2016年11月30日

12/2安保法制違憲訴訟と自主避難者の住宅保障問題

星川まり(東京/社会運動部)です。

お知らせとお願いです。

1)

安保法制違憲訴訟国賠訴訟第2回期日&報告集会
http://anpoiken.jp
会員も原告になってたたかっています、ご注目ください!

2)

ご存知のように原発災禍から逃れた自主避難者の住宅支援が来年3月で打ち切られるとのことです。

東電と国が推進した原発政策の結果、福島第一原発事故が起き、
この問題は、その被害を受けた人たちの暮らしと健康を守る責任を問われているにもかかわらず、
福島の放射線量はもう避難する必要のない安全なレベルまで低下したという理由で起きました。
しかし実際には放射線管理区域に匹敵、それ以上の汚染がまだ広範に広がっており、
地震も多発しているところへ戻りたくないと考えている避難者が大勢います。
除染は「移染」に過ぎず、一時の効果もすぐに戻り、安全の基準そのものにも問題があり続けています。

一方的な打ち切り宣告、東京では暴力的な追い出し攻勢が問題になっていますが、
被災者の方達はプライバシーもあり、なかなか表に立って実情を語り得ません。
そこにつけ込むような圧政は許されません。
緑の党はこの問題に取り組みたいと考えました。
地域で自主避難者のお話を聞く会などを通して、理解を深め、被災者の皆さんに寄り添い、
共に生きられる社会を求めて活動を展開したい思います。
その一回目を高円寺で12月20日に行ないます。

どうぞみなさん、地域でこの問題を共有し、アピールしてください。
お話を聞く会などのイベント計画を立てて、周知をお願いします。

<参照>
https://youtu.be/nbOGVECIw6s?list=PLZTrYt7iArOtAZF-cKlyWgeRdI7DngGNW
【山本太郎事務所編集】 2016.11.18 復興特
「加害者の都合のいいように一方的に線引きするようなやり方が許されるんだったら、この世は地獄ですよ」

http://www.kahoku.co.jp/special/spe1090/20161129_04.html
自主避難者へ市営住宅提供 山形県米沢市
山形県、米沢市、北海道、札幌市に続けて関東でも頑張っていこう(瀬戸大作さんFB)

http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-85.html
【自主避難者から住まいを奪うな】「直訴します!」。避難者の直撃を無視した内堀知事、
県庁職員が身体を張ってガード。改めて打ち切り撤回も面会も拒否 (民の声新聞)

http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2016/11/5-6e64.html
事故から5年半―帰還困難区域の深刻な汚染状況

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112602000119.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112902000134.html?ref=rank
スベトラーナ・アレクシエービッチさん
posted by だつげんぱつ at 21:15| 脱原発情報[情報]