2019年12月28日

お礼と報告 Re: 緊急署名「有機JAS」に「ゲノム編集」などの遺伝子操作を認めるな! 賛同 団体

星川まり(東京・社会運動部)です。

先日団体賛同を送った表題の件、お礼と報告が届きました。

<転送・添付文書2つは下記に保管>

院内学集会
https://drive.google.com/file/d/1XjbWcfcG2Ng7wvfhHDuiJXmRq89yY6Ue/view?usp=sharing
意見交換会報告
https://drive.google.com/file/d/18cojRQn9EQujpbWPACOvT5HfxVa272Rn/view?usp=sharing

署名のお礼とご報告   日本有機農業研究会(担当久保田)

緊急署名「有機JASとゲノム編集」へのご協力、ありがとうございました。
“すべてのゲノム編集など遺伝子操作技術を認めない”方向性が確定しました。

短期間にもかかわらず、94団体、個人2129名のご賛同をいただきました。
呼びかけ内容を要望書としてとりまとめ、12月5日の第2回目「有機JASの見直し検討会」(FAMIC )で提示し、
12月20日に農林水産省(基準認証 室長)に提出しました。
12月20日に、院内集会を開きました。その報告は、添付文書をご覧ください。

なお、一般食品の「表示」「届け出」義務づけなどの規制を引き続き要求していきましょう。今後ともよろしくおねがいいたします。
posted by だつげんぱつ at 21:06| 脱原発情報[情報]