2018年03月15日

3.18 イラク戦争開戦15年イベント(映画&トーク)

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

3月18日に東京・専修大学で行われるイラク戦争開戦15年イベントをご紹
介します。私も第2部の「トーク&ディスカッション」で登壇します。

イラク戦争は、米国がねつ造により引き起こした戦争犯罪でした。日本政
府はそれを「支持」し、その後、航空自衛隊による米兵輸送という参戦の
事実を隠ぺいしました。それは、現在起きている森友公文書改ざん事件に
も通底しています。貴重な企画ですので、ぜひ、ご参加ください!

<本日夜のこちらもぜひ!>
◆3月15日(木) 20時〜21時
【NAJAT-TV】
<崩れる「専守防衛」 喜ぶ「軍産複合体」〜大軍拡予算を斬る!>
ゲスト:杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)
ご視聴は
YouTubeライブ http://t.co/gTd8NfrJUS
ツイキャス http://t.co/9g5j5KsnZw

-------------------------------

<イラク戦争開戦15年イベント>
IRAQ DAY
–イラク戦争が世界にもたらしたものと日本の現在地を考える1日-
http://bit.ly/2EH7ViX

イラク戦争はたった15年前に
日本が積極的に関わった戦争です。
未来をつくるには過去の「失敗」から学ぶことが
何よりも大切だと私たちは考えています。
この1日できっと日本の現在地が見えてくるはずです。

日時/2018年3月18日(日)
《開場・受付 10:30〜》

第1部 11:00〜16:15
第2部 16:30〜18:30

場所/専修大学 5号館5階551教室
水道橋駅(JR)西口より徒歩10分
九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩5分
神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩5分

資料代/(一般)2,000円(学生)1,500円 ※入出場は自由です
《友だち割引》 学生2人以上で来場の場合、お一人様1,000円
小・中学生は無料

《第1部 上映作品》

11:00〜『リトルバーズ -イラク戦火の家族たち-』
(2005年 102分 綿井健陽監督)

13:00〜『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして』
(2013年 95分 伊藤めぐみ監督)

15:00〜『ONE SHOT ONE KILL』
(2011年 藤本幸久監督)
〜『This is a 海兵隊』(2017年 藤本幸久・影山あさ子共同監督)

《第2部 トーク&ディスカッション》

綿井健陽(映像ジャーナリスト・『リトルバーズ』監督)
杉原浩司 (武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)
キム・ソンハ(徴兵拒否者)
志葉玲(ジャーナリスト)
高遠菜穂子(エイドワーカー)

-------------------------------

【上映作品紹介 Documentary Films】

『リトルバーズ - イラク戦火の家族たち』
(2005年 綿井健陽監督)

激しい空爆が始まり、惨禍が人々を襲います。老人や女性、そして子供た
ち・・・次々と弱いものが犠牲となっていきました。バグダッドへの米軍
入城の瞬間をとらえた綿井健陽は、 米軍の戦車の前に立ちはだかる一人
の女性の叫びにキャメラを向けました。「How many children have you
killed? Go to the hospital and see the people dying!」(お前たち何
人の子供を殺したんだ? 病院に行って、死んでいく人たちを見てこい)
その言葉に突き動かされた綿井は、翌日バグダッド市内のサウラ病院で凄
惨な状況を目撃します。瀕死の娘を抱えたアリ・サクバン(当時31歳)は、
イラン・イラク戦争で二人の兄を失い、自らはイラク軍兵士として徴兵さ
れ、クウェート侵攻に参加し、そして今回のイラク侵攻で3人の子供を空
爆で失ったのです。それから一年、「戦争で人を殺すために、人間は生ま
れてきたわけではない・・・」と、サクバンは戦乱のイラクの現状とこれ
までを語ります。米軍の非人道兵器「クラスター爆弾」で右目を負傷した
12歳の少女・ハディールや右手を失った15歳の少年・アフマド。 戦火に
傷ついた様々な家族を描きながら、戦争の「意味」を、日本と世界に問い
かけます 。
http://www.tongpoo-films.jp/littlebirds/

