2021年10月14日

「双葉病院置き去り事件」福島原発刑事裁判支援団

星川まり(東京・社会運動部)です。


 


昨日「福島原発刑事裁判支援団」のウェビナーに参加、「双葉病院置き去り事件」の探査報道記者、中川七海さんのお話を聞きました。


双葉病院に患者さんたちが置き去りになり命を落としたことは、多くの人に知られていますが、この経緯を詳しく検証したところ、「事故」ではなく「事件性」が濃いことがわかり、あえて「事件」として記事を書いたそうです。


 


詳しくは「Tansa」ウェブサイトで読めるので、どうぞご覧ください。


Tansaは「元ワセダクロニクル」


大学から完全に独立した段階で「探査・検証報道」を行うtansaと名称を変更。


 


https://tansajp.org/investigativejournal_category/futaba-hospital/


 


別々の地域から派遣された自衛隊が、双葉病院からの避難を担当、最初に作戦会議を開いた。


しかし途中で突然一つの部隊が会議を中断して移動してしまう。計画のない避難行動を開始。


 


双葉病院への道すがら、双葉病院から患者を乗せて避難に向かう部隊と、これから向かう部隊がすれ違っていたのに、止まって状況報告、情報交換もしなかった。


 


寝たきりの患者ばかりなのに「寝たきりの患者さんは少ない」との報告を受けて、普通の座席のバスで迎えに行ったため、全員乗せ切ることができなかった。


 


病院の敷地の奥の療養棟に残された人たちがいたのに「避難終了」してしまった。


 


(しばらくすると、支援団のウェブサイト上に記録動画がアップします)


 


<これからの予定>


福島原発刑事訴訟支援団 https://shien-dan.org


【連続オンラインセミナー】


「責任は誰がとるのか 〜東電刑事裁判 控訴審始まる〜」


10/20  吉田千亜さん


10/27  藍原寛子さん


10/31  株主訴訟:河合・海渡弁護士


 


11/2   控訴審第1回公判   10:30  ヒューマン・ディスタンス・チェーン


             13:30  公判


             18:00  報告会  


 


武藤類子さんから、皆さんへ 


「ぜひ東京高裁に集まってください」


 


 

posted by だつげんぱつ at 16:48| 脱原発情報[情報]