2022年10月31日

脱炭素地域づくり連続ウェビナー〜気候変動政策を市民目線で視る〜【第4回】「気候市民会議」(2022年11月28日)

星川まり(東京・社会運動部)です。


共有します。


重複ご容赦


 


<転送>


 


気候ネットワーク主催の脱炭素地域づくり連続ウェビナー第4回についてのご案内です。
ぜひ、お申込みのうえご参加ください。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
【オンラインセミナー】
脱炭素地域づくり連続ウェビナー
〜気候変動政策を市民目線で視る〜
【第4回】「気候市民会議」
<https://www.kikonet.org/event/2022-11-28>

2022年11月28日
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

第4回は「気候市民会議」に焦点をあてます。2019年頃から欧州などで広がっている気候市民会議は、無作為抽出によって選ばれた市民が気候変動対策について話し合う会議であり、国内においても実施事例が増えており注目が集まっています。
本セミナーでは全国に先駆けて開催した「気候市民会議さっぽろ2020」や欧州の状況をご講演いただき、自治体での検討事例や学生気候会議も交えることで、気候変動対策を市民目線で提言できる気候市民会議の可能性を議論します。

▼日時
2022年11月28日(月)18:30〜20:00

▼開催形式
Zoomウェビナー

▼プログラム
■講演「気候市民会議の最新動向(仮)」
三上直之さん(北海道大学)

■講演「杉並区が目指す対話(仮)」
岸本聡子さん(杉並区長)

■講演「龍谷大学学生気候会議(仮)」
斎藤文彦さん(龍谷大学)

■質疑応答
※プログラムは予定ですので、予告なく変更する可能性があります。

▼参加費
無料

▼対象
地域の脱炭素化に取り組んでいる・進めたい方、支援を行いたい方、自治体職員の方など、ご関心のある方ならどなたでも

▼申込方法
お申込みフォームにご記入ください。ご記入後に自動的にメールが送信されます。当日はメールに記載されている参加用URLからご参加ください。
<
https://us02web.zoom.us/webinar/register/7416669266197/WN_dRLAUxEuTG-XrIjNn6xWOw
>
※お知らせいただいた個人情報は、本事業に係る事業連絡以外の目的で使用することはありません。

▼主催
気候ネットワーク

※このセミナーは、2022年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

--
--
======================================
気候ネットワーク 京都事務所
京都市中京区帯屋町574番地 高倉ビル305
TEL 075-254-1011 FAX 075-254-1012
kyoto@kikonet.org http://www.kikonet.org

posted by だつげんぱつ at 14:05| 脱原発情報[情報]

2022年10月28日

【アーカイブ動画】大軍拡と東アジアの平和?「安保3文書」改定を止めるために

【アーカイブ動画】大軍拡と東アジアの平和〜「安保3文書」改定を止めるために
https://kosugihara.exblog.jp/241638713/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

「国家安全保障戦略」等の安保3文書の閣議決定まで1ヶ月半に迫った中、まだ
まだ弱い反対の声を強めることに役立てばと企画した10月26日の「レイバーネ
ットTV」。反省点もありますが、この時期にきちんと発信できたのは良かった
です。

アーカイブの視聴もまずまず好調な滑り出しとなっています。特集部分は1時
間10分で全体で約80分。お時間を作っていただき、ぜひご視聴ください。そし
て、より多くの皆さんに広めていただけると嬉しいです。

以下のように、次々とタガの外れた動きが明らかになっています。急いで
「大軍拡反対」の声を形にしていきましょう!

政府、米「トマホーク」購入検討 反撃能力の保有念頭(10月28日、産経)
https://sankei.com/article/20221027-ILPLZY26WZMABK72QLRMFTJ23Y/

米巡航ミサイル「トマホーク」購入、日本政府が詰めの交渉…抑止力強化に不可欠と判断
(10月28日、読売)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f62610e9fa2009f88112d01e9271a401e78b107

------------------------------

【アーカイブをぜひご覧下さい!】

<レイバーネットTV 第174号(10月26日放送分)>
大軍拡と東アジアの平和〜「安保3文書」改定を止めるために

「琉球弧の軍事化は今」
石井信久(島じまスタンディング)

「二つの改憲路線」
清末愛砂(室蘭工業大学大学院教授/憲法学)

「日本版"軍産学複合体"への分岐点」
杉原浩司(NAJAT代表)

<司会>
比良恵子(NAJAT)

◆アーカイブはこちら↓
https://youtu.be/1_CIAacqi_A

------------------------------

この週末、久しぶりに北海道で、「ウクライナ侵略で試される平和主義〜大軍
拡を止めるために」と題して講演します。お近くの方はぜひ!

◆10月29日(土)14時〜16時
小樽経済センター4Fホール
無料
主催:小樽ピースアクション実行委員会

◆10月30日(日)13時30分〜15時30分
札幌市教育文化会館
資料代 500円
主催:護憲ネットワーク北海道
posted by だつげんぱつ at 22:59| 脱原発情報[情報]

【署名締切まで2日!】世界最長のパイプライン計画による被害をなくしたい!

星川まり(東京・社会運動部)です。


ご参加ください。


署名は https://350jp.org


アクション「STOP! EACOP」からお願いします。


 


<転送>


【署名締切まで2日!】世界最長のパイプライン計画による被害をなくしたい!


 


 


「環境破壊を引き起こす世界最長のパイプライン計画」を止めるよう求めるオンライン署名も、残すところ2日。


 


今週は、StopEACOP連帯ウィークです。


「東アフリカ原油パイプライン(EACOP:イーコップ)」計画に抗議する地元アフリカの市民との結束を示す1週間です。


26日、日本でも、三井住友銀行と三菱UFJ銀行の本店前にて、EACOP計画への支援中止を求めるアクションを行いました(写真)。また、オンライン署名はすでに世界中から2万8000筆以上が集まり、残りあと1000人弱で3万筆に達します。


 


アフリカでは、この計画に抗議の声をあげた学生が、事前にデモの申請をしていたにも関わらず、突然警察に逮捕、投獄され、脅迫されました。EACOPはすでに現地に人権侵害をもたらしています。


このままでは来年から建設が始まり、数十年、もしくはそれ以上の、とりかえしのつかない深刻な被害が出てしまいます。


しかし、希望はあります。StopEACOP連帯ウィークに、世界中からアフリカへたくさんの応援メッセージが集まっています。現地の方々から「私たちへの支援に心から感謝します」との声がSNS上であがり、連帯が強まっています。


 


いま日本にいる私たちが行動すれば、変えられます。


ぜひ、5分でできるアクションからはじめてみませんか?


 


 


https://350jp.org

posted by だつげんぱつ at 09:23| 脱原発情報[情報]