      
『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件・・・そして』
(2013年 伊藤めぐみ監督)  

当時、日本国内でバッシングが吹き荒れた「日本人人質事件」のことを覚
えているだろうか? イラク支援のために行った日本人3人。しかし、フ
ァルージャの街で地元の武装グループによって日本政府へ自衛隊撤退を要
求するための人質として拘束された。当時、日本政府はアメリカが始めた
イラク戦争を支持。「人道復興支援」のためとして、イラクに自衛隊を派
遣していた。日本では3人の行為が国に迷惑をかけたとして「自己責任」
を問う声が広がった。この映画は、はからずも人質となった、高遠菜穂子
さん、今井紀明さんの現在の姿を追い、そして未だ戦火の止むことのない
イラク、ファルージャの生々しい現実を捉える。

高遠菜穂子さんは、事件後のPTSDを乗り越え再びイラク支援を続けていた。
NGOなどの団体に加わるのではなく、一人でイラクに通い支援と調査を行
っている。イラクでの先天異常児は戦争以後、今も増え続けているのが実
態だ。またファルージャで撮影中にも現政府と、対立する宗派の抗争も発
生していた。一方、人質事件のもう一人、今井紀明さんは、5年の間、対
人恐怖症に苦しんだ。現在は、大阪で不登校や、ひきこもり経験のある通
信制高校に通う若者を支援するNPOの代表をしている。社会から拒否され
た存在に、昔の自分をみて何かできないかと思ったという。
http://fallujah-movie.com

                   
『One Shot One Kill international version』
(2011年 藤本幸久監督)  

米海兵隊・ブートキャンプ(新兵訓練所)の12週間の訓練に密着した衝撃
作。人は人を殺すようには出来ていない。では、どうすれば、普通の若者
が戦場で人を殺せるようになるのか。「普天間基地」がそうであるように、
沖縄の米軍施設の大部分は海兵隊だ。彼らは一体、誰なのか。パリスアイ
ランド(サウスカロライナ州)のブートキャンプ(新兵訓練所)には、毎
週500人の若者たちがやってくる。深夜にバスで到着するや否や、教官た
ちに怒鳴り散らされながら12週間の訓練に突入してゆく。「返事は!」
「Yes,Sir!」「声が小さい!」「Yes, Sir!」「叫べ !」「Yes,Sir!!!」
深夜の基地に若者たちの悲鳴と絶叫が響く。髪を剃られ、制服に着替え、
「私」という言葉を禁じられ、個性の一切と思考を放棄させられる。そし
て、卒業まで、何万回も同じ事を繰り返す反復訓練。沖縄に送られてくる
のは、無意識でも人を殺せる技術を身につけた若者たちなのだ。
http://bit.ly/2omXfuG

       
『This is a 海兵隊』
(2017年 藤本幸久・影山あさ子共同監督)

沖縄の米軍基地の3分の2を占める海兵隊。彼らは沖縄でどんな訓練をし、
どこで戦争をするのか。ベトナム戦争からイラク戦争まで元海兵隊員が語
る沖縄での訓練と戦争の現実。尖閣で何かあった時、海兵隊は果たして、
助けに来てくれるのか。沖縄にいる海兵隊の次の戦場を決めるのは、誰な
のか。 
http://bit.ly/2EUQ7Ab    

主催/イラク戦争の検証を求めるネットワーク

共催/イラクホープネットワーク・市民社会フォーラム・ふぇみん

お問い合わせ info@iraqwarinquiry.net 
https://www.iraqwarinquiry.net
posted by だつげんぱつ at 00:58| 脱原発情報[情報]

2018年03月14日

公明党本部申し入れ報告とNAJAT-TVのお知らせ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

3月13日午後に行った「公明党は敵基地攻撃兵器を導入させるな!党本部
申し入れ行動」のご報告を、提出した要請書とともに後半に掲載しました
ので、ご一読ください。

また、15日20時より、久しぶりのインターネット解説番組「NAJAT-TV」を
放映します。大軍拡予算案の問題点と今後の取り組みに加えて、武器輸出
の最新情報についてもお伝えしたいと思いますので、ぜひご視聴ください。
アーカイブも見られます。

