2016年10月27日

パリで結ばれた約束「新たな化石燃料プロジェクトの凍結を」賛同署名( 350.org)

星川まり(東京/社会運動部)です。

[速報]
TPP衆院通過は来週以降に=特別委、28日の採決見送り
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102700723&g=pol



緑の党グリーンズジャパンが賛同団体に加わっている350.orgの古野さんから、
メールを転送します。

<転送>


サポーターの皆様、

こんにちは、350日本チームの古野です。昨年12月、世界196カ国が地球温暖化対策の新たな国際的枠組みへの交渉を重ねた末に合意した「パリ協定」は、11月4日に発行します。そのわずか3日後には、モロッコのマラケシュで次の国連気候変動会議(国連用語で「COP22」)が開催されます。日本は国内での批准への準備が整わず、その会議には締約国としてではなく残念ながら「オブザーバー」としての参加になってしまいました。

国内のニュースではあまり報道されませんが、パリ協定の発効は脱炭素化つまり「温室効果ガス排出ゼロ」の自然エネルギー社会への速やかな移行を意味します。ここで、パリ協定が合意された国際会議の場にいた、350フランスチームのニコラスさんからのCOP22に向けての皆様へのお願いをご紹介したいと思います。ぜひご一読ください。

--------------------------------------------------------------------------

皆様、

パリ協定が採択された日、私はパリにいました。街頭に集結した1万5千人もの人々とともに、クライメート・ジャスティス(公正な気候政策)を追求し続けていくことを誓い合いました。
その誓いを果たすためにすべきことのひとつとして、モロッコにも行きます。
パリからモロッコまでの出来事を見ていると、希望を見いだすこともあれば、一方で不安に思うこともあります。
[1]パリ協定の署名国政府には、新たな化石燃料プロジェクトを直ちに停止することで、その誓いを実行に移してもらいたいと思います。

パリ協定が、他のどの協定よりも短期間で発効されたことで、気候変動対策に向けた政治的機運はますます高まっています。
再生可能エネルギーは、抑えがたいほどの勢いで増加の一途をたどり、すでに600もの投資家たちが石炭・石油・天然ガスから投資撤退しています。

パートナー団体のオイル・チェンジ・インターナショナルによると、事実はこうです。
現在、あまりにも大量の原油と天然ガスが生産されているため、このままのペースだと1.5℃の気温上昇は避けられません。
ここに、すでに採掘された石炭を加えると、気温上昇は2度を超えます。
にもかかわらず、化石燃料産業は、もっともっと採掘しようとしているのです。

この2つの気温は、各国代表がパリで「越えてはならない」と定めた一線です。
新たな油田・ガス田を発見するための試掘井が行われるたびに、そして新たな採掘事業が認められるたびに、署名したはずのパリ協定に矛盾する、無責任な行為が行われていることになります。

マラケシュ会議の出席国代表に、私たちが訴えること。それは、
化石燃料設備の新設を全て中止すること。
そして、世界中の人々を勇気づけることができる、再生可能エネルギー100%への移行に向けた投融資です。
[2]あなたも、これらが優先課題だと思われたなら、ぜひ一緒に、モロッコ会議参加国代表に提出する請願書に、ご署名ください。

化石燃料企業と、それを支える投資家たちは、世界を危機的状況へと追いやってきました。
再エネへの移行は、今始めないといけません。しかも、これは不可能なことではないのです。昨年新設された発電所の9割が再エネ関連でした。でも、だからといって、簡単なわけではありません。
各国政府は、化石燃料産業の労働者へのサポートなど、同産業の衰退を適切に管理し、再エネ産業が社会全体の利益となるようにしないといけません。気候変動による影響がもっとも深刻な地域では、特にその点への配慮が必要です。

パリ協定の未来は、私たち市民の行動にかかっています。
パリ協定を、影響力のない口約束にしてしまってはなりません。
これからも、化石燃料産業の運営を停止させるため、また未来を変える力を取り戻すため、市民による気候ムーブメントをつくり続けていきます。
去年の冬、各国代表がパリ協定を採択する中でパリの街頭で私たちはこう誓いました。
暮らしやすく公正な未来のために、「越えてはならない一線」を何としても越えぬよう、必要とされるなら、いつでも、どこでもアクションを起こしていきます。

2016年、私たちはこの約束を守りました。
これからも、何としても守り続けていかないといけません。
パリ協定に署名した各国代表も、そうすべきです。そして、私たちと一緒に、[3]化石燃料設備の新設中止に取り組んでいくべきなのです。

ニコラス



References

Visible links
1. http://act.350.org/go/12648?t=1001&akid=17491.756630.4ousj9
2. http://act.350.org/go/12648?t=1002&akid=17491.756630.4ousj9
3. http://act.350.org/go/12648?t=1003&akid=17491.756630.4ousj9


------------------------------------------------------

- こちらからFacebookに参加してください: http://www.facebook.com/350japan

- こちらからTwitterに参加してください: https://twitter.com/350_Japan

- こちらから登録して、最新情報 (友人がこのメールを送信したかもしれません) をご覧ください: http://act.350.org/signup/signup_japanese/?akid=17491.756630.4ousj9

- こちらからオンライン寄付ができます: https://act.350.org/donate/build/?akid=17491.756630.4ousj9

- こちらから連絡先を変更できます: https://act.350.org/login/?next=/me/update/&akid=17491.756630.4ousj9

- このメールの言語を変更したい場合は、こちらをクリックしてください: http://act.350.org/signup/language_english/?akid=17491.756630.4ousj9

こちらをクリックすると購読を停止できます: http://act.350.org/cms/unsubscribe/unsubscribe/?akid=17491.756630.4ousj9
posted by だつげんぱつ at 19:37| 脱原発情報[情報]