2017年05月10日

【ご案内】5/23(火)佐藤丙午・杉原浩司・谷田邦一・望月衣塑子討論「軍事と学術、市民社会の関係性」

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT])です。
[転送・転載歓迎]

私も設立当初から参加してきた「武器と市民社会」研究会の設立10周年イ
ベントのご案内です。報告者の佐藤丙午さんは、防衛省の武器輸出政策に
関する有識者会議のメンバーなどもされてきた方です。今まで、この研究
会で「ミサイル防衛」や武器輸出をめぐって討論してきました。コメンテ
ーターの望月衣塑子さん、谷田邦一さんはともに、現在、軍事の最前線を
フォローされているエース記者です。ぜひ、お早めにお申込みください。

=========================================

2017年5月、「武器と市民社会」研究会は設立10周年を迎えます。これを記
念して、5月23日(火)に、シンポジウム「軍事と学術、市民社会の関係性」
を開催いたします。

当研究会では、「市民社会」の意味を特定のNGO等に限定せず、より包摂的
に捉え、幅広い議論の場を形成することを試みてきました。その背景には、
日本には、武器や安全保障関連の政策について、意見や立場が異なる者が
議論できる場が必要だとの認識がありました。そして、武器貿易や自律型
致死兵器システムなどに関する国際交渉に際しては、日本での開かれた政
策議論の場として機能してきました。

その一方で、この10年間に、日本では防衛装備移転三原則が策定され、安
全保障関連法制が成立しました。現在も、軍事と学術の関係をめぐり、多
くの研究者が岐路に立たされています。

最近の日本における関連政策の論議や政策決定過程からは、どのような課
題が指摘できるでしょうか?今後の日本において、軍事と学術の関係は、
どうあるべきでしょうか?

今回のシンポジウムでは、当研究会の設立時からのメンバーである佐藤丙
午先生と杉原浩司さんを報告者に、そして朝日新聞の谷田邦一記者と東京
新聞の望月衣塑子記者を討論者に迎え、日本の政策論議や決定過程にみら
れる課題や、今後の軍事と学術の関係のあり方について議論します。
みなさまのご来場をお待ちしております。

-------------------------------------------------
「武器と市民社会」研究会10周年記念シンポジウム
「軍事と学術、市民社会の関係性」

【日時】 2017年5月23日(火)18:30〜21:15(18:15開場)
【場所】 拓殖大学文京キャンパス C館4階404教室
【住所】 〒112-8585 東京都文京区大塚1-7-1
【地図】 以下ページ(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅下車徒歩5分)
http://www.takushoku-u.ac.jp/map/bunkyo.html

【登壇者】
・報告者
佐藤丙午 拓殖大学海外事情研究所
杉原浩司 武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
・討論者
谷田邦一 朝日新聞
望月衣塑子 東京新聞
・司会
榎本珠良 明治大学国際武器移転史研究所

【主催・問い合わせ先】 「武器と市民社会」研究会
【後援】拓殖大学海外事情研究所
【参加費】 無料
【参加方法】 事前登録制です。2017年5月22日(月)までに、以下リンク
の参加登録フォームにアクセスいただき、ご記入・送信ください。なお、
最近、セキュリティー対策を強化している企業等において、以下のGoogle
ドライブの参加登録フォームにアクセスできない・登録後の自動応答(登
録確認)メールが届かない等の現象がみられています。そのような場合は、
ご自宅からアクセスし、仕事用以外のメールアドレスを登録するなどの方
法でご対応いただけましたら幸いです。
https://goo.gl/KgRMKb

※5月22日(月)より前に定員(80人)に達しましたら、その時点で締め
切ります。
※取材や撮影を希望されるかたは、必ず事前に以下の問い合わせ先までご
連絡ください。

【問い合わせ先メールアドレス】
「武器と市民社会」研究会共同代表(以下ページ)にご連絡ください。
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-2.html

■登壇者プロフィールなどの詳細は、以下ページをご覧ください■
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-158.html
posted by だつげんぱつ at 00:13| 脱原発情報[情報]

2017年05月09日

【本日!】5・9 共謀罪廃案!国会行動へ(院内集会「警察による市民監視の実態」)

東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎]

