2016年06月24日

【お薦め動画】武器輸出に立ちはだかる「レピュテーションリスク」の壁

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

以下の番組アーカイブ、なかなか面白いです。オーストラリアの潜水艦選
定での日本の敗北の理由の一つとして、森本敏氏は「いわゆる「レピュテ
ーションリスク」【注】といって、企業が「武器商人になるのか」と言われ
るという気持ちも、企業の中にはまだ残っている」と発言。また、織田邦
男(おりたくにお)元空将は「日本の中の会社で社運を賭けて兵器を輸出
して儲けようとしている会社は一社もないと思う」と述べています。石原
慎太郎氏は「日本の憲法がつくったおかしな情緒」「憲法がつちかった妙
な情念で自分の首を締めるという馬鹿なことはしない方がいい」と力説し
ています。

【注】「レピュテーションリスク」
企業への否定的な評価や評判が広まることで、信用やブランド価値が低
下し、損失を被るリスク(番組より)

森本氏や織田氏の発言は、市民の「死の商人にならないで」という声が確
実に効いていることの証言だと思います。ぜひ映像をご覧ください。自信
を持って武器輸出反対の行動を続けていきましょう。

※ちなみに、番組の最後で「私の提言」として森本敏氏は「(軍民)両用
技術の開発をすすめ安全保障に活用すべし」と書いています。武器本体
の輸出がなかなかうまくいかない中、安倍政権・防衛装備庁が積極的に
推進しようとしている「高度な民生技術の軍事転用・輸出」という路線を代
弁していると思います。十分な警戒と監視が必要です。

【動画アーカイブ】
BSフジ プライムニュース:ハイライトムービー(2016年6月16日放映)
「石原氏斬る舛添氏辞職 防衛装備移転の利と損」

出演:石原慎太郎、森本敏、織田邦男(元空将、元航空支援集団司令官)

(前編) ※12分23秒から武器輸出問題
15分20秒から森本敏氏「レピュテーションリスク」に言及
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d160616_0.html

(後編)
6分20秒から石原・織田氏「レピュテーションリスク」に言及
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d160616_1.html

※動画はあと4日間は見られますが、それ以降はテキストデータの掲載と
なります。お早めにご覧ください。

【発言のポイント】

<森本敏>
日本のベンダー(売り手)が全体として「やろう」とならなかった。設備
投資などの費用対効果を考えてそれを躊躇したベンダーもあった。ペイし
ないということだけでなく、いわゆる「レピュテーションリスク」という、
「武器商人になるのか」と言われるという気持ちも企業の中にまだ残って
いる。全ての会社ではないが、そこまで苦労して現地に乗り出すことにメ
リットを考えない会社もあった。日本でトータルでみんなでこれを実現し
ようという総合力が出なかったという点では、確かに残念だった。それを
オーストラリアに責任を押し付けても仕方がない。我々が我々として今後
考えなければいけない問題が残った。

<織田邦男>
日本の中の会社で、社運を賭けて兵器を輸出して儲けようとしている会社
は一社もないと思いますね。今、防衛装備品を作っている主要な会社でも
大体全体の売り上げに対する比率は10%以下ですよ。こういう世の中で、
会社からしたら「死の商人」と言われてそれにいちいち対応するよりも、
「そんなことは除いて民需に走った方がいいや」と思っている会社が大半
だと思いますね、そこは。

※森本敏氏は昨年2015年5月にパシフィコ横浜で開催された日本初の大規
模武器見本市「Mast Asia」における記者会見で、「武器輸出について日
本が昨年、政策変更を行った際、多くの企業は『(日本の防衛関連企業
が)武器商人になっていくのではないか』と言われるリスクを恐れて慎
重だったが、1年がたち、新しいビジネスとして道が開かれるということ
に気が付き始めている」(2015年5月16日、神奈川)と強調していました。

