2018年04月13日

【ご案内】4.17「大軍拡NO!アクション」学習会&準備会/4.16江東講演会

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

2017年度に大軍拡反対の活動を行ってきた「アクション2017」が、新年度
の取り組みをスタートさせます。そのための学習会と準備会を17日に開催
しますのでご案内します。また、後半には前日16日に江東で行われる講演
会のお知らせを貼り付けました。こちらにもぜひご参加ください。

<ご参考:お時間のある時にご覧ください>
20180327 UPLAN 緊急講演会「日本は進路を誤るな!武器輸出を許すな!」
(小沼通二氏、杉原浩司氏)
https://www.youtube.com/watch?v=n40o2AASfYc
2分27秒〜55分 小沼さん講演
55分46秒〜1時間47分37秒 杉原講演
1時間47分44秒〜2時間33分 質疑・討論

---------------------------------

大軍拡と基地強化にNO!アクション2018(仮)
準備会&学習会の呼びかけ
 
 「大軍拡と基地強化にNO!アクション2017」は、2017年10月29日に結成
集会を持って以降、イージス・アショア導入の閣議決定に対する官邸前抗
議行動、防衛省に対するデモや申し入れ、防衛省との交渉など、5.2兆円
にのぼる大軍拡予算に反対する取り組みをしてきました。また、新兵器の
配備や部隊再編により基地が強化されることに抗議の声をあげ、反基地運
動相互の交流を図ってきました。
 2018年、政府・防衛省は、敵基地攻撃力を保有すべく「防衛計画の大綱」
を見直し、それに基づいた「中期防衛力整備計画」を策定しようとしてい
ます。自衛隊明記条項の追加改憲の動きと並行して、「専守防衛」の枠を
突破した「自衛力増強」が進められようとしているのです。
 2019年度以降の「中期防衛力整備計画」の第1年度となる2019年度予算
では、護衛艦の空母化などさらなる大軍拡が目論まれると思われます。そ
れに伴い、南西諸島への地対艦ミサイル部隊配備など基地強化も加速され
ると予想されます。首都圏でも、陸自が購入するオスプレイの木更津配備
の本格化など、基地強化が進められると思われます。また、大軍拡に伴い
軍需産業が育成され、大学を軍事研究に巻き込む動きも強められるでしょう。
 そうした動きを許さないために、「大軍拡と基地強化にNO!アクション
2018(仮)」を早期に立ち上げたいと考え、準備会を呼びかけた次第です。
 同時に、「朝鮮半島危機」を理由に導入が決まったイージス・アショア
の問題点と、危機を煽って次々と行われている「ミサイル避難訓練」の問
題点を共有するための学習会を開催いたします。是非、ご参加ください。

◆日時 4月17日(火) 18:30〜 
◆場所 文京シビックセンター5階区民会議室A・B
後楽園駅(4a、5番出口徒歩1分)、春日駅(文京シビック連絡口)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html 
◆プログラム
18:30〜 学習会
 「いらない!イージス・アショア やめろ!ミサイル避難訓練」
 渥美昌純(米軍・自衛隊参加の東京都総合防災訓練に反対する実行委員会)
 杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])
 
 20:00〜 準備会

[呼びかけ団体&連絡先]
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
 北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03−3961−0212
立川自衛隊監視テント村
 TEL・FAX 042−525−9036
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
 TEL:090−3509−8732 FAX:047−456−5780
武器輸出反対ネットワーク
 メール anti.arms.export@gmail.com TEL:090-6185-4407(杉原)
 ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT/
 Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

---------------------------------

◆大軍拡と九条改憲〜自衛隊の「装備」から考える〜

外国への先制攻撃を可能にする「装備」を拡充している自衛隊。
大軍拡の現況を九条改憲という視点からお話いただきます。これ
までも、これからも「戦争はしない」という思いを確固とするた
めに、「装備」という側面から「戦争放棄」について考えてみた
いと思います。奮ってご参加ください。

日時:4月16日(月) 午後6時30分より
会場:亀戸文化センター6階第3研修室(JR亀戸駅北口徒歩3分)
   https://www.kcf.or.jp/kameido/access/
講師:杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)
資料代:500円

主催:戦争させない江東アクション
連絡先:電話 03-3636-1031
posted by だつげんぱつ at 01:00| 脱原発情報[情報]

2018年04月10日

【文字起こし】3.6 敵基地攻撃兵器の導入反対集会の講演録(青井未帆さんら)

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

3月6日にNAJATが開催した「敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集
会」の講演・報告の文字起こしをブログにアップしました。青井未帆さん
は、歴史的視点から「実力の統制」を振り返り、敵基地攻撃兵器の導入の
危険な意味を解き明かしたうえで、「今しかどういう国にしたいかの骨太
の議論をする時間はないのではないか」と警鐘を鳴らしています。