◆3月15日(木) 20時〜21時
【NAJAT-TV】
<崩れる「専守防衛」 喜ぶ「軍産複合体」〜大軍拡予算を斬る!>
ゲスト:杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)
ご視聴は
YouTubeライブ http://t.co/gTd8NfrJUS
ツイキャス http://t.co/9g5j5KsnZw

◆FAXや電話でも、敵基地攻撃兵器の導入をやめるよう、声を届けてください!
【公明党】
山口那津男 代表        
(FAX)03−6551−0806 (TEL)03−6550−0806
石田祝稔 政調会長       
(FAX)03−3508−3352 (TEL)03−3508−7472
井上義久 幹事長        
(FAX)03−3508−3354 (TEL)03−3508−7474

◆未読の方はぜひこちらも。動画もあります。
【ご報告】3.6 敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会
https://kosugihara.exblog.jp/238380691/

◆大軍拡反対アクションシート(好評発送中です!)
https://najat2016.wordpress.com/2018/02/20/action_sheet-2/

--------------- 公明党本部申し入れの報告 ----------------

 3月13日午後、NAJAT呼びかけの「公明党は敵基地攻撃兵器を導入させる
な!党本部申し入れ行動」には24人が参加。相変わらず、党本部手前の公
園付近で警察が市民を不当にブロック。党職員は「保育園から『怖い』と
苦情が入ったことがあるので」などと意味不明な正当化をしていました。

 不当警備に強く抗議しつつ、代表3人が本部ビル内で職員に要請書を提
出しました。私は「朝鮮半島情勢が転換しつつあり、米国も米韓合同軍事
演習への空母派遣を取りやめる。日本が敵基地攻撃兵器の導入を中止する
ことは、緊張緩和へのシグナルともなる。公明党こそがそれを主導すべき
ではないか」と強調しました。

 過剰警備についても、党本部として対応を再検討したうえで、一週間以
内にその結果を連絡するように確認させました。さらに、要請書はどのよ
うに山口代表に届けられるのかを尋ねたところ、毎週木曜に党本部で幹部
会を行っているとしながら、「では15日(木)には手渡せるのか」と確認
すると、「それは明言できない」との返事。口ぶりは丁寧ながらも、不誠
実な返答が目立ちました。
 
 党本部での要請を終えた後、外でアピールを続けていた参加者のところ
に戻り報告。その後、公明党本部に向けてシュプレヒコールを繰り返し、
行動を終了しました。

 敵基地攻撃兵器の導入を含む大軍拡予算案は、既に衆議院を通過してし
まったため、成立を止めるのは困難です。しかし、実際のミサイル配備ま
では数年かかります。敵基地攻撃兵器の導入は官邸や国家安全保障会議
(NSC)主導の政治案件であり、今後の政治の動きや世論の高まりによっ
ては、導入を断念させる余地は残っています。小野寺防衛相や山口公明党
代表宛のハガキ付きアクションシートの一層の普及も含めて、粘り強く声
をあげていこうと思います。

以下は提出した要請書です。ぜひ、ご一読、ご活用ください。

写真はこちらから
https://kosugihara.exblog.jp/238388824/

-------------------------------

【要請書】

公明党代表・山口那津男様

「専守防衛」を逸脱し、歯止めなき軍拡に道を開く
「敵基地攻撃兵器」導入経費の予算案からの削除を求めます

 長射程巡航ミサイルの購入費と研究費が計上された大軍拡予算案が衆議
院を通過し、審議は参議院に移っています。こうしたミサイルの導入は、
憲法9条の制約のもとで歴代政権がとってきた「専守防衛」を明らかに逸
脱しており、明文改憲を先取りし、際限なき軍拡への突破口となるものです。

