2018年02月06日

2/8院内集会「独裁化するカンボジアと日本外交」

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

日本ではほとんど報じられていないカンボジアの現状と日本外交について
考える貴重な院内集会をご案内します。事前申し込み制(8日正午まで)
ですので、参加される方は手続きをお願いします。

------------------------------------

■■■■■■■ 院内集会のご案内 ■■■■■■■
■■■■独裁化するカンボジアと日本外交■■■■■

UNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)総選挙から25年のカンボジアでは
今年7月、国政選挙が予定されています。32年も権力の座にあるフン・セ
ン首相は、この選挙で与党・カンボジア人民党(CPP)が敗北する懸念か
ら、対抗する政治勢力、独立系メディア、人権団体への弾圧を強めてきま
した。

昨年9月には、野党・救国党(CNRP)のケム・ソカ党首を国家反逆罪で逮
捕。主要新聞のカンボジア・デイリー紙を廃刊。11月には、最高裁判所が
救国党に解散を命じ、カンボジアの民主主義は死んだとも評されています。

日本と欧州連合(EU)は、これまでカンボジアへの選挙支援を行ってきま
したが、EUは野党解散をうけ、選挙への支援を停止。しかし日本政府は残
念ながら、選挙支援継続を表明しています。

本集会では、日本政府に対して以下の2点を求めます。

1) 現状では自由・公正な選挙とは言えない旨の表明をすること
2) 2018年国政選挙支援の即時凍結(政治活動を禁止・妨害された諸政党
が選挙に参加できるようになってから再開するべき)

日本政府からのカンボジア経済支援は3千億円以上ともいわれ、国民・納
税者の多額の税金が投入されています。これまでの対カンボジア外交を検
証するとともに、専門家、ジャーナリスト、NGOや国会議員の方々とも一
緒に、今後の日本外交のあるべき姿について考えます。

-----------------------------------------------------------
•日時:2018年2月8日(木)17時半〜19時(開場:17時)

•場所:衆議院第一議員会館1階 国際会議室(東京都千代田区永田町2-2-1)
--------------------------------------------------------------
スピーカー(敬称略):
・司会: 堀潤(ジャーナリスト・NPO法人「8bitNews」代表)
・熊岡路矢(日本映画大学教員、カンボジア市民フォーラム)
・デボラ・クリッシャー・スティール(カンボジア・デイリー紙の元副発
行人、父バーナード・クリッシャー氏は同紙の創始者)
・トゥン・サライ(ビデオメッセージ交渉中)
・土井香苗(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)
・伊藤和子(認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ 事務局長)

式次第:
・スピーカーによる報告
・国会議員の発言
・NGOからの訴え

主催:カンボジアの自由公正な選挙を求める有志の会、認定NPO法人ヒュー
マンライツ・ナウ、国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ
協力:認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)、認定NPO法人 アーユス
仏教国際協力ネットワーク

--------------------------------------------------------------
≪申込方法≫
お申し込みフォーム
https://goo.gl/KN2wF6 より、お名前、ご連絡先、ご所属をご登録ください。
*当日正午までの事前申し込みをお願いします。
*上記フォームでご登録できない場合は、お手数ですが、ヒューマン・ライ
ツ・ウォッチ東京オフィス( tokyo@hrw.org )まで、件名を「2/8独裁化す
るカンボジアと日本外交」として、お名前、ご連絡先、ご所属をご連絡くだ
さい。

【お問い合わせ先】
ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京オフィス(担当:吉岡、土井)
tokyo@hrw.org
posted by だつげんぱつ at 23:52| 脱原発情報[情報]

2018年02月01日

東シナ海タンカー事故の影響の大きさは予測不可能→当局の対策は?!

星川まり(東京・社会運動部)です。
1月に起きた東シナ海の衝突事故で炎上した重油タンカーの、その後の事故影響について。
議員やジャーナリストなどお知り合いがいらっしゃる方は情報共有をお願いします。
当局の適切な対応を求められているのですが、今の所不明です。


グリーンピースジャパンの現場検証と報告
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/Factsheet_oiltanker.pdf
www.greenpeace.org
greenpeace.org

このPDFがアップしているページはグリーンピースジャパンサイトの
2018/01/24 グリーンピース声明:石油タンカー事故の影響の大きさは予測不可能
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2018/pr20180124/

2/1もうじき日本の海が死ぬ :
「史上最悪の原油流出」が日本の海域を直撃する予測が英国海洋センターより発令。
3ヶ月以内に九州から東北までの全海域が汚染される可能性
https://indeep.jp/worst-oil-spill-will-hit-japan-soon/

1/31日本沿岸の環境汚染は深刻 タンカー油流出、海外から対応のまずさを指摘する声
https://newsphere.jp/national/20180131-2/

1/29タンカーが東シナ海に沈没し油が流出 日本への影響は?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010001-bfj-soci

1/16衝突タンカーが日本EEZ内で沈没、原油流出が生態系に影響も
https://jp.reuters.com/article/oil-tanker-marine-ecosystem-idJPKBN1F509F

1/12【地図】 上海沖で衝突し火災を起こしたタンカー「SANCHI」号、東シナ海を南東へ、日本の方へ漂流中。
http://pelicanmemo.hatenablog.com/entry/2018/01/12/123000

ちなみに、1/31現在、九州と沖縄の間の「宝島」住人から「タンカーからの重油がこの辺りにも飛散している。
今日は消防団・青年団は汚染除去作業に大忙し」と言った報告があります。

すぐに九州、西日本に届く予測ですが、新聞報道もその後のフォローがありません。
海外からのネットニュースで知り、グリーンピースの報告を見る限りでは、
日本の見解が甘いのではないかと危惧します。

軽質原油コンデンセートの影響を評価しているのか、過去最大とされる重油漏洩事故にしては、
日本政府の対応が見られません。

海の生態系、水産業への影響、人体への影響が心配されます。

<グリーンピース声明から抜粋>

グリーンピース・インターナショナル サイエンスユニットのポール・ジョンストン
「状況は進展中ですので、既に流出した原油の量と、今後も増える見込みの流出量についての正確な情報は得られていません。今回の原油流出の最終的な規模の大きさを予測するのは不可能に近く、それに伴う環境への影響は予測不可能です。
当局は引き続き原油の流出状況を注視し、生態系に及ぼす重大な影響を見極めるために、系統的な監視体制を敷かなければなければなりません」

<ニュースフィアより抜粋>
*カナダのCBCラジオのインタビューに答えた海洋科学者のリチャード・スタイナー氏は、海に溶け出した有害物質が広範囲に海洋汚染を引き起こすと見ている。同じくインタビューに答えたガーディアン紙の環境担当の編集者は、今回は漁業の盛んな海域での事故で、多くの漁業資源が汚染されるだろうとしている。結果的に被害は消費者にも及ぶとし、安全が確認されるまで、汚染された海域や近海での操業を停止すべきだとしている。


*国際関係とアジア研究を専門とするトム・コーベン氏はディプロマット誌への寄稿で、このタイプの油は肉眼ではほぼ見えず、油膜を分解する海洋の微生物たちを殺してしまうと述べる。タンカーはすでに沈没しているため、流れ出る油の回収作業が困難であるうえに、「サンチ」の燃料であった重油が、海底から漏れ出しているという。
posted by だつげんぱつ at 17:06| 脱原発情報[情報]