2018年04月07日

「核電一基削減市民委員会」

星川まり(東京・社会運動部)です。

ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパンのとーちさんから、
韓国の旅の報告がアップしたとのことでお知らせです。

読み始めるとすぐに、緑の党のイ・ユジンさんが登場しました。

全文こちらからどうぞご覧ください。

脱核への舵を握った韓国の人びと後編 とーち
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1062

<抜粋>
ソウル市の取り組みと緑の党

夕方、緑の党のイ・ユジンさんの話を聞いた。特にソウル市の取り組みが興味深い。日本での3.11の東電事故や、同年9月に韓国全域で発生した大規模な停電に触発され、大都市ソウルの役割として、使用電力の削減を目指して「核電一基削減市民委員会」が2012年に設立された。
太陽光パネルの設置などの生産、省電力の機器を使うことによる効率化、そして節約を組み合わせて核電1基分の電力削減を行おうというものだ。

(続く)
posted by だつげんぱつ at 16:12| 脱原発情報[情報]