2017年03月18日

【緊急 団体賛同募集 3/22まで】 インドネシア・西ジャワ州石炭火力への日本の公的融資拒否を求める要請書

星川まり(東京・社会運動部)です。

22日までとのことで、FoEより団体賛同の呼びかけがありましたので、共有です。
内容を先に送信いたしますので、宜しくお願いします。

「団体賛同募集」です。拡散/地域でも団体等のご協力お願いします。
緑の党としての賛同も提案します。(20日運営委員会)




件名: 【緊急 団体賛同募集 3/22まで】 インドネシア・西ジャワ州石炭火力への日本の公的融資拒否を求める要請書

(重複ご容赦ください。転送・転載歓迎!)

http://www.FoEJapan.org/aid/jbic02/indramayu/170323_petition.html
------------------------------------------------------------------------------------
 インドネシア・西ジャワ州チレボン/インドラマユ石炭火力発電事業への
 日本の公的融資供与の拒否を求める要請書
    団体賛同の締切:3月22日まで   
    賛同集約先:右フォームに記入 https://goo.gl/forms/NbNzDeqftq6Meoj63
      もしくは hatae@foejapan.org まで直接送付
------------------------------------------------------------------------------------
皆様、

お世話になっております。波多江@FoE Japanです。

現在、インドネシア・西ジャワ州のチレボン、および、インドラマユ石炭火力発
電事業の2案件(計2,000 MW)に対し、日本政府が国際協力銀行(JBIC)や国際
協力機構(JICA)を通じて融資を供与しようとしています。チレボンについては、
3月末にJBIC等との融資契約が締結される見込みであることが報道等で伝えられ
ており、また、インドラマユについては、3月中に着工との情報が地元で流れて
います。

両案件ともに、地元住民が生計手段への影響や健康被害の懸念を訴え、事業の中
止を求めてきました。JBICやJICAに対しても住民から直接、異議申立書や書簡が
提出されています。
チレボン石炭火力に関する動きはこちら→http://www.foejapan.org/aid/jbic02/cirebon/activity.html
インドラマユ石炭火力に関する動きはこちら→http://www.foejapan.org/aid/jbic02/indramayu/activity.html

昨年6月の中ジャワ州バタン石炭火力発電事業(2,000 MW)へのJBICの融資決定
(約21億ドル)に始まり、今年2月の中ジャワ州タンジュンジャティB石炭火力・
再拡張計画(2,000 MW)へのJBICの融資決定(約17億ドル)、そして、今回の西
ジャワ州の2案件と、この1年間でインドネシアへの日本の石炭火力の輸出攻勢
は目に余るものがあります。

一方で、インドネシアの地域住民は、日本の融資する石炭火力発電事業のために、
土地収奪や環境悪化、人権侵害、地域社会の分断の犠牲となり、すでに巨大すぎ
る苦難を強いられてきました。

このような状況を受け、地域住民にさらなる負担を強いることになる西ジャワ州
チレボンおよびインドラマユ石炭火力発電事業に日本の公的融資が使われること
のないよう、日本政府、JBIC、JICA等に対し、以下の要請書を提出します。

ご賛同下さる団体の方は、3月22日(水)までに賛同集約フォーム(英語)
https://goo.gl/forms/NbNzDeqftq6Meoj63 )にご記入いただくか、
「賛同団体名(日本語と英語表記、両方)」を hatae@foejapan.org まで
お知らせください。

要請書は、来日予定のインドラマユ住民3名、および、現地NGO(WALHI)スタッ
フとともに、3月23日(木)に各省庁へ提出予定です。

要請書への賛同は海外の団体にも呼びかけていますが、日本の皆様からも多くの
ご賛同がいただけますようお願い申し上げます。

WALHI(FoEインドネシア)
国際環境NGO FoE Japan
「環境・持続社会」研究センター (JACSES)
気候ネットワーク
350.org Japan

(以下、要請書本文の和訳です。原文は英語になります。)
-----------------------------------------------------------------
英文PDF > http://www.foejapan.org/aid/jbic02/indramayu/pdf/20170323_e.pdf
和訳PDF > http://www.foejapan.org/aid/jbic02/indramayu/pdf/20170323.pdf
posted by だつげんぱつ at 15:14| 脱原発情報[情報]

