2018年04月07日

「核電一基削減市民委員会」

星川まり(東京・社会運動部)です。

ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパンのとーちさんから、
韓国の旅の報告がアップしたとのことでお知らせです。

読み始めるとすぐに、緑の党のイ・ユジンさんが登場しました。

全文こちらからどうぞご覧ください。

脱核への舵を握った韓国の人びと後編 とーち
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1062

<抜粋>
ソウル市の取り組みと緑の党

夕方、緑の党のイ・ユジンさんの話を聞いた。特にソウル市の取り組みが興味深い。日本での3.11の東電事故や、同年9月に韓国全域で発生した大規模な停電に触発され、大都市ソウルの役割として、使用電力の削減を目指して「核電一基削減市民委員会」が2012年に設立された。
太陽光パネルの設置などの生産、省電力の機器を使うことによる効率化、そして節約を組み合わせて核電1基分の電力削減を行おうというものだ。

(続く)
posted by だつげんぱつ at 16:12| 脱原発情報[情報]

南アフリカの市民社会から見たパレスチナ(大阪4/7・東京4/12)

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

対イスラエルBDS(ボイコット・資本引揚げ・制裁)運動についての貴重
な講演会のご案内です。ちなみに、パレスチナのBDS全国委員会は、イス
ラエルとの武器貿易を防止することによって、国際法の尊重を確保するよ
う各国に要請しています。日本政府も、イスラエルとの軍事協力をやめる
べきです。

以下、パレスチナの平和を考える会の役重善洋さんの呼びかけを転送しま
す。大阪の企画は本日7日午後です。ぜひ、ご参加ください。

------------- 以下、役重さんの呼びかけの転送 ------------

皆さま

封鎖下ガザで3月30日の「土地の日」に始まり、5月15日の「ナクバの日」
まで継続される予定の「帰還大行進」は、超党派・非暴力を原則とした
取り組みです。しかし、これまでにイスラエル軍はパレスチナ人18名を
殺害し、1500人以上を負傷させています。被害の多くはスナイパーの
実弾射撃によるものです。

EUをはじめ多くの国々がイスラエルを非難し、独立調査団の派遣を求める
中、日本政府はこの一方的虐殺を「デモ行進を行っていたパレスチナ人と
イスラエル治安部隊との衝突」と誤って表現し、イスラエルの責任隠蔽の
印象操作に加担、改めて親米・親イスラエルの立場を明確にしました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003891.html

他方、南アフリカ政府は、現在、イスラエルとの国交断絶を検討しており、
国際的な対イスラエルボイコットをはじめとしたパレスチナ連帯の動きを
牽引しています。以下、日程が近づきましたので再送させていただきます。


《拡散歓迎》
◆南アフリカの市民社会から見たパレスチナ〜反アパルトヘイト運動から
対イスラエルBDS(ボイコット・資本引揚げ・制裁)運動へ

http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/20180322/1521718549

講師:バシーラ・スルティ(BDS南アフリカ)
※英日通訳あり。

【大阪会場】
日時:2018年4月7日(土) 午後2時〜4時半(開場:1時半)
場所:ドーンセンター5階 セミナー室2(地下鉄・京阪「天満橋」駅から徒歩5分)
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
主催:BDS japan準備会、パレスチナの平和を考える会
連絡先: palestine.forum@gmail.com
参加費:800円(学生500円)

【東京会場】
日時:2018年4月12日(木) 午後6時半〜9時(開場:6時15分)
場所:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室C
(東京メトロ「表参道」駅B2出口から徒歩7分)
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx
主催:BDS japan準備会、フツーのLGBTをクィアする、プラカとか作るフェミとLGBTの会
連絡先: weretheagitpropsatpride@gmail.com
参加費:500円(カンパ歓迎)
※情報保障:簡単な日本語ノートテイクなら対応できますので、ご希望の方は、
お手数ですが4/11(水)までにご連絡ください。

現在、イスラエルに対するボイコット(Boycott)と資本引揚げ(Divestment)、
制裁(Sanctions)を求めるBDS運動が世界中に広がり、パレスチナをめぐる政
治に大きな影響を与えています。この運動は、アパルトヘイト(人種隔離政策)
期の南アフリカに対するボイコット運動をモデルとして2005年にパレスチナの
市民社会の呼びかけによって始まりました。

ポスト・アパルトヘイト期の南アフリカは、パレスチナ連帯運動が最も活発な
地域であり、国際的なBDS運動を牽引してきました。同国のデズモンド・ツツ
司教は、ボイコット運動をはじめとした非暴力運動による国際的支援がなけれ
ば、アパルトヘイトを廃絶することはできなかったと述べ、BDS運動を支持し
ています。

今回、「BDS南アフリカ」のメンバーであるバシーラ・スルティさんをお招き
して同国におけるパレスチナ連帯運動の現状と、その歴史的・社会的背景につ
いて話を伺いたいと思います。

また、東京会場では、軍事占領正常化をLGBTマーケティングと交換しようとす
る「ピンクウォッシング」を壊乱する活動についても考えます。

[英語版案内 English]
http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/20180322/1521725992
posted by だつげんぱつ at 00:23| 脱原発情報[情報]