もう本日となりますが、連休明け最初の重要な国会行動の呼びかけを転送
します。平日昼間ではありますが、可能な方は奮ってご参加ください。

今後の行動一覧はこちらから
http://sogakari.com/?page_id=67

--------------- 以下、転送 ------------------

角田です。
連休明け後、共謀罪をめぐる攻防が本格化します。
衆議院法務委員会の拙速審議・強行採決を許さないために全力をあげまし
ょう。
5月9日から19日までの2週間のたたかいが、共謀罪法案を廃案に追い込む
ためにきわめて重要となりました。この2週間を頑張りきれば、情勢が大
きく動く可能性があります。共謀罪廃案へ!頑張りましょう!
5月9日、衆議院本会議で鈴木衆議院法務委員長の解任決議案の採決がおこ
なわれます。横暴な与党の多数のもと、解任決議案は否決されるでしょう
が、答弁をできない金田法相隠しなどを官邸の指示のもと行ってきた鈴木
委員長の解任決議案の提出は当然のことです。
5月9日から共謀罪をめぐるたたかいは一挙に強まります。
共謀罪廃案をたたかう野党と連携し、2週間の攻防に全力をあげましょう。

5・9共謀罪廃案へ!国会行動が重要になりました。ぜひ、5・9共謀罪廃案
へ!国会前集会、院内集会にご参加ください。院内集会には、政府・法務
省がオウム事件で戦後はじめて破防法団体適用へと踏み出したとき、佐高
信さん(評論家)とともにオウム側「立会人」として治安維持法の再来と
いわれた破防法の違憲性を鋭く指摘した芹沢斉さん(自由人権協会・青山
学院大名誉教授)が発言します。
また警察による市民団体監視の恐るべき実態が明らかになった大垣署市民
監視事件、イスラム教徒信者監視事件などの報告があります。ぜひ、ご参
加ください。

<転載・転送歓迎!>

    ★5・9答弁できない金田法相は辞任せよ!★
      ★共謀罪法案廃案へ!国会前行動★

とき   5月9日(火)12時〜13時
ところ  衆議院第二議員会館前
挨拶   国会議員
発言   表現者、法律家、市民団体 ほか

---------------------------------

★5・9共謀罪法案廃案へ!院内集会★
★テロ対策とウソつくな!狙われているのはあなただ!★
★警察による市民監視の実態★

■とき  5月9日(火)13時30分〜15時30分
■ところ 衆議院第二議員会館多目的会議室
■挨拶  国会議員
■発言 篠田博之さん(日本ペンクラブ言論表現委員会)
    芹沢 斉さん(自由人権協会代表理事・青山学院大学名誉教授)
    山口 薫さん(アムネスティ・インターナショナル日本)
    佐藤かおりさん(女性と人権全国ネットワーク・共同代表)   
■報告 加藤健次さん(共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会・弁護士)
    「今も行われている市民監視」
■市民監視の実態
○大垣警察暑市民監視事件
  山田秀樹さん(弁護士)
  当事者の方二名
○イスラム教徒監視事件
  福田健治さん(弁護士)
○反原発運動への公安警察の潜入事件
  海渡雄一さん(弁護士)
■行動提起 高田健さん(総がかり行動実行委員会)

●共催  共謀罪NO!実行委員会
     戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
◆連絡先 共謀罪NO!実行委員会
・「秘密保護法廃止」へ!実行委員会(新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp
 /平和フォーラム 03-5289-8222) 
・解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会(憲法会議03-3261-9007 /許すな!
憲法改悪・市民連絡会03-3221-4668)
・日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)  mic-un@union-net.or.jp
・共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(日本民主法律家協会 03-5367-5430)
・盗聴法廃止ネットワーク(日本国民救援会 03-5842-5842) 
◆連絡先 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
・1000人委員会 03-3526-2920
・憲法9条を壊すな!実行委員会 03-3221-4668
・憲法共同センター 03-5842-5611
posted by だつげんぱつ at 00:37| 脱原発情報[情報]

2017年05月08日

【ご活用を!】公明党向け「共謀罪廃案」アクションシート改訂版(FAXも)

★公明党は「現代の治安維持法」=共謀罪法案を廃案に!
 はがき付きアクションシートをご活用ください!

