2018年07月23日

「対テロ展示 市民反発」?7/23 神奈川新聞に記事掲載!

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

「対テロ展示 市民反発 イスラエル企業 来月開催 川崎市など許可」
「公共施設提供を疑問視 公然化、軍需企業の見本市」

 本日7月23日の神奈川新聞朝刊の社会面(18面)に、「ISDEF JAPAN」
=イスラエル軍事エキスポに関する記事が掲載されました。石橋学記者
による丁寧な取材に基づくタイムリーな記事です。NAJATの呼びかけで
結成された「川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会」の見解や
私のコメントも載っています。

「テロ・サイバー攻撃対策の装備であっても殺傷・抑圧を目的とする軍
事システムの一角をなすもの。青少年や地域住民が利用するスポーツ施
設での展示は極めて異常」

「日常の風景に『武器』が溶け込んでいけば、戦争につながるものを遠
ざけるという戦後日本が維持してきた『非戦』の力がそがれていく」

「命と引き替えに開発、製造されてきた血なまぐさい『武器』が五輪を
口実に堂々と展示される。それが今回の展示会の本質。とりわけ川崎市
がなぜ、との思いが強い」

「イスラエルは戦争犯罪を繰り返し、核武装国でもある。スポーツ振興
と文化向上というアリーナの設置目的はもちろん、あらゆる市の理念に
反している。このまま許可されればあしき前例となり、後世に禍根を残
す」

こちらはウェブ版。冒頭に市民による申し入れの写真も。拡散してください。
http://www.kanaloco.jp/article/347906

 「反対する会」が、さる7月17日に中原区地域振興課と「とどろきア
リーナ」の指定管理者に提出した公開質問状の回答期限は、本日23日の
17時。紙面は、「(狭義の)武器は展示されないから問題ない」という
予想される回答を、前もってしっかりと批判する内容になっています。
担当者は、この記事を熟読したうえで、誠意ある回答をしてほしいと思い
ます。

公開質問状はこちらから
http://kosugihara.exblog.jp/238660741/

 市民の取り組みに寄り添い、問題点をクリアーに発信してくれる地元
紙の存在は何物にも代えがたいと思います。ぜひ、買って応援を。もち
ろん、他紙やテレビメディアなどにも、きちんと取り上げてほしいです。

 あり得ない利用許可の取り消しを求めて、さらに取り組みを強めていき
ます。

-----------------------------

★本日、第2回相談会です!
7月23日(月) 18時30分〜21時
高津市民館 第1会議室
※JR武蔵溝ノ口駅北口または東急溝の口駅東口から徒歩2分。
駅とペデストリアンデッキで直結しているノクティ2の11階。
http://www.city.kawasaki.jp/takatsu/category/111-11-1-8-0-0-0-0-0-0.html
(ご関心のある方はどなたでも参加できます)
<主催> 川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会

-----------------------------

★本当にやるの? 川崎で
 イスラエル軍事エキスポを考えるシンポジウム
 〜パレスチナ・武器輸出入・監視社会・オリンピック〜

日時:8月3日(金) 18時30分〜21時
会場:てくのかわさき てくのホール
(JR南武線「武蔵溝ノ口駅」北口、東急田園都市線「溝の口駅」徒歩5分)
※ペデストリアンデッキをマルイの前で降りて、右手に進むとドトール
コーヒーがあります。その角を左折し、直進してください。
https://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/tekuno-access.html
資料代:500円
<パネラー>
「戦争国家=イスラエル」 
  奈良本英佑(法政大学名誉教授)
「武器輸出入とセキュリティビジネス」 
  杉原浩司 (武器輸出反対ネットワーク〈NAJAT〉代表)
「オリンピックが呼び込む軍事体制」 
  首藤久美子(反五輪の会)
<主催> 川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会
メール:anti_isdef@freeml.com
ツイッター: https://twitter.com/2018_anti_isdef
電話:090-6185-4407(杉原)

チラシはこちらから
http://chechennews.org/sharedoc/20180803_isdef_bira_n_web.pdf
※裏面に問題点や要請先を記載。ぜひ、ご活用ください!
posted by だつげんぱつ at 10:34| 脱原発情報[情報]