 2004年、公明党は、当時策定中だった中期防衛力整備計画に長射程精密
誘導ミサイルの研究を盛り込むことを、「敵基地攻撃能力の保有につなが
る」としてやめさせました。しかし今回、公明党は、2017年12月初旬にい
ったんは「うちは『島しょ防衛のため』という説明ではもたない」と消極
姿勢を見せながら、防衛省がひねり出した「北朝鮮の脅威からイージス艦
を守るため」との屁理屈を受け入れ、導入にゴーサインを出しました。

 そもそも、小野寺防衛大臣自身がかつて自民党の検討チームの座長を務
めて「敵基地反撃能力の保有を」と提言した張本人です。歴代政権は「攻
撃的な脅威を与えるような兵器を持っているということは、憲法の趣旨と
するところではない」(1959年、防衛庁長官答弁)として、能力を縛って
きました。その縛りをあっさりと捨て去り、研究費のみならず、購入費ま
で年末に突如計上するというのは、まさに憲法をないがしろにするもので
す。「政権のブレーキ役」を自任してきた公明党の責任は重大です。

 攻撃的兵器不保持の原則の崩壊は、戦力統制という憲法9条2項が果た
してきた機能が消失することを意味しています。既に本格的な空母や電子
攻撃機などの保有の検討さえ始まっています。軍備増強への歯止めをなく
すことは、北東アジアでの軍拡競争に拍車をかけ、軍事的な緊張を激化さ
せる恐れがあります。韓国政府の果敢な仲介外交によって、米朝首脳会談
の実現と地域の緊張緩和が見えてきた中で、敵基地攻撃兵器の導入はそれ
に逆行するものでもあります。

 折りしも、前代未聞の森友文書改ざん事件が明らかになり、憲政史上に
も類を見ない異常事態となっています。敵基地攻撃兵器の導入を、目的を
ねつ造して強行することは、安倍政権の改ざん体質を表すものと言えるの
ではないでしょうか。敵基地攻撃兵器の導入もまた、官邸と国家安全保障
会議(NSC)が主導した政治案件に他なりません。
 安倍自公政権の正当性が深刻に揺らいでいます。今からでも遅くはあり
ません。私たちは公明党に対して、安倍政権による憲法破壊に手を貸すこ
とをやめ、「政権のブレーキ役」として、憲法違反の敵基地攻撃兵器の導
入経費を予算案から削除するよう要求します。

 2018年3月13日     武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)

    東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 3.11市民プラザ気付
posted by だつげんぱつ at 02:01| 脱原発情報[情報]

2018年03月09日

【報告と案内】敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会&公明党本部申し入れ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

3月6日に開催した敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会には
47人が参加。宮川伸議員(立憲)、宮本徹議員(共産)が発言され、本多
平直(立憲)、井上哲士(共産)、赤嶺政賢(共産)、牧山ひろえ(民進)、
糸数慶子(沖縄の風)の各議員秘書も出席されました。取材メディアは、
朝日、東京、日刊ゲンダイ、赤旗、赤旗日曜版、IWJ、UPLAN、西中誠一郎
さんでした。

後半に、青井未帆さんの講演概要や東京新聞と赤旗の報道、ハイライトや
全体の動画などの情報を掲載しましたので、ぜひご一読、ご視聴ください。
とりわけ青井さんの講演は約30分とさほど長くありませんが、とても中身
の濃いものです。ぜひご覧いただきたいと思います。

来週13日には公明党本部への申し入れも行いますので、ぜひご参加を!

<大軍拡反対アクションシート> ※広めてください!
https://najat2016.wordpress.com/2018/02/20/action_sheet-2/

-------------------------------

◆公明党は敵基地攻撃兵器を導入させるな! 3.13党本部申し入れ行動
日時:3月13日(火)
14時にJR信濃町駅改札外に集合(15時までには終了予定)
 ※プラカードなど持ち寄り歓迎
連絡先:090-6185-4407(杉原)
呼びかけ:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)

