2016年05月17日

5.18(水)石炭火力による大気汚染・健康への影響と気候変動問題

大手電力会社は「温暖化を防ぐためにCO2が少ない原発を使おう」という
一方、CO2排出が最も多いのにもかかわらず「原発が動かないから石炭を
使おう」と言っています。汚くリスキーな原発と石炭を表裏一体として進める
姿勢がますます露骨になってきています(2014年度、原発利用率ゼロにも
かかわらず日本のCO2排出量は前年比で減っており、原発なしでもCO2が
減らせることはすでに実証されています)。

また、石炭火力は窒素酸化物、硫黄酸化物、PM2.5、水銀などを排出
するもので市民ひとりひとりの健康にとっても人事ではありません。そんな中、
セミナー「石炭火力による大気汚染・健康への影響と気候変動問題」が
明日に神戸で開催されます。よろしければ緑の皆様もご参加ください。

(伊予田さんより)

(転送歓迎)
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
特別公開セミナー(5/18・神戸)

石炭火力による大気汚染・健康への影響と気候変動問題

詳細
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

 2015年の気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で
「パリ協定」が合意され、世界が脱炭素化に向け大きな一歩を踏み出す
年となりました。
 COP21後の最初の主要国首脳会議となるG7伊勢志摩サミットでは、
議題の一つに「気候変動とエネルギー」が取り上げられています。サミットを
通じて、G7諸国の脱炭素化へのリーダーシップに期待されるところです。

 しかしながら、日本はG7の中で唯一石炭火力の推進を行っているという
深刻な状況です。今回のセミナーでは、健康影響に関する専門家である
ラウリ・ミルヴィエルタさんをお招きし、「石炭火力発電の健康影響」について
報告いただきます。また、大気汚染の公害や気候変動に長年かかわって
こられた弁護士の早川さんにもお話いただきます。ぜひ、ご参加ください。


日時:5月18日(水)18:30〜20:30
会場:神戸市勤労会館 多目的ホール
アクセス:

■内容
 ・基調講演「石炭火力発電の健康への影響(仮)」 
  ラウリ・ミルヴィエルタさん
 (グリーンピース 石炭・大気汚染部門 上級国際キャンペーナー)

 ・「大気汚染公害と気候変動問題(仮)」 
  早川 光俊さん
 (NPO法人地球環境市民会議)

その他報告者を予定。

詳細

主催:気候ネットワーク

■参加費
 無料

■申込み方法
 WEB、FAX、メール、電話にてお申し込み下さい。

【WEBの場合】
 次のフォームから必要事項をご記入の上、お申込み下さい。
 

【Eメールの場合】
 件名に、「石炭火力による大気汚染・健康への影響と気候変動問題」とお書き
の上、下記項目をお知らせ下さい。

・お名前
・ふりがな
・ご所属
・その他(ご質問・メッセージ等)

【FAXの場合】
下記FAX申込み用紙をプリントアウトし、ご利用下さい。


■申込み・問合せ:
 認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
  〒604-8124 京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
  TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
  E-mail
posted by だつげんぱつ at 19:47| 脱原発情報[情報]