2019年07月25日

「オリンピック、どう思う?」 避難者の声をききました

星川まり(東京・社会運動部)です。

FoE Japanの満田さんより。

<転送>

みなさま(重複失礼、拡散歓迎)

東京オリンピックまであと1年となりました。「復興五輪」とも呼ばれています
が、原発事故の避難者の方々はどのように感じているのでしょうか? これにつ
いて、海外のメディアから問い合わせがあり、福島から東京に避難している方々
の「声」を集めました。いろいろ考えさせられる内容であったため、ご本人たち
の了解を得られたものについて、FoE Japanのブログでも紹介させていただきま
す。以下からご覧ください。

「オリンピック、どう思う?」 避難者の声をききました
優先すべきことは何?
https://foejapan.wordpress.com/2019/07/24/olympic-voices-fukushima/

避難者の方からすると、「もっと優先すべきことがあるのではないか」というご
意見が多かったようです。福島県在住の方、近隣の方、避難された方のご意見を
今後集めていきたいと思います。

--
※東電・福島第一原発事故「見える化」プロジェクト ご寄付募集
復興やオリンピックの陰で、着々と福島原発事故の「見えない化」が進んでいます。
FoE Japan では、東京オリンピックの年である来年2020 年にあわせ、原発事故被害を「見える化」し、国際的に情報を発信していくプロジェクトを立ち上げます。このプロジェクトを実現するために、みなさまのご寄付を呼び掛けています。
目標額:300万円 期限:2019年7月末まで
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/190505.html
--
posted by だつげんぱつ at 12:10| 脱原発情報[情報]