2019年01月26日

【再送】1/28 武器の爆買いを止めるための相談会へ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

既報ですが、直前になりましたので再送します。28日の国会開会日の夕方
に、米国製高額武器の爆買いや「専守防衛」を葬り去る大軍拡を止めるた
めの方策を話し合います。ぜひぜひご参加ください!!!

-----------------------------

★武器の爆買いを止めるための相談会

日時:1月28日(月) 18時30分〜21時

会場:文京シビックセンター3C会議室
[後楽園駅(4a、5番出口徒歩2分)、春日駅(文京シビック連絡口3分)]
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

資料代 200円

安倍政権のもとで、米国製武器の「爆買い」が留まるところを知りません。
イージス・アショア2基でなんと6000億円超。そして、105機を追加購入し、
計147機とするF35戦闘機は、1機116億円に維持費307億円を加えると、総
額で6.2兆円を超えることが明らかになりました。

米国側の極めて有利な条件のもとで武器を買わされる「FMS」(対外有償
軍事援助)方式は、2019年度予算案では7013億円と、2012年度の5倍にま
で膨脹しています。また、「専守防衛」を葬り去る「新防衛大綱」と同時
に閣議決定された「中期防衛力整備計画」では、向こう5年の軍事費を、
それまでの5年分を2兆8000億円も上回る27兆4700億円としています。

生活保護費や年金などが切り下げられ、貧弱な教育予算が放置される一方
で、軍事費はまさに「聖域」と化しています。「いくら何でもひど過ぎる」
「堪忍袋の緒が切れた」。そう感じる人は増えているのではないでしょうか。

1月28日からの通常国会では、過去最高の5兆2574億円の軍事費を盛り込ん
だ2019年度予算案の審議が行われます。武器の爆買いをやめさせるために、
知恵と力を合わせて、具体的な取り組みを行いたいと思います。ぜひ、相
談会にお集まりください。

※予算案審議に合わせた2カ月ほどの集中的な取り組みになると思います。

<参考>
F35 147機 総額6.2兆円 中期防単価公表
1機116億円 維持費307億円 さらに上回る可能性 30年運用
(1月10日、しんぶん赤旗)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-10/2019011001_01_1.html 

新大綱・中期防が決定、総額27兆4700億円 F35追加購入105機
(2018年12月18日、ロイター)
https://jp.reuters.com/article/national-defence-program-idJPKBN1OH04W

防衛費の膨大な増加に抗議し、教育と社会保障への優先的な公的支出を求める声明
(2018年12月20日 研究者・実務家有志一同)
https://blog.goo.ne.jp/shakaiken/e/d690746f80d460229ded47262f52230b

【呼びかけ】 武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
メール anti.arms.export@gmail.com
電話 090-6185-4407(杉原) FAX 03-5225-7214
ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
ブログ https://najat2016.wordpress.com
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/ 
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付

------------V こちらにもぜひ V------------

これでいいのか? 増える軍事費・壊れる暮らし
NAJAT結成3周年集会

2月17日(日) 13時45分〜16時30分 (13時30分 開場)
文京区民センター2A会議室(春日駅、後楽園駅)
<講演>
なぜ安倍政権は防衛費を増やしているのか――FMS(対外軍事援助)の問題点
 福好昌治さん(軍事評論家)
分かち合う社会へ――財政を「共同の財布」とするために
 高端正幸さん(埼玉大学准教授)
資料代 800円 (学生 500円)

チラシ http://chechennews.org/sharedoc/20190217_najat_bira_s.pdf
◆色もデザインもリニューアル。裏面にはNAJATのここ2年の活動記録も。
posted by だつげんぱつ at 22:17| 脱原発情報[情報]

2019年01月25日

【明日】新春第1回「幕張メッセでの武器見本市に反対する会」ミーティングへ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

昨年11月末、有明の東京ビッグサイトで「国際航空宇宙展」という名の事
実上の武器見本市が開催されました。今まで何度か武器見本市を見てきま
したが、今回痛感したのは、F35戦闘機や長距離巡航ミサイルなど、「売
約済み」の武器の増加でした。武器見本市が日本の武器輸入を促進する場
になっていることが見てとれます。

国際航空宇宙展の写真と解説はこちら
https://twitter.com/i/moments/1075758949259853824

そして今年、千葉県の幕張メッセで、大規模な国際武器見本市が二度も予
定されています。幕張メッセが武器見本市の「メッカ」になろうとしてい
ます。

◆ 6月17〜19日 《MAST Asia 2019》
https://mastconfex.com/asia2019/ 
※日本で3回目、幕張メッセでは2回目となる海軍関係の武器見本市

◆ 11月18〜20日 《DSEI JAPAN》
https://www.dsei-japan.com/ 
※英国で隔年開催される有名な総合武器見本市の初めての日本出張開催

こうした動きに対して、前回のMAST Asiaにも反対された「安保関連法に
反対するママの会@ちば」の呼びかけで「幕張メッセでの武器見本市に反
対する会」が結成され、この間、両者による千葉県への申し入れや街頭シ
ール投票などが精力的に取り組まれてきています。

「武器見本市の中止を」 ママの会など県に申し入れ
(2018年12月4日、東京新聞千葉版)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201812/CK2018120402000155.html

昨年12月22日に開催された望月衣塑子さんの講演会には、230人を超える
参加者が集まり、武器見本市の中止に向けた大きなステップとなりました。

そこで、いよいよ中止させる活動を本格化させようと、明日1月26日午後
に、新春第1回のミーティングが行われます。千葉県内外のより多くの皆
さんとともに、アイデアを出し合い、取り組みを強めたいと思います。

どなたでも参加できます。「お子さん連れ、大歓迎! 遅刻、途中退室、
気にせずに」とのこと。県境を超えて、ぜひ、お集まりください!!!