 長射程巡航ミサイルの購入費と研究費が計上された大軍拡予算案が衆議
院を通過し、参議院での審議が続いています。こうしたミサイルの導入は、
憲法9条の制約のもとで歴代政権がとってきた「専守防衛」を逸脱してお
り、明文改憲を先取りし、際限なき軍拡への突破口となるものです。
 かつて2004年に長射程ミサイルの研究費の計上をやめさせた公明党は、
今回、いったんは「うちは『島しょ防衛のため』という説明ではもたない」
と慎重姿勢を見せながら、防衛省がひねり出した「イージス艦を北朝鮮の
ミサイルから守るため」との屁理屈を受け入れ、導入にゴーサインを出し
ました。憲法をないがしろにして恥じないその責任は重大です。
 公明党に対して、実質的な改憲に等しい敵基地攻撃兵器の導入経費を削
除するよう求めるため、緊急の党本部申し入れを企画しました。ぜひ、ご
参加ください。

---------------↓ 緊急院内集会の報告 ↓----------------

<写真はこちらから>
https://kosugihara.exblog.jp/238380691/

【青井未帆さん講演(要旨)】

 敵基地攻撃兵器の導入は、2014年に集団的自衛権の行使を容認したこと
の一つの重大な帰結だ。こういうことが積み重なっていくうちに、戻れな
いところまできてしまう。

 9条を取り囲む形で一つの大きなプロジェクトを私たちは作ってきた。9
条とともに、平和に対してコミットする思い、高いモラリティが合わさら
ないと作ってこれなかった。敵基地攻撃兵器を導入すれば、他の国と違う
「平和国家」である側面は薄くなる。それでは9条2項のある意味はなくな
ってしまう。私たちは自画像を変えようとしている。

 実力をどう統制するかは明治の開国以来のものすごく重いとても大きな
課題だ。明治憲法体制下で軍隊をきちんとコントロールできず、軍部の独
走を招いた。軍隊のコントロールに失敗した遠くない過去がある。だから
こそ、憲法9条は明治憲法下であった軍隊に関わる制度をなくした。敵基
地攻撃能力とか長距離巡航ミサイルを持つというのは、まさに国家の実力
としてどこまで持てるのか、どうコントロールするのかという話だ。

 熟慮の結果ではなく、じわりじわりと進んでくるのが価値の変質だ。考
えてみれば、今しかどういう国にしたいかの骨太の議論をする時間はない
のではないか。まだ残っている財産があるうちに、どういう国にしたいの
か、まだ選べる選択肢がたくさんあるうちに議論すべきだ。敵基地攻撃兵
器や空母の導入は、それを足元から崩してしまう。こういう動きを止めな
いと、議論することなく別の国に変わってしまう。 

※講演全体の文字起こしは近日中にNAJATのブログに掲載します。

【報道】
敵基地攻撃兵器 導入へ 薄れゆく専守防衛
市民ら危機感 緊急集会 
既成事実積み上げ 9条空洞化狙う?
(3月7日、東京新聞「こちら特報部」、片山夏子記者)
<こちらをご参照ください>
https://kosugihara.exblog.jp/238380547/

“先取り9条壊憲だ”敵基地攻撃兵器に反対 国会内集会
(3月7日、しんぶん赤旗)
http://miyamototooru.info/5198/
※宮本徹議員ホームページの抜粋記事

【IWJによるハイライト動画】
「敵基地攻撃兵器導入は憲法9条改悪に等しい!」
武器輸出反対ネットワーク・杉原浩司代表――平和に対して強いコミット
メントを持ち、一体的に論理と価値をつなぎ合わせていく〜緊急院内集会
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414038

【UPLANの完全版動画】
「専守防衛」を投げ捨て、歯止めなき軍拡に道ひらく
−敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会(20190306 UPLAN)
https://www.youtube.com/watch?v=TWe0gqZ2n6k

配布資料・主催者あいさつ 0分0秒〜6分15秒
◆青井未帆さん講演 6分20秒〜37分15秒(31分)
質疑(宮川伸議員発言) 37分20秒〜57分
杉原浩司の報告 57分05秒〜1時間13分15秒(16分)
質疑(宮本徹議員発言)・行動提案・レジュメ 1時間13分20秒〜1時間26分37秒
posted by だつげんぱつ at 23:59| 脱原発情報[情報]