2016年01月19日

1/27 デンキエラベル2016 -私たちは、再エネ電力を選べるか、増やせるか

1/27 デンキエラベル2016
-私たちは、再エネ電力を選べるか、増やせるか
http://power-shift.org/info/160127_symposium/

いよいよ「デンキエラベル」2016年がスタートしました。
一般家庭も電力会社を選べる・乗り換えられるようになる、大きな変化がすでに始まっています。
この変化は、再生可能エネルギーの促進を後押しするのでしょうか?
私たちの選択で、日本のエネルギーの未来を変えることはできるのでしょうか?
市民・消費者・環境団体・発電事業者など、様々な立場から現状を共有し、大きなチャンスにしていきましょう。

◆日時:2016年1月27日(水) 14:00〜17:00
◆会場:衆議院第一議員会館・多目的ホール
     (地下鉄東京メトロ・国会議事堂前駅、永田町駅下車) 
国会周辺図 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm
◆主催:パワーシフト・キャンペーン
http://power-shift.org/
◆参加費: 無料 (カンパ歓迎)
◆プログラム(予定):
1.資源エネルギー庁より説明
  新エネ課より:電力小売全面自由化とFIT制度変更について
  電力取引監視等委員会より: 小売営業指針と広報について
2.電力小売全面自由化のチャンスとリスク
  山崎 誠(環境エネルギー政策研究所)「再生可能エネルギー拡大の見通し」  
  平田 仁子(気候ネットワーク)「石炭発電拡大のリスク」
  伴 英幸(原子力資料情報室)「原発維持への動き」
3.ドイツの制度設計と現状に学ぶ
  千葉 恒久(弁護士)
4.市民発電の立場から
  渡辺 福太郎(全国ご当地エネルギー協会事務局)
  都甲 公子(市民電力連絡会、こだいらソーラー)
5.パワーシフトへ〜再生可能エネルギーの電力会社を選ぼう!
  吉田 明子(FoE Japan、パワーシフト事務局)
6.小売電気事業者より 
  現状の共有 3〜4社程度
7.市民・消費者の立場から 
  中本 純子(全国消費者団体連絡会)
  蒲生 美智代(チルドリン代表理事、エネママカフェ) 
  連携予定企業より
8.国会議員よりコメント、ディスカッション
司会: 手塚 智子 (えねみら・とっとり、パワーシフト事務局)
◆お申し込み:
以下のURLより申し込みフォーマットへアクセスの上、必要事項をご記入ください。
http://goo.gl/forms/HTQhPvQ3bo
◆連絡先: 03-6909-5983 パワーシフト・キャンペーン事務局(FoE Japan内)
▽自然エネルギーを買いたい!声をかたちに
「パワーシフト宣言」はこちら
http://power-shift.org/declaration

※こちらのシンポジウムは、事前申し込みをお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電力自由化??
私たちはどの電力会社を、選べばいいの?

4月から、電力小売の自由化がはじまります。原発をなくし、
再生可能エネルギーを増やしていくために、私たちはどの
電力会社から電気を買えばいいのでしょうか。
再生可能エネルギーを売る電力会社を、消費者として応援
するための「パワーシフト・キャンペーン」の活動をされている
NGO、FoE Japanの吉田明子さんからお話をうかがいます。
また、各電力小売会社の営業担当者を招いてのヒアリングも
行います。ぜひ、ご参加下さい。

講師:吉田明子さん(国際環境NGO FoE Japan 原発・エネルギー担当)

参加企業:「エナジーグリーン」副社長 竹村英明さん
  他の電力小売会社にも参加交渉中

日時: 2016年1月27日(水)19:00〜20:45
会場: 東京ボランティア・市民活動センター A・B会議室
  (飯田橋・セントラルプラザ庁舎棟10階)
    地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
  JR飯田橋駅西口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10階。
  地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅「B2b」出口より
セントラルプラザ1階に直結しています。
参加費:500円
連絡先:kimihiko_ootsuru@yahoo.co.jp
     080-6540-6320(大津留)
主催:市民グループ「私が東京を変える」
http://watashiga.org/tokyo/
協力:電気代一時不払いプロジェクト

※こちらのイベントは、事前申し込み等は必要ありません。


posted by だつげんぱつ at 13:14| 脱原発情報[情報]

2016年01月18日

日印原子力協定と原発輸出(1/19)/原発避難計画 全国集会 in 東京(1/21)/辺野古土砂採取の現場から(1/22)

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

満田夏花さん(FoE Japan)の呼びかけを転送します。問題山積ですが、しぶとく
頑張っていきましょう。

------------------------------

みなさま(重複失礼・拡散歓迎!)

