2017年01月11日

軍学共同や武器輸出に関する記事・企画のご案内

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

本日1月11日の朝日新聞朝刊の社会面に、「防衛省から資金 割れる大学」
と題した記事が掲載されています。「日本の大学は岐路に立っている」と
して、今年度の6億円から来年度予算案が110億円へと激増した、軍事研究
予算をめぐる大学の対応に焦点を当てています。益川敏英さんのコメント
や、昨年末の軍学共同反対連絡会による記者会見の写真も。ぜひご一読く
ださい。

防衛省から資金、割れる大学 反対派「軍事に加担」 容認派「研究は正当」
(1月11日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12740993.html

なお関連して、後半に、2月4日に行われる日本学術会議主催の学術フォー
ラムの案内をご紹介します。防衛省による軍事研究助成制度に対してどう
対応するかを検討中の学術会議が行う公開企画であり、多くの方が参加さ
れるように呼びかけます。

ちなみに、最後から2番目の発言者である西山淳一さんは、かつて三菱重
工の武器部門の責任者を務め、当時、盛んに武器輸出解禁を唱えていた人
です。フォーラムは事前予約制ですので、お早めに申し込んでください。

合わせて、軍学共同反対連絡会の最新ニュースもぜひご覧ください。
(昨年末の記者会見での発言概要も掲載されています)
http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2017/01/NewsLetter_No04.pdf

最後にもう一つだけご紹介します。

本日1月11日発売の『日刊ゲンダイ』(1月12日号)1、2面に、「戦争屋政
権『死の商人』利権の腐臭〜これが積極的平和主義の正体だ」という記事
が掲載されています。

2面の中ほどには、私の以下のコメントも。
「安倍政権は新三原則へと大転換したものの、これまでは目立った"成果"
を挙げられていません。武器輸出は政権のメンツをかけて取り組んでいる
のでしょう。そのために軍事費を拡充し、軍学共同研究を行い、さらに軍
産複合体づくりを進めるつもりだと思います。防衛省が昨年8月に公表し
た今後の技術開発の重点分野では、米軍と同じようにAI(人工知能)やロ
ボットの活用まで踏み込んでいる。これは日本が米国と武器開発でも協力
し、戦う方針を示しているのではないか。『死の商人国家』の入り口に立
っていることを危惧しています」

過去最高の本予算案に加えて、補正予算案にまで公然と入れ込んだ軍事費
の大幅増、軍事研究予算の18倍もの激増、軍需企業の自民党への献金増額
や、稲田防衛相親族の軍需産業株の大量保有などの危険な動きもカバーさ
れており、現在進行形の軍備増強政策の異様さがわかりやすく示されてい
ます。よろしければ、駅の売店やコンビニなどでお買い求めください。

【巻頭特集】
紛争大歓迎 “戦争屋”安倍政権「死の商人」利権の腐臭
(日刊ゲンダイ、1月12日号)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197316

---------------------------------

※参加希望の方は早めに事前申し込みをしてください!

日本学術会議主催学術フォーラム
「安全保障と学術の関係:日本学術会議の立場」について(ご案内)

【日時】2月4日(土) 13:00〜17:00(開場:12:30〜)

【主催】日本学術会議

【会場】日本学術会議講堂 
   (定員250名・入場無料・事前登録制・定員に達し次第、受付終了)

【開催趣旨】
日本学術会議は1950年、1967年に「戦争を目的とする科学研究」を行わな
いとの声明を発した。近年、軍事と学術が各方面で接近を見せる中、民生
的な研究と軍事的な研究との関係をどうとらえるかや、軍事研究が学術の
公開性・透明性に及ぼす影響などをめぐって審議すべく、「安全保障と学
術に関する検討委員会」が設置された。同委員会の中間報告を受けて審議
の状況等を紹介するとともに、内外から意見を聴取するため、学術フォー
ラムを開催いたします。

【プログラム】
総合司会 大政 謙次(日本学術会議第二部会員、東京大学名誉教授、愛媛大
          学大学院農学研究科客員教授、高知工科大学客員教授)

13:00-13:05 開会挨拶
挨拶 大西 隆(日本学術会議会長・第三部会員、豊橋技術科学大学学長、
         東京大学名誉教授)

<第1パート:委員会中間とりまとめの状況報告>
13:05-13:35 委員会中間とりまとめの状況報告
   杉田 敦(日本学術会議第一部会員、法政大学法学部教授)

<第2パート:日本学術会議の内外の意見>
進行 小松 利光(日本学術会議第三部会員、九州大学名誉教授)
13:35-13:50 (演題調整中)
   兵藤 友博(日本学術会議第一部会員、立命館大学経営学部教授)
13:50-14:05 「学術研究のために」という視点
   須藤 靖(日本学術会議第三部会員、東京大学大学院理学系研究科
         教授)
14:05-14:20 (演題調整中)
   佐野 正博(日本学術会議連携会員、明治大学経営学部教授)
14:20-14:35 軍民両用(デュアルユース)研究とは何か−
       科学者の使命と責任について
   福島 雅典(日本学術会議連携会員、財団法人先端医療振興財団臨床
         研究情報センター長(兼)研究事業統括)
14:35-14:50 防衛技術とデュアルユース(予定)
   西山 淳一(公益財団法人未来工学研究所 政策調査分析センター
         研究参与)
14:50-15:05 安全保障と学術について(予定)
   根本 清樹(朝日新聞社論説主幹)

15:05−15:20 (休憩)

<第3パート:総合討論>
進行 杉田 敦(日本学術会議第一部会員、法政大学法学部教授)
15:20-16:55 総合討論
(学術フォーラム参加者と安全保障と学術に関する検討委員会委員による
 質疑応答)

16:55-17:00 閉会挨拶
挨拶 花木 啓祐(日本学術会議副会長第三部会員、東京大学大学院工学系
         研究科教授)

17:00 閉会

【参加申込】
日本学術会議ウェブサイト( https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0069.html )
より2月3日(金)17時までに氏名・連絡先(メールアドレス等)をご連絡下
さい。ただし、申込数が定員に達し次第、申込を締め切ります。申込を受
け付け後、受付番号を事務局から申込者に連絡します。受付番号がない方
の当日入場はできません。何卒ご了承ください。
※1参加申込につき1席のみの申込でお願いします(複数人分の申込は不可)。

【本件問い合わせ先】
日本学術会議事務局 審議第二担当  
TEL:03-3403-1082 FAX:03-3403-1640
posted by だつげんぱつ at 21:12| 脱原発情報[情報]