2016年06月09日

リニア3つのイベント案内

星川まり(東京/社会運動部)です。

  *今回画像ファイルばかりなので、ブログでのお知らせになります。
   ご了解お願いします。

1)7月末、長野でリニア計画現地への視察ツアーがあります。
議員の皆さん、市民の皆さんも、どうぞご参加ください。
皆さんの周囲への拡散もお願いします。

なお、参加費については「同封の赤い振込用紙」となっているのですが、これは
添付されておりません。その次にある「詳細のお問い合わせ」先である、中川さんへ
直接お問い合わせくださるようお願いします。

市民ネット東京ブログに掲載しましたのでご参照ください。

7.30/31(土日)リニア建設計画長野県現地視察のご案内
http://d.hatena.ne.jp/stoplinear/20160609


2)今週末には「アースデイ伊那 VIVA ALPS」でリニア問題が大きく取り上げられます。
以下、アーティストの森田さんからのメールです。

<転送>
お世話になります。
6月12日に飯田で開かれるイベントの件で、
イベントのチラシと、前日から伊那谷入りしてもらい大鹿村のリニア工事予定地である
釜沢集落の見学〜四徳温泉で宿泊〜翌日イベント会場へというプランのチラシを添付します。

イベントでは大鹿村や南アルプスの自然を伝える写真パネルやリニアの現実の周知のための
ブースなども出され、トークライブでは地元の地質学者、南アルプス研究の第一人者である
松島信幸先生をお呼びしてリニアの件にも切り込んでもらう予定です。

告知広報ご協力いただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

森田

・・・・・ここまで・・・・・

チラシはこちらでご覧ください。

6.12(日)伊那谷アースデイ VIVA ALPS/エコ&スタディツアー
http://d.hatena.ne.jp/stoplinear/20160607/1465285306

追伸で
「エコ&スタディツアー申し込みは直前でも大丈夫!
 また、値引きがあるそうなので直接担当の久保田(チラシの携帯番号)まで
 連絡頂ければ幸いです。」とのことです〜



3)7月14日は東京で!
「リニアで南アルプスを壊さないで」登山者大集合
7.14(木)18:30開場 19:00~20:45 @御徒町
*南アルプスを愛する山岳愛好家の皆さんがリニア問題で立ち上がった
「登山者アピール運動」のスタート集会です。もちろん一般の皆さんも大歓迎です。
フェイスブックのプロジェクトページへ案内をアップしました。
https://www.facebook.com/stoplinear.project/

フェイスブックをお使いでない皆さん、
http://d.hatena.ne.jp/stoplinear/
明日掲載しますので、ご覧ください。
(同日に1更新しかできないブログなので・・;)
posted by だつげんぱつ at 20:49| 脱原発情報[情報]

2016年06月08日

6/11 武器輸出は何のため??これがアベノミクスの正体なの?

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク)です。
[転送・転載歓迎]

6月11日午後、小倉利丸さんとご一緒に神奈川で武器輸出についてお話す
ることになりました。

オーストラリアの潜水艦商戦での落選以降も様々な動きがあります。最新
情勢やこの間の取り組みを踏まえた問題提起を行い、参加者の皆さんと討
論したいと思います。ご関心のある方はぜひご参加ください。

---------------------------------

武器輸出は何のため?
〜これがアベノミクスの正体なの?

“だれの子どもも殺させない!” 神奈川から武器輸出を考える

https://actionkanagawa.wordpress.com/2016/05/24/0611-arms-trade/

<武器輸出は私たちに何をもたらすのでしょうか>

 「武器」を「防衛装備」という名前に替えて、原発輸出と共にこの国の
輸出産業の目玉に据えて経済成長をはかろうとするアベノミクス。その成
長戦略のもとで、武器と軍事技術を輸出するために「防衛装備庁」をつく
り、大学をもまき込んで日本版の産学軍複合体づくりが、いま本格的に進
められようとしています。
 「武器輸出3原則」で武器輸出を長らく禁止してきたのを国会で議論す
ることもなく解禁して、「(防衛装備)移転」と称して武器輸出に道を開
くことは、この国の将来と私たちの暮らしにどのような影響をもたらすの
でしょうか。また、“だれの子どもも殺させない”との声を上げ続けてい
くためにも、戦争と武器との関係についても考えて、武器輸出反対の声を
拡げていこうではありませんか。

<武器や部品製造の有力拠点としての神奈川>

 武器や軍事技術の開発が産学共同して本格的にすすめられようとしてい
ます。神奈川は、大学や研究機関が数多く集積し、また、これまでも武器
や装備の研究・製造を行ってきている三菱電機、川崎重工、富士通、東芝
等の工場や研究所が集積しています。
 武器輸出は、戦争拡大に必然的につながります。さらに武器の製造工場
などはテロや戦争相手からの攻撃目標にされ、神奈川県民は死と背中合わ
せの状況で暮らすことになることは明らかではないでしょうか。
 この点からも、神奈川からも武器輸出に歯止めをかける取組みが求めら
れている、と考え、6・11集会を企画しました。共に考え、神奈川でも
行動をつくりだしていこうではありませんか。

リーフレットをダウンロード>>
https://actionkanagawa.files.wordpress.com/2016/05/160611reaf_blue_out.pdf

