2021年03月31日

4月1日夕方、外務省前での「ミャンマーの平和と民主主義を求める集会」へ

4月1日夕方、外務省前での「ミャンマーの平和と民主主義を求める集会」へ
https://kosugihara.exblog.jp/240904458/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

ミャンマー(ビルマ)の軍事クーデターから2カ月となる4月1日夕方、外
務省前でアクションが行われます。NAJATも呼びかけに加わりました。

遅れに遅ればせながらではありますが、ミャンマー国軍による大虐殺への
日本政府の加担をやめさせるために、多くの皆さんとともに声を上げたい
と思います。ぜひ、お集まりください!

※同日18時30分〜19時30分には、官邸前で<「重要土地規制法案」の今国
会提出を許すな!>抗議行動(主催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
も行われます。

**********************************************************
4/1 18:00-18:30 ミャンマーの平和と民主主義を求める集会
日本政府に国軍の暴力を止めるための具体的な行動を求めます
**********************************************************

 2月1日に軍事クーデターがビルマ/ミャンマーで起きて以来、市民は不
服従の抵抗運動を続けています。市民による抗議は非暴力で行われていま
すが、国軍は暴力を用いて市民の声を封じ込めようとしており、既に510
人の方が殺害されています。

 私たち日本の国際協力NGO、市民団体と宗教者は、市民が民主的に政治
に参加することが許されない状況をはじめ、日々、死傷者が増える現状を
深く憂い、さらなる犠牲者が出ないよう、特に日本政府(外務省)に、言
葉だけではなく具体的な行動を求めます。

 日本はビルマ/ミャンマーと歴史的に深い関係を持ってきました。現在、
日本にはたくさんの留学生がおり、また日本で働く方も多くおられます。
日本政府はいわゆる民政化後、過去の債務の一部を帳消しにし、1兆円を
超える経済援助を行なっています。クーデター前も日本からの投資の一部
は、国軍に利益をもたらしていると言われてきました。さらに現在、日本
企業や政府系金融機関が関わる国防省の土地での大型都市開発事業が、国
軍に利益をもたらしているとの疑惑も浮上しています。このまま軍が国家
の運営を奪っていけば、日本の政府開発援助も国軍を利することになりま
す。日本に暮らす私たちは、望むと望まざるとにかかわらず、既にビルマ
/ミャンマーの国のあり方と、そこでの人々との生活に強い影響を及ぼし
ています。

 4月1日で、軍事クーデターから2ヶ月が経ちます。この日、私たちは宗
教者の方々と共に集まり、ビルマ/ミャンマーでの国軍の暴力を一刻も早
く止めるために、日本政府が国軍との経済的な関係を断つ行動を取るよう、
市民の声を伝えるアピールを行います。
 多くの皆さんのご参加を、お待ちしています。

日時:2021年4月1日(木) 18:00〜18:30
場所:外務省前の歩道(千代田区霞が関2-2-1 最寄り:霞ヶ関駅)
プログラム
外務省への要請文の読み上げ
要請文の手交(予定)
ビルマ/ミャンマーでの国軍の暴力が収まることを願うアピール
犠牲になった方々への追悼
など
*****
参加される方はロウソクか懐中電灯など灯りをお持ちください。
プラカード持参も歓迎です。
*****

【呼びかけ】
メコン・ウォッチ、アーユス仏教国際協力ネットワーク、国際環境NGO
FoE Japan、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)、仏教僧侶、プロテス
タント牧師、他 
<当日の連絡先>
090-8506-0315(アーユス)

[バナー案]
国軍に流れるODAを止めて
国軍の資金源を断ってください
国軍を利する経済協力をやめて
日本のお金で人殺しをさせないで

-----------------------------

<参考>
【要請書】
日本の対ミャンマー公的資金における国軍ビジネスとの関連を早急に調査し、
クーデターを起こした国軍の資金源を断つよう求めます
http://www.mekongwatch.org/PDF/rq_20210304.pdf

焦点:日本の官民連合、ミャンマーで不動産開発 土地賃料が国防省に
(3月25日、ロイター)
https://jp.reuters.com/article/-politics-japan-idJPKBN2BH0ZT

3月29日の東京新聞「こちら特報部」欄に「日本参加の都市開発 ミャン
マー国軍に利益流入か」と題した、メコン・ウォッチの木口由香さんのイ
ンタビューなどに基づくタイムリーで分かりやすい特集(中山岳記者)が
掲載。ぜひ図書館でご覧ください。
posted by だつげんぱつ at 00:45| 脱原発情報[情報]

2021年03月29日

【プラカの活用を】インドネシアに武器輸出するな!3.30官邸前抗議へ

【プラカの活用を】インドネシアに武器輸出するな!3.30官邸前抗議へ
https://kosugihara.exblog.jp/240904391/ (←プラカ写真あり)

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

【プラカードをぜひご活用ください!】

◆三菱重工はインドネシアへの護衛艦輸出をやめろ!
(プリント予約番号 55825912)

