2019年12月31日

「先島―南西諸島の軍事化・要塞化に抗し、同地域の非武装化を求める共同声明」

星川まり(東京・社会運動部)です。
今年もお世話になりました。
本日中の第1次締め切りとのことで、今年最後の投稿です。
共同声明への賛同を!

https://www.facebook.com/y0kohoriguchi

<転載>
*石垣島の自衛隊基地工事の最新情報(12/24ドローン撮影)
・2019/3/1着工以来9カ月、基地建設工事は、未だジュマール・ゴルフ場の一部のみだ
・基地予定地は、琉球花崗閃緑岩がゴロゴロ出てくる難工事の現場、また、於茂登岳から豊富な水が溢れでる地域。
・今ならまだ、基地建設工事は止められる。
自治基本条例廃止策動を打ち破った住民運動の力で、住民投票を勝ち取ろう。裁判勝利 3月石垣市の市有地売却を許すな!
●「先島―南西諸島の軍事化・要塞化に抗し、 同地域の非武装化を求める共同声明」のご賛同のお願い(年内第1次〆切り)
https://blog.goo.ne.jp/shakai0427/e/00827ecc81d5af6c9c14194092bd04ef?fbclid=IwAR3_nHrsMRS6EyZxtEZfslDo8F4DWiHKL5bw1Eg5xH9K7VraThfmZWHIDL4

 「先島―南西諸島の軍事化・要塞化に抗し、同地域の非武装化を求める共同声明」のご賛同のお願い
――私たち「本土」の市民は、先島―南西諸島のミサイル基地化を、自分たちの生存に関わる問題として捉え、ともにこの地域の軍事化を阻む、重大なときにあります!(続く)
posted by だつげんぱつ at 15:33| 脱原発情報[情報]

2019年12月28日

お礼と報告 Re: 緊急署名「有機JAS」に「ゲノム編集」などの遺伝子操作を認めるな! 賛同 団体

星川まり(東京・社会運動部)です。

先日団体賛同を送った表題の件、お礼と報告が届きました。

<転送・添付文書2つは下記に保管>

院内学集会
https://drive.google.com/file/d/1XjbWcfcG2Ng7wvfhHDuiJXmRq89yY6Ue/view?usp=sharing
意見交換会報告
https://drive.google.com/file/d/18cojRQn9EQujpbWPACOvT5HfxVa272Rn/view?usp=sharing

署名のお礼とご報告   日本有機農業研究会(担当久保田)

緊急署名「有機JASとゲノム編集」へのご協力、ありがとうございました。
“すべてのゲノム編集など遺伝子操作技術を認めない”方向性が確定しました。

短期間にもかかわらず、94団体、個人2129名のご賛同をいただきました。
呼びかけ内容を要望書としてとりまとめ、12月5日の第2回目「有機JASの見直し検討会」(FAMIC )で提示し、
12月20日に農林水産省(基準認証 室長)に提出しました。
12月20日に、院内集会を開きました。その報告は、添付文書をご覧ください。

なお、一般食品の「表示」「届け出」義務づけなどの規制を引き続き要求していきましょう。今後ともよろしくおねがいいたします。
posted by だつげんぱつ at 21:06| 脱原発情報[情報]

2019年12月27日

日本製鋼所は艦載砲の米国輸出をやめろ!1.14大崎本社抗議アクションへ&抗議の集中を!

日本製鋼所は艦載砲の米国輸出をやめろ!1.14大崎本社抗議アクションへ&抗議の集中を!
https://kosugihara.exblog.jp/239911024/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

 年末も押し迫って、重大な武器輸出案件が発覚しました。鋼材と機械の
トップメーカーとされる【日本製鋼所】が生産する艦載砲の米国輸出の動
きです。勝股秀通氏(元読売新聞防衛担当記者)が月刊誌『Wedge』2020
年1月号の連載コラムで明らかにしたものです。危険な動きがこうした形
でしか明るみに出ないこと自体が大きな問題です。

 輸出が狙われているのは、「英国の大手防衛装備品メーカー」(注:BAE
システムズと思われる)の関連会社(米国)からライセンスを得て生産し
ている5インチ砲の構成品(砲身以外のほぼ全て)で、近代化改修された
米海軍のイージス艦などに搭載するためだといいます。米イージス艦は、
イラク戦争などで国際法違反の先制攻撃などの役割を果たしてきました。
艦載砲の輸出は戦争犯罪への加担につながります。輸出が実現すれば、2014
年4月1日に安倍政権が「武器輸出三原則」を撤廃し「防衛装備移転三原則」
を閣議決定して以降、本格的な武器輸出の初めてのケースとなります。
しかも、年明け1月中には輸出商戦の結果が出るというのです。

 日本製鋼所は、1907年に艦載砲や榴弾砲など武器の国産化を目的に誕生
し、原子炉容器の世界トップシェアを誇っていたことでも有名です。同社
特機本部の中西清和副本部長は「将来的には、米国から複数の友好国への
輸出も見込まれ、装備移転が増加する道も開ける」と述べており、武器輸
出に弾みがつくことが危惧されます。ちなみに、同社のイメージキャラクタ
ーは斎藤工さんが務めています。

日本製鋼所ウェブサイト
https://www.jsw.co.jp/ja/index.html

防衛関係事業
https://www.jsw.co.jp/ja/product/army.html

 武器輸出の実績を作らせるわけにはいきません。年明けに東京・大崎に
ある日本製鋼所本社に対する抗議アピールと輸出商戦からの撤退を求める
申し入れを行います。ぜひご参加ください。時間がありませんので大至急
広めていただけると嬉しいです。

★日本製鋼所は艦載砲の米国輸出をやめろ! 1.14大崎本社抗議アクション
2020年1月14日(火)
12時30分にJR大崎駅・南改札口の外に集合
 日本製鋼所の入るゲートシティ大崎ウェストタワー付近で抗議アピール
 地図
https://www.jsw.co.jp/ja/guide/network/main/00/teaserItems1/01/linkList/0/link/jsw_map.pdf
13時15分〜45分 同社総務課に要請書提出・申し入れ
※14時には終了
【呼びかけ】武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
メール anti.arms.export@gmail.com
電話 090-6185-4407(杉原)
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/ 
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付

★事は急を要しています。
「武器輸出から手を引いてください」の声をFAX・電話で大至急届けてください!
(室蘭はじめ製作所のある地域の方はぜひ地元の製作所にも抗議を)

【日本製鋼所】
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1
(ゲートシティ大崎 ウェストタワー23・24階)
<代表>
TEL 03-5745-2001
FAX 03-5745-2025

<特機本部>
TEL 03-5745-2086
FAX 03-5745-2087

※電話は営業開始日の1月6日(月)以降におかけください。それまでは
FAXの集中を(短いものでも構いません)!

----------------------

<室蘭製作所>
〒051-8505 北海道室蘭市茶津町4
TEL 0143-22-0143
FAX 0143-24-3440

<広島製作所>
〒736-8602 広島県広島市安芸区船越南1-6-1
TEL 082-822-3181
FAX 082-285-2038

<横浜製作所>
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦2-2-1
TEL 045-781-1111
FAX 045-787-7200
posted by だつげんぱつ at 19:53| 脱原発情報[情報]