日時:6月11日(土) 13:30〜16:00
会場:横浜市情報文化センター・情文ホール(6階)
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
みなとみらい線日本大通駅徒歩0分、JR・市営地下鉄関内駅徒歩10分
http://www.idec.or.jp/shisetsu/jouhou/access.php

講師:
杉原浩司:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表、集団的自衛権問題研究会
小倉利丸:富山大学名誉教授(経済学者)、ピープルズ・プラン研究所共同代表

資料代:500円

主催:かながわアクション

賛同団体:
「輝け!九条」新護憲市民の会・神奈川/ストップ秘密法かながわ/自主・平和
・民主のための広範な国民連合・神奈川/憲法9条‐世界へ未来へ神奈川連絡会 
同横浜連絡会/川崎地区9条連/神奈川県労働組合共闘会議/基地撤去をめざす
県央共闘会議/かながわ歴史教育を考える市民の会/ジョアン川崎/非核市民宣
言運動・ヨコスカ/秘密保護法廃止をめざす平塚市民の会/オルタナティブ神奈
川/湘南護憲市民の会/時を見つめる会/「避難の権利」を求める全国避難者の
会・かながわサポーターズ/福島原発かながわ訴訟を支援する会/I女性会議神
奈川県本部/安保関連法に反対するママの会@神奈川/ふじさわ9条の会・有志

………………………………………………………

[かながわアクション]
戦争準備に突き進む安倍政権にNO!を 神奈川行動実行委員会
actionkanagawa★gmail.com(★→@に替えてください)
https://actionkanagawa.wordpress.com

-----------------------------------

 杉原浩司
 携帯 090-6185-4407 E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 ★7日に行った「武器見本市(ユーロサトリ)に出展しないで!軍需企業申し
 入れ」を写真入りでつぶやいています。ぜひご覧ください。
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10
posted by だつげんぱつ at 00:38| 脱原発情報[情報]

2016年06月06日

6.6(月)「海洋汚染事件」福島検察審査会に申し入れ 他(福島原発告訴団/刑事訴訟支援団)

星川まり(東京/社会運動部)です。

福島原発告訴団の検察審査会への申し入れが急遽本日行われます!

<転載>
福島検察審査会に申し入れ・汚染水問題集会のお知らせ
http://shien-dan.org/20160606event/
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp

「海洋汚染事件」について、福島検察審査会の事務局から、連絡がありました。
6月22日に追加の第2次申立で、汚染水の委任状を提出する予定にしていましたが、6月15日までに提出しないと間に合わないとのこと。
どうやら、今月末くらいには結論を出すのではないかと思われます。
現在、2000人を超える告発人の方から、委任状が返送されています。
4月13日に第1次の申立をして、ほんのわずかな期間で起訴の是非が判断できるとは、思えません!
この事件は、福島第一原発事故とともに世界未曾有の核物質による海洋汚染事件です。
不起訴理由には、「地下水が海に達するまで相当の期間を要する」など、おかしな理由ばかりです。
告発人の意見聴取もされていませんし、強制捜査、家宅捜索もされていません。
早くも事件は幕引きされようとしています。
汚染水問題は、日本国内のみならず、海外でも非常に重要な問題として注目されています。
緊急に予定を変更します。
ぜひ、みなさまお集まりください!


福島原発刑事訴訟支援団 facebook
https://www.facebook.com/福島原発刑事訴訟支援団-151472098544149/?fref=photo


「海洋汚染事件」について、福島検察審査会に申し入れ・汚染水問題集会のお知らせ
緊急に予定を変更します。
ぜひ、みなさまお集まりください!

■6月6日(月)福島検察審査会に申し入れ
9:00福島検察審査会に申し入れ(場所:福島地裁)
「汚染水事件について拙速な結論を出さず、しっかりと審議をお願いしたい」
10:00記者会見(場所:福島県庁 社会記者室)
出席:告訴団団長 武藤類子、 支援団団長 佐藤和良、 甫守一樹弁護士、 告訴団役員
■6月15日(水)追加の第2次申し立て
9:00追加の第2次申立(約2000名余)(場所:福島地裁)
10:00記者会見(場所:未定)
■6月22日(水)「汚染水問題集会」
13:30〜「汚染水問題集会」 <予定通り実施>(場所:福島市市民会館・第2ホール)・講師:木野龍逸さん
15:00〜デモ(予定)

4月13日に第1次の申立をして、ほんのわずかな期間で起訴の是非が判断できるとは、思えません!
この事件は、福島第一原発事故とともに世界未曾有の核物質による海洋汚染事件です。
不起訴理由には、「地下水が海に達するまで相当の期間を要する」など、おかしな理由ばかりです。
告発人の意見聴取もされていませんし、強制捜査、家宅捜索もされていません。
早くも事件は幕引きされようとしています。
汚染水問題は、日本国内のみならず、海外でも非常に重要な問題として注目されています。
http://shien-dan.org/20160606event/


※参考 
5・21 ダブル開催『ただちに公判をひらけ!東電3被告の刑事裁判』『汚染水放出告発 福島検審は起訴議決を!』原発事故被害者集会レポート(福島原発刑事訴訟支援団)
http://shien-dan.org/20160528/

☆郡山市議へびいしさんのパワポ資料もアップしています。どうぞご覧ください!!
posted by だつげんぱつ at 00:55| 脱原発情報[情報]