2016年11月08日

本日;避難者への無償提供を続けて!住宅保障を求める交渉

星川まり(東京/社会運動部)です。
当日のお知らせになってしまいましたが、来年3月の住宅支援切り上げに反対する声を上げる
院内集会にご参加お願いします。



http://hinannokenri.com
「避難の権利」を求める全国避難者の会

【日本政府及び福島県との交渉のお知らせ】
「災害救助法に基づく応急仮設住宅・みなし仮設住宅の無償供与継続、東京電力原子力災害被災者救済のための住宅保障を求める交渉」
2011年3月に発生した東京電力原子力災害による自主避難者の多くは、災害救助法に基づき供与されているいわゆる「みなし仮設住宅」(借り上げ民間賃貸住宅や公営住宅など)に入居していますが、その無償供与終了期限が来年の3月末に迫っています。
そんな中、多くの自主避難者が来年の4月以降、どこに住むのかが未だ決まっておらず、不安を抱えたまま福島に帰還をするのか、貧困生活を余儀なくされるのかの選択を迫られています。
そして、避難当事者からは、現在の住宅に住み続けたい、長期かつ抜本的な住宅の保障をおこなってほしいという要望が強くよせられています。
これに対して、「避難の権利」を求める全国避難者の会、原発事故被害者団体連絡会(略称・ひだんれん)、原発被害者訴訟原告団全国連絡会、避難住宅問題連絡会の被害当事者4団体により、日本政府及び福島県との交渉を行うこととなりました。
詳細は以下の通りとなります。この現状を、日本政府、福島県のみならず、世論に広く訴えていくことも当事者団体としての責務と考えております。
全国の心ある皆さまの後押しをいただきますれば幸いです。
なお、会場は定員76名と決して広いものではありませんが、参加希望の方は、当日、12:00〜12:20の間に、参議院議員会館の1階ロビーにお越しいただければ係の者が対応させていただきます。
以上、宜しくお願い申し上げます。
        記
1.日時:2016年11月8日(火)12:30〜14:30
2.場所:参議院議員会館 B107号室
3.出席:日本政府(内閣府、復興庁、環境省、国土交通省、原子力規制庁、経産省に出席要請中)
福島県
4.主催:
「避難の権利」を求める全国避難者の会
原発事故被害者団体連絡会(略称・ひだんれん)
原発被害者訴訟原告団全国連絡会
避難住宅問題連絡会
5.問い合わせ先:
「避難の権利」を求める全国避難者の会 事務局
住所:〒004-0062 北海道札幌市厚別西郵便局留
電子メール:hinannokenri@gmail.com
ホームページ http://hinannokenri.com
Tel:080-1678-5562(共同代表・中手聖一)
FAX:011-398-9769 
                            
                  
文責・ 「避難の権利」を求める全国避難者の会・事務局  長谷川克己
(facebookより転載)
posted by だつげんぱつ at 01:33| 脱原発情報[情報]

2016年11月06日

「原発を輸出しないで!」 メーカー要請行動、「日印原子力協定」反対院内集会、東京集会

星川まり(東京/社会運動部)です。

みなさん にこにこ給食キャンペーンの投票期間は11/10までです。
あまり締め切り間近に集中しないよう(カウントが大変なので)
ぜひ今から早めの投票をお願いいたします。
http://spue8y99.wixsite.com/nikoniko-kyusyoku

どの自治体も頑張っていて、ひとつ選ぶのはなかなか大変ですが、
どうぞ宜しくお願いします。


さて、緑の党グリーンズジャパンも団体賛同をしている
インドへの原発輸出問題「日印原子力協定」締結反対のアクションについて、
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパンからの知らせを転送します。
可能な方は是非ご参加をお願いします。
拡散ご協力ください。


<以下転送>


明日です。ご参加ください
■「原発を輸出しないで!」 メーカー要請行動 11月7日 9:00 三菱重工(品川・三菱重工ビル)、10:00 東芝本社(浜松町)、11:00 日立本社(東京丸の内北口・日本生命丸の内ビル)
■院内集会 11月7日 15:00 衆議院第1議員会館・第2会議室
■東京集会 11月7日 18:30 たんぽぽ舎・4階

■「日印原子力協定」締結反対・11.11世界共同行動ポスターアクション!
10〜12日にインド・モディ首相が来日し、安部首相との首脳会談で「日印原子力協定」が署名されようとしています。「日本メーカーのインドへの原発輸出」「核拡散につながるインドの核兵器の承認」となるこの協定の署名・締結を許すことはできません。ポスターはインドで作成され、世界に共同行動を呼びかけられたものです。インド各地で抗議運動が行なわれます。これに連帯して日本でも抗議のポスターアクションを展開しましょう。
・ポスターを自分の胸にかざし、写真にとってFacebook等で意志を示す。
・集会、デモ、街頭で、ポスターをかかげる
ポスターは、セブンイレブンのコピー機でプリントアウトできます。「プリント予約番号993UDP9F」を入力して印刷してください。有効期間は11月8日までです