熱帯びる武器輸出 横浜で国内初商談会(2015年5月16日、神奈川新聞)
http://www.kanaloco.jp/article/96498

しかし、あれから1年以上たって、「レピュテーションリスク」というハ
ードルを依然クリアーできていないと認めざるを得なかったことになりま
す。立ちはだかっているのは市民の声です。
posted by だつげんぱつ at 02:00| 脱原発情報[情報]

2016年06月22日

死の商人にならないで!三菱重工(23日)&三菱電機(29日)株主総会アクション

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎]

いよいよ参議院選挙が始まります。このまま「戦争する国家」「死の商人
国家」にさせるかどうかの、大きな分かれ道になります。

6月もアクティブに動いてきたNAJATですが、もうひと踏ん張りしようと思
います。23日の三菱重工、29日の三菱電機、それぞれの株主総会に際して、
以下のアクションに取り組みます。急な呼びかけとなり恐縮ですが、可能
な方はぜひご参加ください。

【関連】
武器輸出、大手は慎重 「成長戦略」政権思惑とズレ(6月20日、東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201606/CK2016062002000119.html

三菱重工 防衛・宇宙ドメイン 事業戦略説明会(6月10日)
http://www.irwebcasting.com/20160610/7/ab7fdf932d/mov/main/index.html
※左に水谷久和防衛・宇宙ドメイン長の動画。右にパワーポイント(PDFも)。
動画の説明をぜひご覧ください。

<注> 国際武器見本市「ユーロサトリ」に三菱重工をはじめとする軍需
大手の多くが出展を見合わせたことは、安倍政権の武器輸出戦略が思い通
りにいっていないことを示しています。しかし、三菱重工の事業戦略説明
会の様子を見ると、三菱重工が武器輸出の「確信犯」として強い意志のもと
で動いていることがよくわかります。

----------------------------------

★死の商人にならないで!三菱重工株主総会アクション

6月23日(木)
午前8時45分  品川駅高輪口下に集合
  9時〜10時 会場付近で株主へのチラシ配布と横断幕アピール

<株主総会会場>
グランドプリンスホテル新高輪(飛天)
http://www.princehotels.co.jp/newtakanawa/access/
※株主総会の受付は9時から、10時より開始

[連絡先] 090-6185-4407(杉原)

◇三菱重工は「ミサイル防衛」共同開発やPAC2ミサイルの対米輸出などを
進め、海外向けのF35戦闘機への部品供給などを狙っています。

----------------------------------

★死の商人にならないで!三菱電機株主総会アクション

6月29日(水)
午前8時45分  集合(※場所など詳細は改めて)
  9時〜10時 会場付近で株主へのチラシ配布と横断幕アピール

<株主総会会場>
パレスホテル東京 2階「葵」(大手町駅すぐ、東京駅8分)
http://www.palacehoteltokyo.com/access/
※株主総会の受付は9時から、10時より開始

[連絡先] 090-6185-4407(杉原)

◇三菱電機は空対空ミサイル「ミーティア」改良型の日英共同研究に参加。
国内向けのF35戦闘機の電子部品を製造し、海外向けへの部品供給も狙っ
ています。偵察衛星も独占受注。

【呼びかけ】武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302 3・11市民プラザ気付
メール anti.arms.export@gmail.com 
電話 090-6185-4407(杉原)
ツイッター @AntiArmsNAJAT
ブログ https://najat2016.wordpress.com
Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

----------------------------------

★NAJATへの賛同・カンパ 大募集中!★
<応援してください!!!!!>
個人賛同1口 1,000円 団体賛同1口 3,000円(ともに、複数口も歓迎!)
振込先 郵便振替口座 00140-4-486789
口座名称 武器輸出反対ネットワーク
他の金融機関からの送金先 ゆうちょ銀行 019店 当座 0486789
posted by だつげんぱつ at 01:30| 脱原発情報[情報]

