2018年08月22日

【大拡散希望】8/29 イスラエル軍事見本市をやめろ!大抗議行動へ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

8月16日、約40人で川崎市役所を訪れ、イスラエル軍事見本市へのとどろ
きアリーナの利用許可取り消しを求める署名(ネット4021+紙610=4631
筆)を提出。中東研究者・ジャーナリストの緊急声明(呼びかけ人11人、
賛同者66人)も、早尾貴紀さんと高橋宗瑠さんにより提出され、共同記
者会見も行いました。署名へのご協力、ありがとうございました。テレ
ビカメラも含めて、メディアの取材も増え、翌日には以下の通り掲載さ
れました(17日には神奈川県平和運動センターも申し入れ)。

対テロ展「使用許可取り消しを」 市民団体、川崎市に署名提出
(8月17日、神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/article/354048

イスラエル企業の対テロ見本市に反対 川崎市民グループ、市に署名提出
(8月17日、東京新聞川崎版)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201808/CK2018081702000164.html

対テロ装備展は中止を 平和運動センターが川崎市に要請
(8月18日、神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/article/354319

16日、中原区地域振興課から展示資料が届きました。イスラエル、エスト
ニア、イギリス、カナダ、イタリア、日本の6カ国、46社が出展予定であ
ることに加えて、監視カメラ、高性能ドローン、車両ストッパー、サイバ
ーセキュリティシステムなどの展示内容の項目が並んでいます。ただ、肝
心の出展企業名は伏せられ、その後請求しても開示されないままです(福
田川崎市長も、私たちの度重なる説明会の要求に対して無視したままです)。

しかし、ISDEF Japanのフェイスブックやツイッターの情報などから、出
展企業の一部や登壇者(日本からは大野功統・元防衛庁長官、相田伸彦・
ソフトバンクセキュリティ事業推進部長も)などが明らかになってきまし
た。それらは、予想通り、パレスチナ人を実験台にして開発されてきたこ
とを露骨に示すものとなっています。以下のBDS Japan準備会のブログに
分かりやすくまとめられていますので、ぜひご一読ください。

【重要!】 <拡散希望>
イスラエル軍事エキスポISDEF Japan:
広がる反対の声と隠される参加企業情報
http://u0u1.net/LzAB

こちらの「BDS Japan 準備会」のツイッターも参考になります。
https://twitter.com/BDSjapan

私たち「反対する会」は最後まで利用許可取り消しを実現する努力を続け
ますが、開催が強行される恐れは極めて高い状況です。こうした中、開催
される場合には、初日29日の開会式にぶつける形で、とどろきアリーナそ
ばで大抗議行動を行います。日本の市民社会の声を世界に発信したいと思
います。ここはぜひ、休みをとってでも、駆けつけてください!!!

情報の大拡散と福田川崎市長などへの働きかけもよろしくお願いします。

-----------------------------

★イスラエル軍事見本市をやめろ!大抗議行動

 絶え間なく紛争と戦争が続く中東。その中心であるイスラエルが、監視
機器などの防衛・安全保障装備の売り込みに川崎市へやってきます。8月
29日から30日にかけて、川崎市のとどろきアリーナで「ISDEF JAPAN」
(イスラエル防衛&国土安全保障エキスポ)なる軍事見本市の開催が予定
されていることをご存知でしょうか。
 川崎市は、「多文化共生」を掲げ、「核兵器廃絶平和都市」を宣言して
います。また、とどろきアリーナは、スポーツ・文化活動の拠点です。お
よそ、このような展示と売り込みにはふさわしくない場所です。しかも、
この見本市は、東京オリンピックを前に、「実績のあるテロ対策装備」の
商談の場を設けようというものです。決して、黙って見過ごすことはでき
ません。
 そこで私たちは、この軍事見本市に抗議するため、開催初日に会場の目
の前で大きな抗議行動を行います。プラカードの持込も歓迎します。ぜひ
ご参加ください。

チラシはこちらから
http://chechennews.org/sharedoc/20180829_isdef_bira_s.pdf

★8月29日(水)
<11時15分集合>
11時30分〜13時30分
会場:とどろきアリーナ入り口前 レンガ広場
http://todoroki-arena.com/access.html

武蔵小杉駅 北口からバスで約7分
【川崎市バス 1番乗り場より】
[杉40]市民ミュージアム行き/[杉40]中原駅行き/
[溝05]溝口駅行き「とどろきアリーナ前」下車
【東急バス 2番乗り場より】
溝口駅前行き(宮内経由)「市営等々力グランド入口」下車徒歩5分
【東急バス】
市民ミュージアム行き「とどろきアリーナ前」下車

溝の口駅・武蔵溝ノ口駅 ノクティ側バスターミナルからバスで約20分
【川崎市バス3番乗り場より】
[溝05]小杉駅前行き「とどろきアリーナ前」下車
【東急バス5番乗り場より】
[溝02]小杉駅前行き「市営等々力グランド入口」下車徒歩5分

★2日目の8月30日(木)午前11時〜12時にも
同じく とどろきアリーナ入り口前 レンガ広場にて
抗議のスタンディングアピールを行います。こちらにもご参加ください!

