2020年05月22日

「国際生物多様性の日」「六ヶ所村再処理工場パブコメ」








星川まり(東京・社会運動部)です。

 

 

(1)今日、5/22は国際生物多様性の日とのことです。

国連からのお知らせが良かったのでシェアしました。

 

このところ、ツイッターは毎日のようにオンライン・デモです。

本日の感じは、、

(種苗方はなんとか見送られたので・・)

 




そして、


 

生物多様性をことごとく破壊するものたちだと思います。

 

UNIC_Tokyo(国連広報センター東京)

@UNIC_Tokyo






 






今日は #国際生物多様性の日 豪州の山火事、最高気温の記録更新、ケニアのイナゴ襲来とともに、#COVID19 は自然が発するもうひとつの警告です。私たちの喫緊の課題はこのウイルスから人々を守り、感染拡大を防ぐことですが、長期的には、#気候変動#生物多様性 の喪失に取り組むことです。

 

パンデミックによって考えさせられる「もしかしたら」世界が静止している今、生物多様性を擁護する方法



世界を「一時停止」させることで、パンデミックは、課題と機会を十分に評価する一生に一度の機会を提供しているのです。


パンデミックは、私たちの社会、統治システム、経済の弱点を露呈し、自然界を破壊することがもたらす結果の残酷な実例をリアルタイムで示しています。


自然界との関係を再考し、経済や食料などの生産方法を根本的に変え、世界的な合意がこの課題の巨大さに見合ったものであることを確認する必要があることを、私たちにはっきりと思い出させてくれました。(抜粋)


 


(2)原子力規制委員会は、5月14日にパブコメ日本原燃株式会社再処理
事業所における再処理の事業の変更許可申請書に関する審査書(案)に
対する科学的・技術的意見」募集を開始した。
https://www.nsr.go.jp/procedure/public_comment/20200514_01.html
 何としても六ヶ所再処理事業を動かさせてはならない。抗議の声を
パブコメ意見として提出しよう。

原子力資料情報室より


六ヶ所再処理工場の「審査書案」承認は撤回し、国は核燃料サイクル政策を根本から見直すべきだ


https://cnic.jp/9100 


ウェブ連続講座 六ヶ所再処理工場 何が問題なのか


https://cnic.jp/9104


 





posted by だつげんぱつ at 15:26| 脱原発情報[情報]