2016年06月17日

規制委員会:島崎氏の警告を受け止めて原発の耐震審査をやり直すよう求める緊急要請

星川まり(東京/社会運動部)です。

緑の党グリーンズジャパンも団体賛同に加わりました。
取り組み報告(FoE満田夏花さんよりFB)を以下、転送。

          *

原子力規制を監視する市民の会の阪上武さんからの報告です。
----------------------
本日、島崎氏の警告を受け止めて原発の耐震審査をやり直すよう求める緊急要請書の提出とアピール行動を行いました。
事前に提出の件は規制庁に連絡していたはずなのに、規制庁から朝電話があり、「今日は忙しいので受け取りの日程を変えて欲しい」と言ってきました。「こうして電話している時間程度で済みますから」と言っても、「担当部署までもっていく」と言っても断られ、今日はFAXでの提出となりました。
要請には一晩で、70団体742名の方の賛同がありました。ありがとうございました。的確なコメントもいただきありがとうございました。一部をこのメールの最後につけました。
島崎氏からの意見聴取が行われる前に、30分ほど、横断幕を広げて10名ほどで、耐震審査のやり直しを!すぐにバックフィットを!高浜原発の寿命延長認可をしないで!川内原発をすぐにとめて!とアピールを行いました。
*****************************
高浜原発1・2号機の寿命延長認可は、20日月曜日の規制委会合で決まる可能性が高い状況です。当日は、会合は14時からですが、開始前の13時に集まって、アピールを行うことにしました。ぜひご参集ください。
**************************
高浜1・2号機寿命延長認可しないで!規制委前アピール行動
http://kiseikanshi.main.jp/2016/06/16/160620_takahama_no/
**************************
日時:6月20日(月)13:00〜13:45
場所:原子力規制委員会前(六本木ファーストビル:六本木一丁目駅)
主催:原子力規制を監視する市民の会
問合せ:090−8116−7155(阪上)
6月29日の老朽炉を廃炉に!院内集会と署名提出にもぜひご参集を!
http://kiseikanshi.main.jp/2016/06/16/stop_rokyuro/
*****************************
2016年6月16日
緊急要請書
従来の地震規模は過小評価。熊本地震と島崎邦彦氏の警告を受け止め、すべてての原発の耐震審査のやり直しを! 
老朽炉高浜1・2号の寿命延長を認可すべきでない
川内原発の即時停止を
原子力規制委員会委員長 田中俊一様
前原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦氏は、原発の基準地震動を策定する基になる地震規模(地震モーメント)について、現在採用されている入倉・三宅式では過小評価になると警告を発しています。これまで地震学会等でも島崎氏は意見表明を行い、入倉・三宅式では地震モーメントで4分の1程度の過小評価になると発表しています。今回、熊本地震によって得られた新たな知見を基に、「熊本地震で精度の高いデータが得られ、入倉・三宅式では再現できないことが明確になった」、入倉・三宅式を使用することは「危険極まりない」と報道機関のインタビューに答えています。とりわけ大飯原発、高浜原発、玄海原発の基準地震
動の過小評価を問題にしています。川内原発では別の式が使われていますがそれでも1/2程度の過小評価となります。
原子力規制委員会は、16日に島崎氏を呼んで意見を聞くとしています。しかし、田中委員長は15日の記者会見で、新たな知見を取り入れるにしても、「猶予期間」を置くことになるだろうと述べ、再稼働後に見直しや耐震補強を実施すれば良しとする可能性があります。
また、老朽原発高浜1・2号の20年寿命延長については、6月中に、早ければ来週にも認可を出そうとしています。高浜1・2号も入倉・三宅式を基に地震規模を決めています。
原発の耐震安全性にとって、島崎氏の根本的な問題提起を受けとめ、以下を強く求めます。
緊急要請事項
  