FoE Japanの満田です。お知らせ3つです。 いずれも重要なトピックスです!
みなさまのご参加をお待ちしております。<(_ _)>

1.「核なき世界」に赤信号?…日印原子力協定と原発輸出(1/19)
2.原発避難計画 全国集会 in 東京(1/21)
3.集会:辺野古埋め立て問題を問う 土砂採取の現場から
〜阿部悦子さんを迎えて(1/22)
------------------------------
1.「核なき世界」に赤信号?…日印原子力協定と原発輸出
http://www.foejapan.org/energy/evt/160119.html

12月12日に開催された日印首脳会議において、原子力協定が「大筋合意」
されました。
協定が締結されれば、初の核不拡散協定(NPT)非加盟国との協定となり
ます。また、「使用済み核燃料の再処理を認める」とも報道されていますが、
事実であるとすればこれもはじめてのことです。この日印原子力協定は世
界に、インドに、そして日本に何をもたらすのでしょうか? また、インドの
原発にはどのような問題があるのでしょうか? さらに、3・11後、原発輸出
における日本側の体制はどのように変化したのでしょうか? 
FoE Japanの最近の活動についてもご報告します。

◆日時:2016年1月19日(火)18:30〜20:40
◆場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
※最寄り駅 表参道駅 青山大学の向かい側
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F) 国連大学の右手の棟の左側の奥

◆プログラム
1.日印原子力協定のもたらすもの
 報告者:深草亜悠美(FoE Japan)/コメント:松久保肇さん(原子力資料情報室国際担当)
2.原発輸出と政府系金融機関
3.FoE Japanの活動報告…福島における保養の取り組み「福島ぽかぽかプロジェクト」ほか
◆参加費:500円 
◆主催:国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)

---------------------------------------------------
2.川内、高浜、伊方、玄海…各地の原発避難計画を徹底検証
原発避難計画 全国集会 in 東京
http://www.foejapan.org/energy/evt/160121.html
◆日時:2016年1月21日(木)13:00〜18:00
◆場所:参議院議員会館101(最寄り駅:東京メトロ・永田町または国会議事堂前)
・13:00〜15:30:集会
@避難先・避難経路、A放射性物質のシミュレーションなどの事故時の想定、
Bヨウ素剤の配布、C要援護者の避難−−など、川内、高浜、伊方、佐賀、柏崎
刈羽の現地から事例報告。また、免震重要棟やケーブル問題などについても最新
情報をご紹介します。

16:00〜17:30:政府交渉
(相手方:内閣府・原子力防災、原子力規制庁を想定、交渉中)
◆発言:金子貞夫さん(柏崎刈羽)、玄海原発(永野浩二さん)、阿部悦子さん(伊方原発)、
高木章次さん(川内原発)、アイリーン・スミスさん(高浜原発)など 
◆資料代:500円
◆「原発避難計画 全国集会 in 東京」実行委員会

---------------------------------------------------
3.集会:辺野古埋め立て問題を問う
 土砂採取の現場から〜阿部悦子さんを迎えて(1/22)
http://www.foejapan.org/aid/henoko/evt_160122.html

◆日時 2016年1月22日(金)13:00〜16:00
◆会場 参議院議員会館101(最寄り駅:東京メトロ・永田町または国会議事堂前)
◆内容(予定) 辺野古埋め立て土砂採取…全国の現場から
  阿部悦子さん( 「辺野古土砂搬出反対」全国連絡協議会共同代表)
土砂採取と搬入…生態系の影響とは
  安部真理子さん(日本自然保護協会)
辺野古現地からの報告
  堀田千栄子さん(FoE Japanコーディネーター)

