2018年05月25日

TPP11の批准をしないで!行動提起

星川まり(東京・社会運動部)です。

TPP11の強行採決、しかし諦めない提案をしているサイトがあります。
今しがた読みましたが、最後まで抵抗を示し止める手立てを考える、
誠実に日本の伝統食を守ってきたマクロビオティックからの、
しっかりした論拠に立った行動提起だと感じます。
読んでみてください。

http://macrobiotic-daisuki.jp/tpp-3-120570.html

<抜粋>
お願い。皆さま、どうか声をあげて下さい!


ではどうすればいいのか。
坂の上零から下記をお願いしたいと思います。

地元の市、県、地元の自民党と公明党の議員の事務所にファックスとお電話、メールの3つを入れてくださいまして、
「TPPを批准しないてください! 我々の生存権を危険にさらさないでください!」と陳情を出してくださいませんか?
また、永田町の自民党本部、首相官邸、内閣府にもファックス、お電話をして同じように陳情を3点セットで出してくださるようお願いいたします。

まだもう少し時間があります。

TPP11は、悲しいことに5月18日に強行採決されてしまいましたが、それを施行するためには、
国内法の関連法案10法案ほどを国会で通さねばならず、これらはすべて、2018年6月に起こるのです。

国内法の整備も、TPP批准とならんで、一切内容を知らせないまま、議論も何もないままやってしまうプラン。
これは、国家反逆に匹敵する重大なファシズム売国政治であり、国民が無関心で、いまのまま黙っていたら、強行されてしまうのです。

あなたの行動に、あなたの明日がかかっています。

どうか、黙っていないで、あなた自身の生存権を放棄しないためにも、行動してください。
posted by だつげんぱつ at 20:57| 脱原発情報[情報]