2018年12月29日

農薬自治体調査 千葉県からの報告

星川まり(東京・社会運動部)です。

千葉県本部から「農薬使用状況等自治体調査」の結果報告がありました。
遅くなりましたがキャンペーンサイトで公開致しました。

自治体数54のうち回答率57%。
報告書では千葉県独自の「ちばエコ農産物」認証制度を紹介しています。
農薬不使用自治体は40%を超える好成績です。
一方「有害農薬についての研修・研究」が1自治体、使用後の住民アンケートはゼロでした。




ラウンドアップNO! ネオニコNO! 農薬と食の安全を考える
緑の党2018キャンペーン
https://spue8y99.wixsite.com/roundup-neonico-no


アンケート調査結果 千葉県
https://spue8y99.wixsite.com/roundup-neonico-no/blank-20


12月初頭、公開にあたってチェックしていただいた印鑰智哉さんからは、「農薬禁止宣言」を自治体に求めるなどアドバイスもありましたので、共有します。

・・・・・・・・・・・・・・・

貴重な報告お送りいただき、ありがとうございました。現在、郡山に来ております。

グリホサートの問題を地方の学習会で話すと反響はとても大きいです。
このような調査を活用できれば大きな変化を作り出すことは可能だと思います。

具体的に各自治体での使用禁止宣言を出させるような働きかけを考えていくことができると思います。
ひとたび、目標をたてて、地域で学習会などをしていけば選挙などを通じて課題として認識されていくと思いますし、実際的にグリホサートの散布禁止自治体を1つでも増やすことを1つの目標に掲げてみてはどうかと思います。

千葉で学習会がある時にはぜひ報告を紹介させていただきたいと思います。

今後の活動のさらなる発展をお祈り申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。

印鑰 智哉
posted by だつげんぱつ at 11:44| 脱原発情報[情報]