残念ながら大軍拡予算は成立してしまいましたが、長距離巡航ミサイルの
実際の配備までにはまだ数年かかると見られます。

今回の予算化は官邸主導の「政治案件」でもあり、安倍政権の退陣に加え
て、しぶとく反対の世論を高めることで、導入の撤回に追い込みたいと思
います。この文字起こしはそのための力になると思います。読み応え十分
ですので、お時間のある時にぜひご一読ください。SNSなどでも広めてい
ただけると嬉しいです。

---------------------------------

【文字起こし】
「専守防衛」を投げ捨て、歯止めなき軍拡に道ひらく
敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会
(2018年3月6日、衆議院第1議員会館)

◆青井未帆さん(学習院大学大学院法務研究科教授)講演
https://najat2016.wordpress.com/2018/04/06/report/

◆杉原浩司(NAJAT代表)報告
https://najat2016.wordpress.com/2018/04/06/report_2/

-------------------------

【UPLAN フル動画】
https://www.youtube.com/watch?v=TWe0gqZ2n6k

配布資料・主催者あいさつ 0分0秒〜6分15秒
◆青井未帆さん講演 6分20秒〜37分15秒(31分)
質疑(宮川伸議員発言) 37分20秒〜57分
◆杉原浩司の報告 57分05秒〜1時間13分15秒(16分)
質疑(宮本徹議員発言)・行動提案・レジュメ 1時間13分20秒〜1時間26分37秒

【IWJ ハイライト動画】
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414038
posted by だつげんぱつ at 00:08| 脱原発情報[情報]

2018年04月09日

4.27【最新報告】「最悪の人道危機」イエメン内戦のいま(講師:久保田弘信さん)

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

中東のイエメンでは、サウジアラビアを中心とする連合軍の空爆によって、
道路や水道、港湾などのインフラに加えて病院までが破壊され、国境封鎖
による人道支援の停滞も相まって、飢餓が広がり、コレラも蔓延しました。
その結果、人口約2700万人のうち、なんと2000万人以上が食糧・医療など
の緊急人道支援を必要とし、840万人が飢餓の危機に瀕しています。

日本ではほとんど伝えられることのないイエメン現地の状況を知り、私た
ちにできることを探る貴重な機会です。ぜひ、ご参加ください。

---------------------------------

<最新報告>
「最悪の人道危機」イエメン内戦のいま
〜国際社会から忘れ去られた紛争の真実〜

 内戦で、多くの犠牲者を出しているイエメン。サウジアラビアやUAE
(アラブ首長国連邦)は、イエメンのフーシ派を攻撃するとして無差別空
爆を続けています。一方、フーシ派はイランの援助も受け、弾道ミサイル
で反撃。内戦は近隣諸国を巻き込んで、長期化しています。この内戦によ
り、イエメンでは840万人が飢餓に直面し「世界最悪の人道危機(国連声
明)」に陥っています。
 にもかかわらず、日本政府は航空自衛隊が擁する最新の輸送機である川
崎重工製の「C2」を、紛争当事国であるUAEに輸出することを検討中です。
 イエメンの取材に成功し、2月11日に帰国したフォトジャーナリストの
久保田弘信さんに現状を報告してもらいます。

日時:4月27日(金) 18時30分〜21時
場所:文京シビックセンター 4階シルバーホール
地下鉄 後楽園駅(4a、5番出口徒歩1分)、春日駅(文京シビック連絡口)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html 
資料代 800円

講師:久保田弘信さん(フォトジャーナリスト)
<プロフィール>
大学で物理学を学ぶが、スタジオでのアルバイトをきっかけにカメラマン
の道へ。旅行雑誌の撮影で海外取材をこなすうちに、ひとりのパキスタン
人と出会いパキスタンに赴く。パキスタンでアフガン難民を取材したこと
をきっかけに本格的にジャーナリストとしての仕事を始める。9.11事件の
以前からアフガニスタンを取材、アメリカによる攻撃後、多くのジャーナ
リストが首都カブールに向かう中、タリバンの本拠地カンダハルを取材。
またパキスタンに流出する難民を取材。難民の子どもたちの素顔をとらえ
た個展を多数開催。以来、アジア、中東を舞台に取材を続ける。
◆公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~kubota-photo/
◆写真集「僕が見たアフガニスタン」、
DVD「アフガニスタン伝えきれなかった真実」販売ページ
http://kubotaphoto.cart.fc2.com/

主催:イエメン内戦を知る講演会 実行委員会
(連絡先 090-6185-4407 メール anti.arms.export@gmail.com )
[呼びかけ人]佐藤真紀、井筒高雄、志葉玲、並木麻衣、小寺隆幸、杉原浩司
※武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)が呼びかけ、NGOの有志と共につくる
実行委員会です。
posted by だつげんぱつ at 01:19| 脱原発情報[情報]