2016年02月28日

日本を含むATT締約国は、対サウジアラビア武器輸出についても議論を

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク)です。[転送・転載歓迎]

NGO「テラ・ルネッサンス」からの情報を転送します。日本ではほとん
ど報道されていませんが、中東のイエメンに対して、民間人を巻き込んだ
攻撃(戦争犯罪!)を続けるサウジアラビアへの英国などの武器輸出が、
国際的な非難にさらされています。後ろにオンライン署名の呼びかけもあ
りますので、ぜひご協力ください。

日本政府も英国に対して、サウジアラビアへの武器輸出をやめるよう、強
く要求すべきです。同時に、英国とのミサイル共同研究を中止すべきです。

----------------------------------

【2/29 武器貿易条約(ATT)締約国臨時会合 @ジュネーブ】

≪日本を含むATT締約国は、対サウジアラビア武器輸出についても議論を≫
https://www.facebook.com/terra.ngo/posts/1213141518714362:0

イエメンでは、2015年3月にサウジアラビアによる空爆が始まってからほ
んの1年弱のうちに、約3万5000人が命を落とし、250万人以上が家を追わ
れたと推計されています。町が破壊され、家族や友人が殺害され、人道援
助の物資が滞るなか、人々は爆撃と深刻な飢えに苦しめられています。

一昨日の2月25日、欧州議会は、サウジアラビアに対する武器移転を禁止
するよう呼びかける決議を採択しました(同日のテラルネ・フェイスブッ
クの速報を参照ください)。

そして、昨日2月26日には、テラ・ルネッサンスも参加している「コント
ロール・アームズ」キャンペーンが、報告書を発表しました。

それによると、2015年に、フランス、ドイツ、イタリア、モンテネグロ、
オランダ、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、イギリス、アメリ
カは、サウジアラビアに対して、ドローン、ミサイル、ロケット、爆弾な
どを含む合計250億ドル(約3兆円)相当の武器の移転を許可しました。

これらの全ての国は、来週29日(月)にジュネーブで臨時会合が開催され
る武器貿易条約(ATT)に署名しています。人権・人道を掲げてATTの形成
を主導したり、採択されたATTに署名したり、締約国になったりした国々
が、サウジアラビアに武器を移転し続けているのです。

このようなばかげた悲劇は、もうたくさんです。「コントロール・アーム
ズ」キャンペーンは、29日の臨時会合でイエメンの状況を議題にすること
を求めるとともに、各国にサウジアラビアに対する武器移転を許可しない
よう求めています。

★昨日の「コントロール・アームズ」キャンペーンのプレスリリースと報
告書は、以下リンクでご覧ください★
http://bit.ly/20ZzrI1

★昨年サウジアラビアに多くの武器を移転したイギリスでは、イギリス政
府に対サウジアラビア武器移転の停止を求めるオンライン署名を、多くの
団体が展開しています。趣旨に賛同いただける方は、ぜひご参加ください。★

1)CAATのオンライン署名
https://www.caat.org.uk/get-involved/act-now/petition/stop-arming-saudi

2)Avaazのオンライン署名
https://secure.avaaz.org/en/no_more_saudi_arms_deals_loc/?pv=114&rc=fb

3)アムネスティのオンライン署名
https://www.amnesty.org.uk/actions/uk-stop-selling-arms-saudi-arabia?from=issue

-----------------------------------

 杉原浩司

 携帯 090-6185-4407  E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10

<ご参考>
【アーカイブ動画】 レイバーネットTV 第97号(60分)
「死の商人」もうかればいいのか〜武器輸出を考える(2月10日、杉原浩司)
https://youtu.be/m1byemSDUfU?t=22m12s
posted by だつげんぱつ at 01:00| 脱原発情報[情報]