2018年09月14日

9月22日に学術会議が軍事研究をめぐる学術フォーラム

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

防衛装備庁は8月31日、自衛隊の武器に応用できる大学などの最先端研究
を公募して資金助成する「安全保障技術研究推進制度」の今年度分の配分
先20件を発表しました。応募総数は73件で、昨年度の104件から減少。と
りわけ大学からの応募は12件(9校)と、昨年度の22件(16校)からほぼ
半減しました。

配分先の内訳は、公的研究機関7件、企業や団体10件、大学3件(大分大、
岡山大、桐蔭横浜大)。加えて、採択された企業等の研究に協力する分担
先として、配分先以外の3校が選ばれました(分担先の大学名については
公表せず)。

防衛装備庁 研究助成に6大学 応募数は半減(8月31日、毎日)
https://mainichi.jp/articles/20180901/k00/00m/040/170000c

軍学共同反対連絡会は、日本学術会議声明を蔑ろにして応募・採択された
大分大、岡山大、桐蔭横浜大の3大学に加えて、公的研究機関である海洋
研究開発機構、理化学研究所、宇宙航空研究開発機構、物質材料研究機構
に対しても強い抗議の意思を表明しています。さっそく、抗議の申し入れ
などを準備中です。採択状況の詳細は、以下の最新ニュースレター冒頭の
「採択速報」をご覧ください。
※3大学の地元の皆さん、ぜひ働きかけをお願いします。

軍学共同反対連絡会ニュースレター25号(9月5日)
http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2018/09/a0a47218d8709e4fe1f462f3a8df03e3.pdf

これに関連して、9月22日午後、日本学術会議が「軍事的安全保障研究を
めぐる現状と課題」と題する学術フォーラムを開きます。以下のアンケー
ト結果を踏まえたものですが、軍事研究をめぐる最新の状況と論点が浮き
彫りになると思います。ぜひ、事前申し込みのうえでご参加ください。

日本学術会議「軍事的安全保障研究に関する声明」についての
アンケート第一次集計結果報告
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kagaku/24/results_2018_1st.pdf

◆なお、12時30分から、軍学共同反対連絡会の呼びかけで学術会議入口にて
スタンディング・チラシ配布を行います。こちらにも、ぜひご参加ください。

--------------------------------

日本学術会議主催 学術フォーラム
「軍事的安全保障研究をめぐる現状と課題
 ―日本学術会議アンケート結果をふまえて」
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/261-s-0922.pdf

【申し込みはこちらから】
https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0067.html

日時:9月22日(土) 13時〜17時(12時30分受付開始)
場所:日本学術会議講堂(定員300人)
(東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5番出口)
地図 http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html
主催:日本学術会議

<13:05〜14:25 挨拶・報告>
趣旨説明:三成美保(日本学術会議副会長)
会長挨拶:山極壽一(日本学術会議会長)
軍事的安全保障研究に関する声明について:杉田敦(検討委員会委員長)
アンケートの分析結果から:佐藤岩夫(日本学術会議第一部長)

<14:25〜15:10 取り組みの紹介>
琉球大学:西田睦
関西大学:吉田宗弘
日本天文学会:柴田一成、土井守

<15:20〜16:55 パネルディスカッション>
杉田敦(検討委員会委員長、法政大学教授)
渡辺芳人(名古屋大学教授)
杉山滋郎(北海道大学名誉教授)
千葉紀和(毎日新聞記者)
posted by だつげんぱつ at 00:40| 脱原発情報[情報]