東京の杉原浩司(秘密法反対ネット)です。[転送・転載歓迎]

先日もお伝えしましたが、「秘密法反対ネット」で公明党に対して共謀罪
法案の廃案を訴えるはがき付きのアクションシートを緊急に作成しました。

現在、公明党は早期成立に向けて、自民党と「共謀」しています。しかし、
会期末が迫り審議がぎりぎりの状況を迎えた場合、都議選などを意識した
公明党の判断が法案の行方を左右する可能性があります。市民が粘り強く
声を届け続けることは、ボディブローのように効いていくのではないでし
ょうか。

このシートは、52円切手を貼れば、山口那津男・代表と漆原良夫・中央幹
事会会長(法案の責任者)にすぐに出せるものです。はがきの裏面では、
牧口常三郎・創価学会初代会長が治安維持法により獄死させられたことを
牧口氏の写真入りで強調しています。

また、チラシの裏面には公明党のキーパーソンである19議員のFAX番号も
書いています。即効性の高いものですので、一人でも多くの方に大至急ご
活用いただきたいと思います。

初版5000枚は5月3日の憲法集会などで既になくなり、改訂版(今回、はが
きとして出しやすいよう厚紙にしています)5000枚を作成しました。連休
明けから、主に東京での共謀罪反対の行動などの機会に配布していきます。

アクションシートは以下からプリントアウトできますので、ぜひご活用く
ださい。

★プリンタで出力できるPDFがこちら。
http://chechennews.org/sharedoc/kyobozai/web_actionsheet_kyobozai_makiguchi.pdf

セブンイレブンのネットプリントもできます。
プリント予約番号 36700602 カラー:120円 白黒:40円
有効期限 2017/05/09 23:59:59

★また、周辺で配布されたい方には、シート代は無料、着払いの形で発送
します。以下まで、送付先住所、お名前、電話番号、必要枚数をお知らせ
ください。どしどしご活用ください!!!

<担当>
杉原浩司 (メール) kojis@agate.plala.or.jp
     (携帯) 090-6185-4407

---------------------------------

★大至急、キーパーソン議員などにファックスでも声を届けてください!

(例文:短いものでも構いません。なるべくそれぞれの言葉で)
・牧口常三郎創価学会初代会長が治安維持法により獄死させられた歴史を
受け止め、「現代の治安維持法」と呼ばれる共謀罪法案の成立に加担しな
いでください。

・性犯罪を厳罰化する刑法改正案を一日も早く成立させるべきです。共謀
罪法案の審議を中止して、刑法改正案の審議を優先してください。

【公明党国会議員】
山口那津男 代表        (FAX)03−6551−0806
井上義久 幹事長        (FAX)03−3508−3354
漆原良夫 中央幹事会会長    (FAX)03−3508−7149
北側一雄 副代表        (FAX)03−3508−3533
古屋範子 副代表        (FAX)03−3508−3259
石田祝稔 政調会長       (FAX)03−3508−3352
大口善徳 国対委員長・法務委員 (FAX)03−3508−8552
魚住裕一郎 参議院会長     (FAX)03−6551−0326
西田実仁 参議院幹事長     (FAX)03−6551−1005
斉藤鉄夫 選挙対策委員長    (FAX)03−3501−5524
太田昭宏 全国議員団会議議長  (FAX)03−3508−3519
石井啓一 国土交通大臣     (FAX)03−3508−3229
浜田昌良 参議院副幹事長    (FAX)03−6551−0316
山本香苗 参議院副会長・政審会長(FAX)03−6551−1024
谷合正明 参議院国対委員長   (FAX)03−6551−0922
國重徹 衆議院法務委理事    (FAX)03−3508−3885
吉田宣弘 衆議院法務委員    (FAX)03−3508−3808
秋野公造 参議院法務委員長   (FAX)03−6551−0711
佐々木さやか 参議院法務委理事 (FAX)03−6551−0514

◆公明党本部 
(TEL)03−3353−0111  
(FAX)03−3353−0457(広聴部)

◆創価学会 <諸活動へのご意見フォーム>
https://secure.sokanet.jp/goiken/soka_opinion/
posted by だつげんぱつ at 23:52| 脱原発情報[情報]