◆インドネシアとの武器輸出協定反対!
(プリント予約番号 86616029)

◆Do Not Arm Indonesia Arms Trade = Death Trade
(プリント予約番号 00273567)

★セブンイレブンのネットプリントで出力できます。
それぞれ、4月5日まで有効です。

※地域の三菱重工支社、事業所に対する取り組みなどでもご活用ください。

【明日です!大拡散希望】
日本はインドネシアと武器輸出協定を結ぶな!
三菱重工製の護衛艦輸出をやめろ!
3.30官邸前抗議行動

3月30日(火)18時30分〜19時
首相官邸前(国会議事堂前駅)

市民と国会議員の発言など

※プラカード、鳴り物など持参歓迎
(感染予防に配慮して開催します)

呼びかけ:武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
詳細 https://kosugihara.exblog.jp/240902739/

★抗議先(短いもの、一言でも構いません)

◆岸信夫防衛相・議員事務所
TEL 03-3508-1203
FAX 03-3508-3237

◆防衛省
TEL 03-3268-3111

◆三菱重工
TEL 03-6275-6200

◆丸紅エアロスペース
TEL 03-5157-7500 FAX 03-5157-7510

◆日本経団連
webmaster@keidanren.or.jp
posted by だつげんぱつ at 23:53| 脱原発情報[情報]

日本はインドネシアと武器輸出協定を結ぶな!三菱重工製の護衛艦輸出をやめろ!3.30官邸前抗議行動へ

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

武器を「防衛装備品」に、輸出を「移転」に言い換えて、"死の商人国家"
への更なる一歩が踏み出されようとしています。黙って見過ごすわけには
いきません。

急ではありますが、ご参加と抗議の働きかけ、そして情報の拡散をよろし
くお願いします!!!

-----------------------------

日本はインドネシアと武器輸出協定を結ぶな!
三菱重工製の護衛艦輸出をやめろ!
3.30官邸前抗議行動
https://kosugihara.exblog.jp/240902739/

日時:3月30日(火)18時30分〜19時
場所:首相官邸前(国会議事堂前駅)

※プラカード、鳴り物など持参歓迎
(感染予防に配慮して開催します)

3月30日、日本とインドネシアとの「2プラス2」(外務防衛閣僚会合)が
飯倉公館で開かれ、事業総額3000億円規模におよぶ護衛艦(三菱重工製)
輸出に向けた武器輸出協定の締結が大筋合意されようとしています。

輸出が狙われる護衛艦は、対潜戦、対空戦、対水上戦、対機雷戦などを行
える新型の多機能護衛艦(FFM)とされています。露骨な攻撃型武器であ
り、政府自身が決めた「防衛装備移転三原則」運用指針【注】にも違反し
ています。

インドネシアへの武器輸出計画は、軍需商社の丸紅エアロスペースが「事
業実現可能性調査」を担い、日本経団連が防衛装備庁と本格的に連携する
形で推進されています。

2014年4月1日の安倍政権による「武器輸出三原則」撤廃と「防衛装備移転
三原則」の閣議決定から7年。懲りずに「死の商人国家」へと突き進む菅
政権に「NO!」の声をぶつけたいと思います。急な呼びかけになりますが、
ぜひご参加ください。参加できない方も、以下まで抗議の声を届けてくだ
さい。

【抗議先】
◆岸信夫防衛相・議員事務所
TEL 03-3508-1203
FAX 03-3508-3237

◆防衛装備庁
TEL 03-3268-3111(代表)

◆三菱重工
TEL 03-6275-6200(代表)

◆丸紅エアロスペース
TEL 03-5157-7500 FAX 03-5157-7510

◆日本経団連
webmaster@keidanren.or.jp

【注】「防衛装備移転三原則の運用指針」の「海外移転を認め得る案件」
には「(エ)我が国との間で安全保障面での協力関係がある国に対する救
難、輸送、警戒、監視及び掃海に係る協力に関する防衛装備の海外移転」
と明記されており、戦闘艦である「護衛艦」は輸出できないはずです。
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/bouei3.pdf

【呼びかけ】
武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
<連絡先>
電話 090-6185-4407(杉原) 
メール anti.arms.export@gmail.com
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/ 
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付

<参考>
日インドネシア2プラス2、30日開催へ(3月26日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE2621O0W1A320C2000000/

日本とインドネシアが閣僚協議を開催、
護衛艦輸出に向けた法的枠組みについて協議か(3月27日、航空万能論)
https://grandfleet.info/japan-related/will-japan-and-indonesia-discuss-legal-framework-for-export-of-escort-vessels/

契約総額は約3,000億円、日本がインドネシアに護衛艦8隻輸出を推進中
(2020年11月5日、航空万能論)
https://grandfleet.info/japan-related/japan-is-promoting-the-export-of-eight-escort-vessels-to-indonesia/
posted by だつげんぱつ at 00:05| 脱原発情報[情報]