2017年03月17日

「死の商人国家」化を懸念  杉原浩司インタビュー記事

杉原さんの記事がネットニュースで読めます。(星川)

そこが聞きたい 毎日新聞2017年3月16日 大阪朝刊
防衛装備移転三原則 武器輸出反対ネットワーク代表・杉原浩司氏
http://mainichi.jp/articles/20170316/ddn/004/070/048000c



こちらは草の根オルタナティブ新聞「名前のない新聞」3/4月号
特集「戦争を欲する国」の巻頭インタビュー

武器輸出反対ネットワークをつくり市民の声を企業に届けようと活動している・杉原浩司さん
http://amanakuni.net/Namaenonai-shinbun/Namae198.html

以前から杉原さんに興味を持っていた編集長がじっくり聞きました。
posted by だつげんぱつ at 00:52| 脱原発情報[情報]

2017年03月16日

【本日】やめろ!大軍拡 基地強化を許さない! 3・16防衛省申し入れ行動

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。当日のご案内
となりすみません。[転送・転載歓迎]

本日16日夕方、首都圏で基地反対の取り組みを続けてきたグループによる
防衛省行動が取り組まれます。ほとんど報じられていませんが、基地の役割
や機能の強化が急速に進んでいます。ぜひご注目、ご参加ください。

---------------------------------

<やめろ!大軍拡 基地強化を許さない! 3・16 防衛省申し入れ行動>

 2017年度の防衛関係予算案は、5年連続増加し、5兆1251億円と戦後最
大になりました。第3次補正予算案に含まれる防衛費約1800億円を合わせ
ると大幅な軍備増強となります。この大軍拡予算で、防衛省はオスプレイ
など高価な武器を買い漁ろうとしています。また、自衛隊同士だけでなく
米軍とも一体となって行動できるように、自衛隊の編制や指揮系統を再編
・強化しようとしています。こうした大軍拡で儲かるのは軍需産業です。
軍事研究の助成など、軍需産業を育成する動きも強まっています。
 一方、「駆け付け警護」任務などを追加された南スーダン派兵など、自
衛官は殺し・殺される危険にますますさらされるようになっています。沖
縄での米軍新基地建設、自衛隊増強だけでなく、首都圏の米軍・自衛隊施
設でも、その役割や機能の強化が図られようとしています。
 “基地の街”から反戦平和の声をあげてきた私たちは、こうした大軍拡
と海外派兵を許すわけにはいかないと考え、防衛省に申し入れる行動を呼
びかけました。是非、ご参加ください。

◆日時
3月16日(木) 18:30 防衛省前集合 19:00 申し入れ
         (JR、地下鉄市ヶ谷駅、四谷駅より徒歩約10分)

◆私たちが訴えたいこと
自衛隊はオスプレイを買うな! 横田に米軍オスプレイを呼ぶな!
オスプレイ整備拠点を木更津につくるな! ミサイル防衛をやめろ!
新世代戦闘機も水陸両用車も買うな!
陸上自衛隊総隊司令部を朝霞につくるな! 座間に日米共同部を設置するな!
米軍特殊部隊と自衛隊との共同訓練をやめろ!
軍事研究助成制度を廃止しろ! 武器輸出をやめろ! 宇宙軍拡反対!
宮古・石垣に自衛隊を配備するな! 沖縄米軍新基地建設反対!
入間に自衛隊病院をつくるな! コンバットメディカル(戦闘医療)教育訓練をやめろ!
自衛官は殺すな!殺されるな! 自衛隊は南スーダンからただちに撤退しろ!

◆呼びかけ
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
 北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03−3961−0212
立川自衛隊監視テント村
 東京都立川市富士見町2−12−10−504 TEL・FAX 042−525−9036
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
 TEL:090−3509−8732 FAX:047−456−5780

◆協賛
新しい反安保行動をつくる実行委員会
武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
posted by だつげんぱつ at 00:41| 脱原発情報[情報]