----------------------------

★新春第1回「幕張メッセでの武器見本市に反対する会」ミーティング

日時:1月26日(土) 12時〜15時 
会場:船橋市東部公民館(JR津田沼駅徒歩3分)
https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00011.020637074

※終了後に近くでスタンディングアピール(シール投票)も予定

----------------------------

【「幕張メッセでの武器見本市に反対する会」カンパ・賛助会員のお願い】

立ち上げたばかりのため、今後の活動にまだまだ資金が足りない状況です
ので、活動の趣旨をご理解いただける方にカンパをお願いしたいと思いま
す。カンパによってご協賛いただける方は、賛助会員として当会への登録
が可能です。

賛助会員にはメールにて当会の活動情報を随時お送りしますので、振込用
紙にメールアドレスもお書きください。(賛助会員のお名前は個人・団体
ともに公開はいたしません)

個人 1口  500円
団体 1口 1000円
※複数口を歓迎します

ご入金方法
【ゆうちょ銀行からの振込】
記号 10520 番号 51497261

【他行からの振込】
ゆうちょ銀行/店名0五八 普通預金 口座番号 514972
(振込用紙には必ず「反対する会」とご明記ください)
posted by だつげんぱつ at 23:05| 脱原発情報[情報]

1/29 なぜ急ぐ?原発再稼働 どうしてやるの?武器輸出

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

直前になってしまいましたが、東京・練馬での学習会のご案内です。原発
問題とのコラボは初めてだと思います。

昨年12月に発覚した新たな武器輸出案件も含めて、最新動向をお伝えしつ
つ、かみ合う議論になればと思います。ぜひご参加ください。

-----------------------------

<憲法骨抜きNO!ねりま 新春学習会>
なぜ急ぐ?原発再稼働 どうしてやるの?武器輸出

★お話
・片岡遼平さん(原子力資料情報室)
・杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク/NAJAT)
2019年1月29日(火) 18時30分〜(開場18時20分)
Coconeri3階 区民・産業プラザ研修室1(西側)
(西武池袋線、都営大江戸線練馬駅下車 中央北口より徒歩1分)
http://coconeri.jp/access.html
資料費 500円

 -----------------------------------------------

 改憲は、憲法の各条項の文言を変更する明文改憲だけではありません。
日本国憲法に規定されている人権を保障しないことも、事実上の改憲行為
ではないでしょうか。例えば、原発再稼働を急ぎ、被災者の人権を切り捨
てることは、その端的な例と言えるでしょう。平和主義についても、自衛
隊や日米安保に関することだけが憲法問題ではありません。かつて武器輸
出は、厳しく規制されていました。ところが安倍政権は規制を撤廃し、輸
出拡大を図っています。これも日本国憲法の理念である平和主義をないが
しろにする、とても大きな問題です。

 原発問題も武器輸出問題もそれぞれが複雑かつ深刻な問題であり、様々
な問題が引き起こされていますので、個別的に考え、取り組む必要があり
ます。けれども、それぞれの問題をオーバーラップさせて考えてみると、
今の日本がどこへ行こうとしているのか、何を目指しているのかが見えて
くるのではないか、そうした問題意識からこの学習会を企画しました。是
非、ご参加ください。

★片岡遼平さん(原子力資料情報室)
 1982年、埼玉県生まれ。2015年10月より原子力資料情報室(CNIC)スタ
ッフ。2011年の大震災を機に現在まで、岩手・宮城・福島を中心に仮設住
宅の縁台製作、スタディーツアーなど様々な支援活動を行う一方、フリー
ライター・カメラマンとして現地の取材を行い、執筆活動や講演活動を通
じて被災地の現状を伝えてきた。福島第一原発事故関連、放射線被曝影響、
被ばく労働問題など、現場に根ざした情報の発信に取り組んでいる。

★杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク/NAJAT)
 1965年生まれ。武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)を立ち上げ、代表
を務める。軍学共同反対連絡会などにも参加し、日本に「軍産学複合体」
を作らせないために活動中。昨年8月29・30日に川崎市とどろきアリーナ
で開催されたイスラエル軍事見本市への反対にも尽力した。共著に『亡国
の武器輸出〜防衛装備移転三原則は何をもたらすか』(合同出版)、『武
器輸出大国ニッポンでいいのか』(あけび書房)。

------------------------------------------------------------

主催:憲法骨抜きNO(ダメ)!ねりま
連絡先 kashiwa09autumn@gmail.com 090-8311-6678(柏木)
posted by だつげんぱつ at 00:58| 脱原発情報[情報]