1.熊本地震の知見を踏まえ、すべての原発の耐震審査をやり直すこと
2.高浜1・2号の運転延長認可を認めないこと
3.川内原発1・2号を直ちに停止させること
メッセージより
現在の審査には、明らかな過小評価があります。やり直しを求めます。
地震動の過少評価を考えて審査の済んだ原発も審査ををやり直
すべきです。
新しい知見を生かして、すべての原発の審査をやり直してください。審査終了まではすべて原発を止めてください。
基準地震動について入倉・三宅式の入倉名誉教授自身が「低く出る事は否めない」と発言している事、また何よりも熊本・大分地震という事実が証明しています。田中委員長、科学者なら科学者として周囲のノイズに振られずに、判断される事を望みます。
基準地震動の設定はあまい、とかねがね指摘されていました。熊本地震を踏まえて、見直すことを強く要求します。
規制委員会の設立の趣旨に立ち返り、島崎氏の意見を真摯に受け止め、これまでの審査で合格を出した全ての原発の審査をやり直すべきです。
地震の発生に、「猶予期間だから待っててね」は通用しませんよ!?審査をやり直すべきです。
今すぐ川内原発の稼働を停止させ、その他の原発の再稼働もさせないように!
島崎元副委員長の指摘を、当然認めますよね?
耐震設計は責任を持って審査できるのか。
安全を示せないなら原発停止しかないでしょう
前に原子力規制委員会・座長代理であった島崎邦彦氏が指摘しているということは、重き事実です。それを無視することはば、規制員会の信頼をなくすことにしかなりません。真摯に受け止め、審査のやり直しをして下さい。私たちのいのち、暮らしを左右している立場にいるということを、しっかり考えてください。? 島崎委員の発言を真摯に聞いてやり直してください。
度重なる地震に耐えられる原発だなんて説明聞いても信じられません。
事故が起こってからでは遅すぎます。
早急に対処してください。
バックフィットを厳格に実行してください
賛同団体(70団体) 賛同個人(742人)
賛同団体(70団体):避難計画を案ずる関西連絡会、原発なしで暮らしたい丹波の会、脱原発はりまアクション、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、グリーン・アクション、玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会、川内原発30km圏住民ネットワーク、放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜、原子力規制を監視する市民の会、福島老朽原発を考える会、FoE Japan、板橋区の生活環境を考える会、No Nukes! 野にゆく会、さよなら!志賀原発ネットワーク、核のごみキャンペーン・中部、原発やめよう/つながろう関西・マダム会議、ベクレルフリー北海道、ティナラク織の会「カフティ」、脱原発・滋賀☆
アクション、平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声、原発ゼロ上牧行動、大間とわたしたち・未来につながる会、プルトニウムフリーコミニケーションン神奈川、高木学校、エコ・アカデミークラブ株式会社、立川・生活者ネットワーク、大阪大学付属病院看護師労働組合、未来の福島こども基金、地方自治を考える市民の会、不戦へのネットワーク、虹とみどりの会、緑ふくしま、被ばく医療を考える会かごしま、原発八女ん会、脱原発・東電株主運動、東電株主代表訴訟、福島原発からの放射能放出をやめてほしいと願う阪大病院看護師の会、花風香の会、花風香の会、シニア・ワーカーズコープ仙台、緑の党グリーンズジャパン、ふるさとを守る高浜・おおいの会、原発設置反対小浜市民の会、豊作野菜を送る会、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、脱原発まちだ、脱原発へ!関電株主行動、さよなら原発神戸アクション、脱原発をめざす北電株主の会、放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会、風下の会福島、東電株主代表訴訟、志賀原発を廃炉に訴訟原告団、ふぇみん婦人民主クラブ、泊原発と自然エネルギーを考える市民の会・Shut泊、ボイス・オブ・ヒロシマ、福井から原発を止める裁判の会、ピースアクト出水、サヨナラ原発福井ネットワーク、地球ハーモニー、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、脱原発国民の会、唯足舎、3.11ゆいネット京田辺、原発を考える品川の女たち、福島原発事故緊急会議、Alternatives、日本カトリック正義と平和協議会 平和のための脱核部会、原発いらない福島の女たち
posted by だつげんぱつ at 12:07| 脱原発情報[情報]