主催 川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
メール: anti_isdef@freeml.com
電話:090-6185-4407(杉原)

-------------- 以下、チラシより ---------------

◆福田川崎市長、記者会見で断言!
<(軍事見本市への会場貸し出しは)“まったく問題ありません”>
……原則、こういった施設は申請があればルールに反しない限り貸し出し
する。(条例で禁止されている)危険物の持ち込みはないと確認したので、
貸し出すのは当然。
(条例の)どこに抵触するんですか。まったく問題ありません。
核兵器廃絶都市宣言とこの話は、何の関係があるんでしょうか。このイベ
ントが平和都市の何に反するのでしょうか。
(疑問の声に対して)しっかり説明させていただきたいと思います。
〜8月2日の定例記者会見要旨〜

◆なにが問題なの?
――川崎・とどろきアリーナでの軍事見本市開催を考える

【戦争国家=イスラエル】
 イスラエルは、ヨーロッパで「ユダヤ人」として差別・排除された人び
とがパレスチナに移民し、先住民を追い出してつくった新しい移民国家で
す。移民たちは、第二次世界大戦後、パレスチナの3分の2に「イスラエル」
を建国し、戦争に次ぐ戦争によって、1967年にはパレスチナ全土を支配下
に置きました。今年3月末に始まった、故郷を追われたパレスチナ人の
「帰還権」を求める非武装の大デモにも、イスラエルは銃撃で応え、160
人以上を殺し、1万6000人を超える老若男女に重軽傷を負わせています。

【川崎市の国際約束にも違反】
 イスラエルによるパレスチナ民衆への弾圧は、重大な人権侵害として国
際的に非難されています。今回の軍事見本市で紹介される技術は、まさに
このような人権侵害の手段として開発されてきました。
 川崎市は人権施策推進基本計画「人権かわさきイニシアチブ」で、「国
際的な視点に立った人権意識の形成」「あらゆる施策への人権尊重の視点
の反映」を基本理念としています。また、持続可能な成長のための枠組み
「国連グローバル・コンパクト」に日本の自治体として唯一参加し、「人
権擁護の支持・尊重」「人権侵害への不加担」を約束しています。
 人権侵害技術の見本市に公共施設を貸し出すことは、川崎市が自らの誓
約を破ることにほかなりません。

【武器輸出入とセキュリティビジネス】
 2014年4月の安倍政権による「武器輸出三原則」の撤廃を契機に、日本
とイスラエルの軍事・経済協力が加速。同年6月、パリでの国際武器見本
市で防衛官僚の掘地徹氏がイスラエルとの無人機共同開発の意志を表明。
結果的に頓挫したものの、2016年には無人偵察機の共同研究構想が発覚し
ました。また、東京オリンピックを商機と狙うサイバーセキュリティ企業
の日本進出も進んでいます。今回、川崎で開催されるISDEFはこうした動
きの到達点であり、日本社会のいっそうの軍事化につながるものです。
 なお、1980年代にニカラグアの反政府傭兵軍コントラなどの訓練に当た
った悪名高いイスラエルのセキュリティ企業ISDS社や、現在もパレスチナ
民衆弾圧用の装備を製造しているSenstar社も、今回の軍事見本市に出展
することがわかっています。

【オリンピックと監視社会】
 オリンピックは平和の皮をかぶった「排除の祭典」です。単なるスポー
ツ大会を国家規模の華々しい祝祭に創り上げるため、不都合な現実は覆い
隠され、邪魔者は追い払われます。警察や軍隊が巨大資本による商業主義
的なオリンピックを守り、人権蹂躙も厭いません。日本でも、テロ対策と
称して特定秘密保護法、共謀罪、迷惑防止条例改悪などが次々に強行され、
防犯カメラや生体認証システムでスマートに個人情報を集積、マイナンバ
ーで管理し、インターネットもこっそり監視。東京オリンピックはすでに
セキュリティ技術の見本市と化しています。そう、オリンピックにとって、
「テロリスト」とは開催地に暮らす私たちなのです。

◆要請先 あなたの意見を伝えてください!
 この軍事見本市の開催が、とどろきアリーナ条例第1条にある「生涯ス
ポーツの振興及び市民文化の向上をはかる」という目的に反することは明
らかであり、また、川崎市が結んだ国際的な約束である「国連グローバル
・コンパクト」にも反しています。利用許可を出した川崎市長と指定管理
者に対して、ぜひあなたの意見を伝えてください。

〈福田紀彦川崎市長〉 
電話:044−200−3939(サンキューコールかわさき)
FAX:044−200−3900
メールフォーム: https://tinyurl.com/ycj99aks

〈川崎市とどろきアリーナ・指定管理者〉
(株)川崎フロンターレ(ご意見) http://www.frontale.co.jp/contact_us/
(株)コナミスポーツクラブ(ご意見・ご要望)電話:0120-573-194
(株)東急コミュニティー(お客様センター)電話:0120-011-109
(公財)川崎市スポーツ協会 電話:044-739-8844 FAX:044-739-8848


【呼びかけ】川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
メール: anti_isdef@freeml.com
ツイッター: https://twitter.com/2018_anti_isdef ※フォローしてください!
電話:090-6185-4407(杉原)

〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
かながわ県民活動サポートセンター9階 レターケース9番 
共同行動のためのかながわアクション気付

武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) 
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302
3.11市民プラザ気付
posted by だつげんぱつ at 23:18| 脱原発情報[情報]