2017年12月07日

大軍拡にNO!の声をあげよう!12.12政府交渉へ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

タガの外れた安倍政権は、遂に「専守防衛」の制約すら踏み破り、敵基地
攻撃兵器の導入に舵を切ろうとしています。他にも突っ込みどころ満載の
防衛省予算案に対して、12日午前に防衛省との交渉を行います。平日午前
という時間帯ではありますが、ご関心のある方はぜひご参加ください。

※防衛省に提出した事前質問はこちらからご覧になれます。
http://kosugihara.exblog.jp/238057372/

なお、後半に半田滋さんをお招きした「大軍拡を許すな!10・29集会」の
報告も転載していますのでご一読ください。

---------------------------------

◆大軍拡にNO!の声をあげよう!
 12・12 政府交渉

日時:12月12日(火) 午前10時〜11時30分 防衛省交渉
場所:参議院議員会館 B104会議室(永田町駅)
   ※9時30分から参議院議員会館ロビーで通行証を配布します。

 防衛省は、2018年度概算要求で、史上最大の5兆2551億円の防衛費を要
求しています。オスプレイの購入、「イージス・アショア」導入をはじめ
とする「ミサイル防衛」の強化、敵基地攻撃兵器の研究費の計上、地対艦
ミサイル配備等の南西諸島の部隊増強など、大軍拡が目論まれています。

 11月に来日したトランプ米大統領は、高額武器の購入拡大を露骨に要請
しました。C2輸送機の紛争当事国UAEへの輸出など、日本の軍需産業が製
造した武器の輸出も推進されています。今後、ますます防衛費を増大させ
る動きが強まると思われます。

 防衛省に対して、このような大軍拡にNO!の声を突きつけていきたいと
思います。ぜひ、ご参加ください。

【主催】大軍拡と基地強化にNO!アクション2017
[参加団体]
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
(北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212)
立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX 042-525-9036)
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
(TEL:090-3509-8732 FAX:047-456-5780)
反安保実行委員会
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
戦争・治安・改憲NO!総行動

---------------------------------

<大軍拡を許すな!10・29集会の報告>

 10月29日、私たち「大軍拡と基地強化にNO!アクション2017」は、千
駄ヶ谷区民会館にて「大軍拡を許すな!10・29集会」を行いました。当日
は、台風が接近する雨の中にもかかわらず、60名の方々が参加してくれま
した。
 集会では、東京新聞論説兼編集委員の半田滋さんが「防衛費、安全保障
関連法、ミサイル防衛、北朝鮮情勢の考察」というテーマで講演。半田さ
んは、防衛費については、F35、新型掃海艦やそうりゅう型潜水艦など、
予算を具体的に解説。なかでも、「高速滑空弾」や巡航ミサイルにもなる
「新対艦ミサイル」の研究費が入ったことには、ともに敵基地攻撃にも使
えるものだと批判しました。また、イージス・アショアに対しては、レー
ダーによる強力な電磁波の問題にも言及。周辺住民への影響を懸念してい
ました。
 「安保法」については、南スーダンからの突然の自衛隊撤収は、森友・
加計問題が取り沙汰される中で、安倍首相の不安材料を減らすために行わ
れたもの。現地の隊長さえも知らなかった。ミサイル防衛については、制
服組ですら欲しがっていなかったのに、政治家の「お下げ渡し」で導入さ
れることになった。「北朝鮮情勢の考察」では、対艦砲などのないヘリ空
母「いずも」が行った米艦防護の滑稽さについて指摘し、政治的対話によ
って解決されるべきと、話していました。
 質疑では、先日の衆議院選挙のことも話題になり、若い人は満員電車解
消とか、友達の親が候補者とか「驚くほど身近な基準」で投票しているケ
ースが多い。私たちがどう身近に思えるよう発信できるかが大切だ、とも
おっしゃっていました。
 集会最後の連帯アピールでは、「武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)」、
「トランプ・安倍戦争会談反対!新宿共同デモ実行委員会」、「辺野古へ
の基地建設を許さない実行委員会」の3団体から発言していただきました。
 今後とも、このような大軍拡を許さない集会やデモなどを続けていく予
定ですので、ぜひご参加ください。
posted by だつげんぱつ at 21:45| 脱原発情報[情報]