2017年02月07日

再処理工場問題に関する市民と政府の意見交換会のようすです。

星川まり(東京/社会運動部)です。

先日、団体賛同し、交渉の場にも参加させて頂きました、再処理工場問題の永田さんから、
報告をいただきました、共有します。


賛同いただいた団体のみなさま (重複御免ください)
先日は再処理工場に関する市民と政府意見交換会の要請書に
ご賛同いただきありがとうございました。おかげさまで無事終了することが
できました。以下簡単ですが当日の様子をお知らせいたします。
会員のみなさまによろしくお伝え下さい。 永田文夫


以下、全国ネット(no-mox)への報告を転送させていただき報告といたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三陸の海・岩手の会 永田です。
両再処理工場(東海・六ケ所)問題に関わる政府との意見交換会が 1月27日 行われました。


官僚から画期的な答弁を得ることを期待できないことはわかって
いますが、このような機会に私達の思いを監督官庁へ訴えることは意味がある
のではないかと思っております。(2年前も、今回も参加した規制庁官僚が保安検査で
昨年末の日本原燃副社長による国への虚偽報告を暴いてくれました。)



以下要請書本文後部に賛同団体名を添付いたします。賛同ありがとうございました。
http://sanriku.my.coocan.jp/170127yousei.pdf



参加者については以下の通りです。 参議院議員会館B104室
経産省資源エネルギー庁 原子力立地・核燃サイクル産業課 1名
内閣府原子力政策担当室 2名
外務省不拡散科学原子力課 1名
文科省 研究開発戦略官付 1名
原子力課 2名
原子力規制委員会原子力規制庁 8名
環境省 水・大気環境局総務課 1名 合計16名
*市民側参加者は川田龍平議員、政策秘書さんを含め約30名ほどでした。


私達の質問意見の政府答弁は明確なものはほとんどありませんでした。明確だったのは
報道で「再処理施設内にある放射性物質の量が原発より少なく、事故を起こしても
周囲への影響はすくない」から緊急時防護措置準備区域UPZを従来通りの5kmにした。
このことについて、「そのような議論はしていない」と否定したことくらいでした。


以下やりとりを通してわかったことなどです。


☆六ケ所再処理工場について
1)緊急時使用済み燃料プールの使用済み燃料のや高レベル廃液の搬出先に
ついては答えがなかったこと。
2)重大事故のシュミレーションが実施されないままUPZを決められていること。
3)稼働するとトリチウム、クリプトン85は全量環境へ放出されること。
4)海洋のトリチウム測定結果が虚偽の報告ではないかという指摘に答えないこと。
5)高レベル廃液がガラス固化されたのに拘らずセシウム137が減少して
いないことについて定量的(物質収支)回答ができないこと。
6)重大事故が起こり高レベル廃液の沸騰が始まったとき、最後の
放射能を閉じ込める手段が示めされないこと。(両再処理工場)
7)使用済み燃料425トンが再処理され、セシウム137とストロンチウム90は
高レベル廃液となりそれがガラス固化されたのですが、この核種について
各状態における放射能量を示さないこと。


☆東海再処理工場について
以下の「廃止に向けた計画等について」資料が配布されました。
http://sanriku.my.coocan.jp/170127yousei.pdf
1)12年半でガラス固化を終了させたいとのこと。
2)東海第二原発では20mの防潮堤を用意しているが、再処理工場では
予定していないこと。
3)18mと27mの高台に発電機や可搬型の機器を配備するとのこと。

☆我が国のプルトニウム政策について
1)利用目的のない余剰プルトニウムは保持しない原則を堅持するとのこと。
2)プルサーマルで再処理から発生するプルトニウムを利用するとのこと。

以上は“言葉”でのやり取りであり、不正確なところもありますので
同内容の質問主意書を提出して頂き“文書”回答を得ることを考えております。


参加頂いたみなさんから補足説明をお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



当日のやりとりの動画は
U-PLANさんとhumansystemさんで配信されていますので


◯ U-PLAN は
https://www.youtube.com/watch?v=HTluX14bYaM


◯ humansystem は4つに分かれています。 青数字は以下のURL末尾番号です

(1)市民集会1)意見交換会趣旨説明と参加者の自己紹介 342168510
(2)市民集会1)参加者自己紹介と川田龍平議員のご挨拶 342171965
(3)市民・政府官僚意見交換会 342173884
C プルトニウム政策
B 東海再処理工場
A 六ケ所再処理工場 全体に係る質問
(4)市民・政府官僚意見交換会 342186040
A 六ケ所再処理工場 全体に係る質問
高レベル廃液のガラス固化
落雷による事故について http://twitcasting.tv/humansystem/movie/342168510


http://twitcasting.tv/humansystem/movie/342171965


http://twitcasting.tv/humansystem/movie/342173884


http://twitcasting.tv/humansystem/movie/342186040




*補足です。再処理工場の重大事故はこの国の存在を脅かすものとなります。
このため、考えられるあらゆる対策を講じさせなければなりません。


しかし、今回のやりとりでは、高レベル廃液や六ケ所で3000トン貯蔵されている使用済み燃料の
放射能を大量に放出する可能性がある重大事故に進行し手に負えなくなった場合の
深層防護については「そのような事態に陥らせないようにする」と言った回答であり
事故が起きるという前提が抜けていました。火砕流が到達したときの高レベル廃液や
使用済み燃料の搬出先は原燃からの回答待ちの状態です。


福島の教訓を踏まえたとき、「絶対に再処理工場の重大事故を起こさせるな、できなければ
再処理から撤退しなさい」と私達はしつこく申入れ、訴え続けていかなければならない
と思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by だつげんぱつ at 17:49| 脱原発情報[情報]