2022年05月01日

土地規制法と自衛隊の反戦デモ敵視 ほか

星川まり(東京・社会運動部)です。


転送します。


 


        *****


 


「重要土地調査規制法案」反対緊急声明に賛同してくださった皆さん。
関係者の皆さん。土地規制法廃止アクション事務局の谷山です。


最近掲載された谷山の寄稿文を紹介いたします。


一つは、4月に発足した独立言論フォーラム(Independent Speech Forum(IDF))への
寄稿です。ここでは軍事問題研究会から入手した自衛隊の「教範」に関する情報をもと
に土地規制法と自衛隊の「教範」に共通する市民運動観を論じています。


二つ目は、安和桟橋や塩川港で辺野古新基地建設に使う土砂(赤土)の搬出に対
する抗議・阻止行動を行っている「あつれ辺野古」という団体のニュースレターです。ここでは
主に基地監視・抗議活動がどういう理屈で処罰の対象になりうるかを説明しています。新
基地建設反対の最前線で活動している「あつまれ辺野古」やその他の団体に知ってもらい
たいと思って書きました。


---------------------------------------------------------------------------------
【真実探究と戦争廃絶を目指す 独立言論フォーラム(IDF)】
土地規制法と自衛隊の反戦デモ敵視 
          土地規制法廃止アクションネットワーク事務局 谷山博史


はじめに
土地規制法と自衛隊の「教範」には共通した市民運動観がある。市民運動の裏に
「敵性活動」を行う「隠された本音」があるとみなし、監視と規制の対象と見るもので
ある。日米両政府による「南西諸島」の軍事要塞化が進む中、土地規制法は戦争
準備のための体制づくりの一環として立ち現れたと言える。


本文はこちらから↓
https://isfweb.org/post-1670/



【あつまれ辺野古 活動報告vol.9】
土地規制法(住民監視法)を知っていますか
〜あなたの個人情報が調査され行動が規制されるかもしれない〜
               土地規制法廃止アクション事務局 谷山博史


1.土地規制法とはなにか、私たちとどのような関係があるのか
土地規制法(住民監視法)という法律を知っていますか。この法律は昨年(2021年)
6月に成立し、遅くとも今年の9月には全面施行され運用が始まります。まだ知らない
人が多いと思いますが、米軍や自衛隊基地の監視活動や抗議活動に関わっている
人はこの法律の処罰の対象になる可能性があるということを知って欲しいと思います。
まずこの法律が基地の監視や抗議活動に関わっている人にどう適用される可能性が
あるかを説明しましょう。 


本文はこちらから↓
https://note.com/taniyama_hiroshi/n/n82fda81e622f
*お断り
発行されたあつまれ辺野古活動報告(vol.9)には私の不手際から修正前の原稿が
掲載されています。こちらは追って訂正のお詫びをいたしますのでご了承ください。
----------------------------------------------------------------------------


谷山


**************************************************************************

posted by だつげんぱつ at 20:34| 脱原発情報[情報]