2021年07月30日

速報 IPCC 第6次評価報告書 第1作業部会の報告を読み解く

星川まり(東京・社会運動部)です。


ご存知の方も多いかもしれません、共有します。


 


(転送歓迎)
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

速報 IPCC 第6次評価報告書 第1作業部会の報告を読み解く

詳細・お申込み→https://www.can-japan.org/events-ja/2892

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

8月9日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が「第6次評価報告書」の第一弾として、第1作業部会(科学的根拠)の報告書を発表します。

世界気象機関と国連環境計画によって設立されたIPCCは、1990年から2013年まで5〜7年ごとに評価報告書を発表しています。
その内容は、国連交渉を通して各国の気候変動政策に影響を与えてきました。
第6次評価報告書で明らかになる科学的知見が、今年11月にイギリスのグラスゴーで開催されるCOP26の交渉に影響を及ぼすことはまちがいありません。

第5次評価報告書から8年を経て発表される第6次報告書は、どんな内容なのでしょうか。
危険な気候変動を回避するために、私たちに何が求められるのでしょうか。
第5次および第6次評価報告書の主執筆者である国立環境研究所の江守正多さんに解説していただきます。

▼日時・場所:2021年8月17日(火)16:00〜17:30
Zoomを用いたオンラインセミナー形式

▼プログラム
1.基調講演
「第6次報告書をどう読み解くか」江守正多さん(国立環境研究所)
2.質疑応答
進行:小西雅子さん(WWFジャパン 専門ディレクター(環境・エネルギー))

▼ゲスト略歴
江守正多さん(国立環境研究所)
1970年神奈川県生まれ。東京大学教養学部卒業。
同大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。
1997年より国立環境研究所に勤務。地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長等を経て、2021年より地球システム領域副領域長。連携推進部社会対話・協働推進室長を兼務。2021年より東京大学総合文化研究科広域科学専攻客員教授。
専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル第5次、第6次評価報告書主執筆者

▼参加費:無料

▼お申込み:次のURLより、お申し込みフォームにご記入・送信ください。ご記入後に自動的にメールが送信されます。当日はメールに記載されている参加用URLからご参加ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_abXxO5cqSESl9svrzVI1rA
*Zoomウェビナー機能を利用します。必要に応じて、お手元のデバイスにZoomをインストールするなど、予めご準備をお願いいたします。

▼定員:300人(先着順。要事前申込)

▼お問合せ・申込み:Climate Action Network Japan(CAN-Japan)事務局
京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305 気候ネットワーク内
E-mail: secretariat@can-japan.org
Website: https://www.can-japan.org

▼主催:Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する120ヶ国以上の1300以上の団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、15団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。

▼CAN- Japanメンバー団体(15団体・順不同)
350.org Japan
自然エネルギー財団
レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部
環境エネルギー政策研究所(ISEP)
「環境・持続社会」 研究センター(JACSES)
地球環境市民会議 (CASA)
国際環境NGO FoE Japan
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
グリーンピース・ジャパン
WWFジャパン
気候ネットワーク
ピースボート
東アジア環境情報発伝所
世界連邦運動協会
Citizens’ Climate Lobby Japan (CCL Japan)

*CAN-Japanへの参加を希望される団体は次のウェブページをご覧下さい。
<https://www.can-japan.org/join-us>

本報告会は、2021年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。<https://www.erca.go.jp/jfge/>


以上

posted by だつげんぱつ at 18:14| 脱原発情報[情報]