2017年09月09日

wam緊急セミナー★山田昭次さん:関東大震災時の朝鮮人虐殺ーそのとき、軍、警察、民衆は何をしたのか

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

直前のお知らせとなりすみません。明日10日午後に東京で行われる、アク
ティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)の緊急セミナー
の案内を転送します。貴重かつタイムリーな企画です。ぜひ、ご参加ください。

---------------------------------

みなさま

社会的な関心が高まっているいま、改めて関東大震災時の朝鮮人虐殺に
ついて正確な事実を知るために、以下の緊急セミナーを企画しました。
山田昭次さんのお話を聞けるチャンスはなかなかないと思います。
どんな疑問にも真摯に答えてくださると思います、みなさんの参加をお待ち
しています。

★★wam緊急セミナー★★★  【転送・拡散、お願いします】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関東大震災時の朝鮮人虐殺
ーそのとき、軍、警察、民衆は何をしたのか

日 時:2017年9月10日(日) 13:30−15:30頃終了予定
場 所:wam内オープンスペース
講 師:山田昭次(立教大学名誉教授)
『関東大震災時の朝鮮人虐殺―その国家責任と民衆責任』(創史社、2003年)
『全国戦没者追悼式批判―軍事大国化への布石と遺族の苦悩』(影書房、2014年)
『金子文子―自己・天皇制国家・朝鮮人』(影書房、1996年)ほか多数。
参加費:800円(wam維持会員は300円引き、友の会会員は100円引きになります)


*資料準備の都合上、参加予定の方はwam@wam-peace.org までご一報ください。
当日の参加も歓迎です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小池都知事は市民団体が主催してきた関東大震災での朝鮮人虐殺の犠牲者追悼式
への追悼文を拒否しました。そもそも自然災害の被害者と虐殺の犠牲者を同一視
する態度に問題がありますが、この事件の背景には歴史を否定する勢力があるこ
とも見て取れます。

「朝鮮人の虐殺は民衆が行った」だけではありませんでした。とりわけ、当時の
国家権力が虐殺行為を隠滅し、犠牲者数を把握させないために調査を妨害・弾圧
したことはあまりにも知らされておらず、また軍隊や警察自体が虐殺をしたこと
もほとんど触れられません。

山田昭次さんは、研究者として、日本人として、関東大震災時の朝鮮人虐殺につ
いての責任を果たすべく研究を重ね、「民衆責任」と「国家責任」を明らかにし
てきました。被害者数についても、当時の調査はどのようになされたのか、複数
の調査結果を比較して信憑性を検討していらっしゃいます。

隠蔽した当時者である国家が「被害者の人数」をめぐって歴史を否定しようとす
る常套手段は、日本軍「慰安婦」も南京大虐殺も一緒です。多くの方のご参加を
お待ちしています。


アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)
東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F 〒169-0051
t 03-3202-4633 f 03-3202-4634
wam@wam-peace.org URL:http://www.wam-peace.org/

★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
wamの展示・調査・連帯活動は、会員のみなさまに支えられています!
年会費は、友の会:3000円、維持会員:10000円。
ぜひ会員になって、wamの活動を支えてください!
★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
posted by だつげんぱつ at 22:23| 脱原発情報[情報]

大軍拡予算にNO!討論学習会&防衛省申し入れへ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

直前のご案内となりすみません。10日、11日と連続して、軍事費の膨張に
反対する取り組みが行われます。脅威を煽り、軍産複合体に血税を貢ぐ企
てを見破り、食い止めるために、ぜひご参加ください。

<参考>
我が国の防衛と予算−2018年度概算要求の概要(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/yosan/2018/gaisan.pdf

防衛省、概算要求5.2兆円 18年度2.5%増、ミサイル迎撃強化(9月1日、日経)
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20632040R30C17A8PP8000/

防衛省ミサイル開発研究費 菅長官「必要だから」(9月8日、テレビ朝日)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000109573.html

米から高額兵器爆買い 安倍政権で“防衛費リボ払い”急拡大
(9月7日、日刊ゲンダイ)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212993

---------------------------------

<大軍拡予算にNO!の声をあげよう!>

 南スーダン「戦闘」地域派兵への責任を取ることもなく、安倍政権は、
先制攻撃力保有、防衛費のGDP比1%を超える増額を主張する小野寺五典を
新防衛大臣に起用しました。新防衛大臣の下で、防衛省・自衛隊は2018年
度概算要求で、過去最高となる5兆2551億円の大軍拡予算を要求していま
す。「イージス・アショア」導入をはじめとする「ミサイル防衛」増強や
「統合機動力」の強化、石垣島や宮古島などの自衛隊の増強、宇宙監視部
隊の創設、新対艦ミサイルや高速滑空弾など事実上の「敵基地攻撃兵器」
の研究、「戦闘医療」態勢の整備、大学などを対象とした高額の軍事研究
助成費の継続などです。
 自民党の安全保障調査会は、早くも2019年〜2023年の次期中期防衛力整
備計画に向けた軍拡政策を練り、政府への提言を始めています。こうした
大軍拡の動きに反対する連日の取り組みに、是非、ご参加ください。

◆討論学習会
「軍拡予算の何が問題か?〜2018年度防衛費概算要求を読み解く」
9月10日(日) 18時30分〜21時
文京シビックセンター5階会議室A+B(後楽園駅、春日駅)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html 
資料代:500円

<問題提起1> 
「2018年度防衛費概算要求を斬る」
吉沢弘志(パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会)

<問題提起2> 
「次期中期防衛計画に向けて何が動いているか」
杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)
 
◆やめろ!大軍拡 防衛省申し入れ行動 
9月11日(月) 18時30分 防衛省正門前集合(市ヶ谷駅7分) 
申し入れは19時を予定

※10月29日(日)13時30分から、千駄ヶ谷区民会館2階集会場で
半田滋さんを講師に集会も行います。

【呼びかけ団体&連絡先】
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
 北部労働者法律センター気付(TEL・FAX)03-3961-0212
立川自衛隊監視テント村(TEL・FAX)042-525-9036
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
(TEL)090-3509-8732 (FAX)047-456-5780

【協賛】
新しい反安保行動をつくる実行委員会 
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT) 
戦争・治安・改憲NO!総行動
posted by だつげんぱつ at 01:42| 脱原発情報[情報]