2019年04月18日

「F35、1機分で何が?」志葉玲さん記事が大反響&NAJATシートの活用を!

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

「政府の給付型奨学金の予算は、2018年度で105億円とF35A1機分より少な
い。今年3月に打ち切られた、原発事故での自主避難者への福島県からの
住居支援の額が約80億円です。F35A1機分のお金があれば、90の認可型保
育所を新設できます。」

私のコメントも紹介された、志葉玲さんによるYAHOO!ニュースの記事が
"爆読み"されています。大きな反響を呼んだ結果、Newsweek日本版にも
転載されました。ぜひご一読ください。

 墜落したF35、1機分のお金で何ができたか
 ―「欠陥商品」147機6兆2000億円を爆買いの愚
 (YAHOO!ニュース、4月12日/志葉玲)
 https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190412-00122036/

 Newsweek日本版
 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/f35114762000.php

しかし、安倍政権はあくまでF35A・B戦闘機計147機の爆買いを強行する
構えです。

 F35A調達継続へ 墜落事故でも代替機なし 
 いずも搭載F35Bも初 防衛省来年度予算(4月18日、産経)
 https://www.sankei.com/politics/news/190418/plt1904180001-n1.html

世論を高めて、血税を「死の商人」に貢ぐことをやめさせましょう。その
ために、NAJATのアクションシートを引き続きご活用ください!

<関連>
F35墜落、原因究明を阻む「日米間のブラックボックス」の実態
(4月11日、現代ビジネス/半田滋)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64088

敵基地攻撃能力を保有へ(4月17日、東京/半田滋)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2019041702000163.html

事実上の軍隊へ…?自衛隊の「専守防衛」はもはや風前の灯火だ
今年から「敵基地攻撃」能力をもつ(2月5日、現代ビジネス/半田滋)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59616

------- ↓ ------- ↓ ------- ↓ -------

今まで広めてきたNAJATの新アクションシート(安倍首相あてハガキ付)。
A3両面・2つ折りカラーでわかりやすくインパクトのあるデザインになっ
ています。街頭でのスタンディングや署名活動で掲げてもよく目立ちます。
大好評で、現在も各地から注文が続いています。

大軍拡予算は成立してしまいましたが、世論を高めることで導入を止める
ことはまだまだ可能です。ぜひ、お知り合いに広めてください。また、集
会や勉強会、アクションなどの場で配布してください。62円切手を貼って、
安倍首相に抗議の声を届けてください。ぜひ、以下までご連絡ください!

【注文先】 ※お名前と郵送先、枚数、電話番号をお知らせください。
メール anti.arms.export@gmail.com
電話 090-6185-4407(杉原) 
(1枚10円、送料無料)

武器取引反対アクションシート8.0 (2019年2月17日発行)
https://kosugihara.exblog.jp/239138258/

※このアクションシートは、1枚10円でご希望の部数をお送りします。
ぜひ、身近な人たちに広めてください。(送料無料)

<ダウンロードはこちらから>
http://chechennews.org/sharedoc/actionsheet_8_0.pdf

 -------<表面>-------

◆F35戦闘機147機で6.2兆円の無駄遣い!

F35戦闘機1機分のお金(116億円)で、認可保育所を90か所作れて、8100
人の子どもが保育を受けられます。6機分のお金で、日本中の待機児童が
保育園に入れます。

※政府が計147機もの購入を検討しているF35戦闘機。1機あたりの価格は
116億円だが、導入後30年間にかかる維持費は1機あたり307億円にのぼり、
その総額は6兆2000億円を超える。すでにさまざまな欠陥がみつかってお
り、2018年に米国会計監査院は966件の技術的問題が見つかったと指摘し
ている。日本に納入された機体も、搭載機器のソフトウェアの不備により、
任務に就けない状態が続いていた。ロッキード・マーチン社製。

◆イージス・アショア2基、6000億円

政府は70歳〜74歳の医療費患者負担を引き上げ、4千億円を削減しました
が、イージス・アショアを買わなければ、お年寄りが安心して病院に行き、
診療を受けてもおつりが返ってきます。

※安倍政権が導入を閣議決定した地上配備型迎撃ミサイルシステム。射程
は2千Km、迎撃高度は1千km。価格は1基約3千億円に上り、付随するSM3
ミサイルも1発36億円もの高価格だが迎撃実験は失敗続き。ロッキード・
マーチン社製。

◆E2D早期警戒機9機、3480億円

政府は2016年度に診療報酬を減額し、医療費を1700億円も削減してしまい
ました。E2Dを買わなければ、診療報酬を増やすことさえ可能です。戦争
の準備より、医療の建て直しの方が先決です。

※E2D「アドバンスド・ホークアイ」早期警戒機。アクティブ電子走査ア
レイ(AESA)式を採用し、同時に多くの目標を探知・追尾できる。空母に
搭載することも可能。イージス艦が搭載するSM6ミサイルの誘導も可能。
ノースロップ・グラマン社製。

【武器取引反対ネットワーク(NAJAT)】
〒162-0822
東京都新宿区下宮比町 3-12 明成ビル 302 3・11市民プラザ気付
電話 090-6185-4407(杉原)
メール anti.arms.export@gmail.com 
ツイッター @AntiArmsNAJAT
Facebook ページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/ 
ブログ https://najat2016.wordpress.com
posted by だつげんぱつ at 22:28| 脱原発情報[情報]