■「日印原子力協力協定」に反対する共同アピールに賛同署名を!
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/209
危険極まりない日印原子力協定、皆さんからの署名を11月7日に対政府交渉で提出する予定です。賛同いただいた方、ありがとうございました! 30か国、428団体、2674名(11月5日現在)下のほうに掲載しています

★ 賛同署名を、どうかよろしくお願いします!
個人名または団体名を、メールで下記まで送ってください(匿名希望の方はその旨書いてください)sdaisuke@rice.ocn.ne.jp
取り扱い団体:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
*日印原子力協定阻止キャンペーン2016 呼びかけ団体:グリーンアクション、原子力資料情報室、コアネット、「しないさせない!戦争協力」関西ネットワーク、たんぽぽ舎、とめよう原発!!関西ネットワーク、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、NP0法人ピースデポ、ピースボート、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

**************************************
●8856人の「国家の敵」が住む村 − 国家反逆罪の影のもとで暮らすクダンクラムの人々
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/294
ロシア製のクダンクラム原発の稼働を阻止しようと、2011年から住民たちは非暴力で、大規模な集会、デモ、道路封鎖、ハンガーストライキなどをくりかえしてきた。2012年9月に3万人が原発を包囲した大行動では、インド政府・警察の暴力的な介入によって2名の死者がでてしまった。日本がインドへの原発輸出を推進すれば、ここに書かれたような事態が再び引き起こされる可能性がある。インドに原発を輸出してはならない。

●ジャイタプール原発の撤回を求めて非暴力の抗議行動
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/239
アレバ・三菱が原発輸出を計画しているジャイタプールで、ガンジーの誕生を記念する日に抗議行動、集会、ハンガーストライキが行なわれた。昨年「日印原子力協定阻止キャンペーン」で来日したヴァイシャリ・パティルさんと、今年3月に福島で開催した第17回ノーニュークス・アジアフォーラムに参加したラリター・ラームダースさんの文章を掲載しています。

●広瀬隆、韓国で10月、連続講演会(国会、慶州、ウルサン、プサン)
「地震帯上の原発、その危険を語る」プサン講演2時間の映像。通訳はキム・ボンニョさん
https://www.youtube.com/watch?v=UVNjxR0cNzw
posted by だつげんぱつ at 19:47| 脱原発情報[情報]

2016年11月05日

11.9(水)福島原発被害東京訴訟第20回期日

星川まり(東京/社会運動部)です。

facebookから転送です、参加できる方はぜひお願いします。

福島原発被害首都圏弁護団 
https://www.facebook.com/genpatsuhigai.shutoken.bengodan/

【拡散】11月9日午前10時から、福島原発事故で東京に避難している皆さんが国と東京電力の責任を追及している裁判の第20回口頭弁論期日が開かれます(東京地裁103号法廷)。いよいよ、原告の避難者の皆さんの本人尋問が始まります。この日は、昼休みをはさんで、午後4時30分まで、尋問が続きます。夕方までの長丁場ですので、午前中のみ、午後の途中からの傍聴も歓迎しております(開廷中は出入り自由)。少しでも時間がありましたら、ぜひ東京地裁103号法廷にお寄りください。あなたが傍聴席に座ることで、証言台に立つ避難者の皆さんの励みになります。

【福島原発被害東京訴訟第20回期日のご案内】
日時:11月9日(水)午前10時〜午後4時30分
場所:東京地方裁判所103号法廷
[東京都千代田区霞が関1−1−4]
※傍聴券は配布しませんので、だれでも定員まで先着順に入廷できます。出入りも自由です。
※昼食は、裁判所や弁護士会館の地下のほか、農林水産省の食堂、松本楼(日比谷公園)などがあります。

[報告会]
同日 期日終了後(16:45ころ〜)
場所:弁護士会館10階の1005会議室
[東京都千代田区霞が関1−1−3]
※裁判所の東隣の建物です
当日の裁判,尋問内容の説明,次回の尋問の予定,今後の手続の流れや方針などについて,弁護団からご報告します。

裁判所の最寄り駅は
東京メトロ丸ノ内線,日比谷線,千代田線「霞ヶ関駅」(東京地裁はA1出口すぐ目の前)
東京メトロ有楽町線「桜田門駅」 (東京地裁は5番出口から徒歩3分)です。

※原告を応援する市民応援団「サポーターズ」も募集しています。この機会にぜひ登録をお願いします(一般会員は会費無料)。

☆当日、9時30分より地裁前でチラシ配布・アピールなどいたします。こちらにもご参加ください。

(その後の期日予定)
2017年1月11日、3月1日(いずれも、原告の本人尋問を行います。)

<問い合わせ先>
〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目19番7号 新花ビル6階 オアシス法律事務所内 福島原発被害首都圏弁護団
電話:03-5363-0138 FAX:03-5363-0139
メール:shutokenbengodan@gmail.com
ブログ:http://genpatsu-shutoken.com/blog/
FB : https://www.facebook.com/genpatsuhigai.shutoken.bengodan
posted by だつげんぱつ at 23:56| 脱原発情報[情報]