ビジョン〜多次元統合防衛力の実
現とその先へ」を公表しており、その内容は今回の技術シンポにも反映さ
れると思われます。
 同ビジョンは、宇宙・サイバー・電磁波という領域での軍拡や敵基地攻
撃能力の増強など、危険な武器開発の青写真となっており、要警戒です。

研究開発ビジョン
https://www.mod.go.jp/atla/soubiseisaku_vision.html

参加費無料ですが事前登録制で、【明日11月7日が締め切り】となっていま
す。参加される方は至急、以下のホームページの下にある登録欄から申し
込みください。
https://www.mod.go.jp/atla/research/ats2019/index.html
posted by だつげんぱつ at 22:21| 脱原発情報[情報]