2016年11月08日

本日;避難者への無償提供を続けて!住宅保障を求める交渉

星川まり(東京/社会運動部)です。
当日のお知らせになってしまいましたが、来年3月の住宅支援切り上げに反対する声を上げる
院内集会にご参加お願いします。



http://hinannokenri.com
「避難の権利」を求める全国避難者の会

【日本政府及び福島県との交渉のお知らせ】
「災害救助法に基づく応急仮設住宅・みなし仮設住宅の無償供与継続、東京電力原子力災害被災者救済のための住宅保障を求める交渉」
2011年3月に発生した東京電力原子力災害による自主避難者の多くは、災害救助法に基づき供与されているいわゆる「みなし仮設住宅」(借り上げ民間賃貸住宅や公営住宅など)に入居していますが、その無償供与終了期限が来年の3月末に迫っています。
そんな中、多くの自主避難者が来年の4月以降、どこに住むのかが未だ決まっておらず、不安を抱えたまま福島に帰還をするのか、貧困生活を余儀なくされるのかの選択を迫られています。
そして、避難当事者からは、現在の住宅に住み続けたい、長期かつ抜本的な住宅の保障をおこなってほしいという要望が強くよせられています。
これに対して、「避難の権利」を求める全国避難者の会、原発事故被害者団体連絡会(略称・ひだんれん)、原発被害者訴訟原告団全国連絡会、避難住宅問題連絡会の被害当事者4団体により、日本政府及び福島県との交渉を行うこととなりました。
詳細は以下の通りとなります。この現状を、日本政府、福島県のみならず、世論に広く訴えていくことも当事者団体としての責務と考えております。
全国の心ある皆さまの後押しをいただきますれば幸いです。
なお、会場は定員76名と決して広いものではありませんが、参加希望の方は、当日、12:00〜12:20の間に、参議院議員会館の1階ロビーにお越しいただければ係の者が対応させていただきます。
以上、宜しくお願い申し上げます。
        記
1.日時:2016年11月8日(火)12:30〜14:30
2.場所:参議院議員会館 B107号室
3.出席:日本政府(内閣府、復興庁、環境省、国土交通省、原子力規制庁、経産省に出席要請中)
福島県
4.主催:
「避難の権利」を求める全国避難者の会
原発事故被害者団体連絡会(略称・ひだんれん)
原発被害者訴訟原告団全国連絡会
避難住宅問題連絡会
5.問い合わせ先:
「避難の権利」を求める全国避難者の会 事務局
住所:〒004-0062 北海道札幌市厚別西郵便局留
電子メール:hinannokenri@gmail.com
ホームページ http://hinannokenri.com
Tel:080-1678-5562(共同代表・中手聖一)
FAX:011-398-9769 
                            
                  
文責・ 「避難の権利」を求める全国避難者の会・事務局  長谷川克己
(facebookより転載)
posted by だつげんぱつ at 01:33| 脱原発情報[情報]