2019年07月29日

<声明>  韓国は「敵」なのかーー声明への賛同を

星川まり(東京・社会運動部)です。

田中一郎さんの投稿にもありましたが、改めて。

日本政府が韓国に対する輸出規制をただちに撤回し、
韓国政府との間で、冷静な対話・議論を開始することを求める声明にご賛同を。

<詳細は https://peace3appeal.jimdo.com

(一部紹介)

 この声明は、昨今の日韓関係の悪化を憂慮する有志が執筆し、インターネットを通じて、
日本の市民に賛同を求めるものです。78名の呼びかけをもって発信します。呼びかけ人の
中には多少の意見の違いもありますが、基本的な部分で一致しています。
ご賛同いただける方は、下記の賛同フォームにてご署名ください。
団体名、海外からの賛同も構いません。
https://forms.gle/4Naxt9Aw4WfS1VK39
第一次の締め切りは、8月15日といたします。

<はじめに>
はじめに 
 私たちは、7月初め、日本政府が表明した、韓国に対する輸出規制に反対し、即時撤回を求めるものです。
半導体製造が韓国経済にとってもつ重要な意義を思えば、この措置が韓国経済に致命的な打撃をあたえかねない、
敵対的な行為であることは明らかです。
 日本政府の措置が出された当初は、昨年の「徴用工」判決とその後の韓国政府の対応に対する報復であると
受けとめられましたが、自由貿易の原則に反するとの批判が高まると、日本政府は安全保障上の信頼性が失わ
れたためにとられた措置であると説明しはじめました。これに対して文在寅大統領は7月15日に、「南北関
係の発展と朝鮮半島の平和のために力を尽くす韓国政府に対する重大な挑戦だ」とはげしく反論するにいたり
ました。
(つづく)
posted by だつげんぱつ at 18:28| 脱原発情報[情報]