◆資料代:500円
◆主催:FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
◆協力:辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク
◆問い合わせ:FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
携帯:090-6142-1807
posted by だつげんぱつ at 00:42| 脱原発情報[情報]

2016年01月16日

高浜・川内原発も調査を!ケーブル不正問題についての緊急署名

<拡散希望>***********************

高浜・川内原発も調査を!ケーブル不正問題についての緊急署名
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/

*****************************

こちらからすぐに署名できます
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
第一次集約は1月20日です。拡散のほうもよろしくお願いします!

<ケーブル不正問題緊急署名>

ケーブル不正敷設は「新規制性基準に適合していない」と規制庁は認め
ながら 高浜3・4号、川内1・2号は特別扱で、調査報告の免除は許
されません

高浜原発3号の1月28日原子炉起動は中止!川内原発1・2号は運転
停止!他の原発と同様に、詳細な調査報告等を提出させるべきです

原子力規制委員会 委員長 田中俊一 様

昨年9月に柏崎刈羽原発6号機で、中央制御室の床板等をはがした結
果、電気ケーブルの不正敷設問題が発覚しました。事故時に必要な安全
系統のケーブルと一般のケーブルは、火災が発生しても延焼しないよう、
仕切り版等で隔離されている必要があります。しかし、柏崎刈羽原発で
は、分離板の未設置等で1,049本ものケーブルが不正な状態である
ことが明らかになりました。
これについて、原子力規制庁は1月6日に文書(※1)を出し、技術
基準違反・保安規定違反で「新規制基準に適合していない状態」だと指
摘しています。そして、東電のみならず、すべての電力会社に同様の問
題がないか詳細な調査を実施し、3月31日までに報告するよう指示文
書を出しました。

ところが、運転中の川内原発1・2号と、原子炉起動を1月末に控え
る高浜3号、同様に2月末に起動予定の高浜4号については、特別扱い
をして、原発の稼働を最優先にして、具体的調査報告の提出を免除して
います。
1月6日の規制庁文書では、川内1・2号については「ケーブルの分
離に係る施工方針が示されており、当該方針どおりに施工されているこ
とを使用前検査において確認を行っている」。高浜3・4号については
「当該方針に係る使用前検査を現在実施中である」と書いているだけで、
不正なケーブル敷設があったのかどうかもブラックボックスです。さら
に「指示」では、東電の不正が他の事業者にも「共通する可能性がある」
との認識に立ち、品質マネジメントシステムの検証を一般的に求めてい
ます。

高浜原発の場合は、関西広域連合や福井県原子力安全専門委員会等で、
「原子炉停止、冷却等に必要な安全機能の系統分離方針(3時間以上の
耐火能力を有する隔壁等)を確認」と規制庁は説明しています。実態は
確認せずに、関電の「方針」だけを確認したということでしょうか。あ
まりにも無責任です。

要請事項

高浜原発3・4号の原子炉起動は中止し、川内原発1・2号は運転を停
止したうえで、ケーブル不正敷設問題について、他の原発と同様に詳細
な調査報告等を提出させること。

※1:柏崎刈羽原子力発電所における不適切なケーブル敷設に係る東京
電力からの報告に対する評価及び今後の対応について」
2016.1.6原子力規制庁 http://www.nsr.go.jp/data/000135349.pdf

署名呼びかけ団体:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かご
しまネット/福井から原発を止める裁判の会/避難計画を案ずる関西連絡
会/グリーン・アクション/アジェンダ・プロジェクト/NPO法人 使い捨
て時代を考える会/美浜の会/ FoE Japan/原子力規制を監視する市民の
会/グリーンピース・ジャパン

署名第一次集約:2016年1月20日 第二次集約:2月20日

紙版署名の送り先(郵送かFaxでお願いします)
グリーン・アクション 京都市左京区田中関田町 22-75-103
Tel:075-701-7223 Fax: 075-702-1952
posted by だつげんぱつ at 01:44| 脱原発情報[情報]