2015年11月17日

【ご案内】11.21講演会「これからの戦争法廃止運動」

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

ジャーナリストの林克明さんが代表を務めておられる「草の実アカデミー」
でお話をすることになりました。戦争法の「成立」後、資料を調べ、講演
会や集会に出向き、関係者に話を伺い、防衛省の役人や前自衛隊幹部など
を問い詰めたりする中で見えてきたことをお伝えできればと思います。
ぜひご参加ください。

なお、告知期間が限られていますので、よろしければ拡散にご協力ください。

-----------------------------------

◆第78回草の実アカデミー

11月21日(土) 「これからの戦争法廃止運動」
講師:杉原浩司氏(集団的自衛権問題研究会ニュースレビュー編集長)

 9月19日に成立させられたことになっている戦争関連法。大規模な反対
運動の中から新しい芽がたくさん生まれてきた。

 杉原浩司氏は、武器輸出問題、集団的自衛権問題、秘密保護法など様々
な市民運動に関わってきた。情報発信、ロビー活動、集会デモ・・・と精
力的に活動してきた。

 その杉原氏に、この間の動きをまとめてもらい、戦争法廃止への第2ス
テップについて語ってもらう。

 集まった方々の発言も採り入れていきたいと思うので、ぜひ参加をお願
いします。

日時:11月21日(土) 13:30 開場、14:00 開演、16:45 終了
場所:雑司ヶ谷地域創造館 第2会議室
    東京都豊島区雑司が谷3丁目1−7
    http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/
資料代:500円
交通:JR山手線「目白駅10分」、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」の上

主催:草の実アカデミー
   ブログ http://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
   E-mail kusanomi@notnet.jp

-----------------------------------

◆まだ事前登録を受け付けています。ぜひご参加ください。

<「武器と市民社会」研究会 第41回会合>
「徹底討論 佐藤丙午vs.杉原浩司:日本の武器輸出と防衛装備庁の設置」
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-145.html

11月24日(火) 19時〜21時(18時45分開場)
拓殖大学文京キャンパス F館301教室(丸の内線茗荷谷駅徒歩5分)
報告@:佐藤丙午(拓殖大学教授)
「防衛装備庁設立までの背景・経緯、同庁が目指す方向と諸課題」
報告A:杉原浩司(集団的自衛権問題研究会)
「防衛装備庁は「武器輸出庁」〜その問題点は何か」
参加費:無料
【事前登録制】登録フォーム https://goo.gl/PuQFtZ (先着70人)
主催:「武器と市民社会」研究会

-----------------------------------

◆お時間ある時に視聴を!

【動画アーカイブ】
FFTV<特集145>
防衛装備庁さっそく「死の商人」シンポジウム
ゲスト:杉原浩司(11月20日放映、約80分)
https://www.youtube.com/watch?v=b7L75yvYmY4&feature=youtu.be

-----------------------------------

 杉原浩司

 携帯 090-6185-4407
 E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10
posted by だつげんぱつ at 17:19| 脱原発情報[情報]

2015年11月15日

【大緊急】2つの重要パブコメに意見を(偵察衛星増強と安全保障の技術開発にNO!)

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

お知らせが遅くなり恐縮ですが、締切直前の2つのパブリックコメント
(意見募集)をご案内します。

短い文章で構いませんので、ぜひ意見を提出してください。政府側はまさ
しく形式的にパブコメをやっているだけなのですが、「勝手に決めるな!」
と文句を言っていくために、意思表示をしておきましょう。

緊急の大拡散をお願いします。そして、ご自分でも忘れずにぜひ!

-----------------------------------

【1】偵察衛星を大増強する宇宙基本計画工程表(2015年度改訂)素案

報道されている通り、この改定案の目玉は、偵察(スパイ)衛星を4機か
ら一気に10機へと大増強する点です。偵察衛星は三菱電機が独占受注して
おり、衛星システム全体で毎年600億〜700億円規模の血税が投入され、
1998年度以来の総額は1兆円を超えています。その性能や運用の詳細は秘
密にされ、撮影画像などは「特定秘密」に指定されています。まさに、
「天空の軍需利権」であり、「血税を吸い込むブラックホール」です。

<宇宙基本計画工程表(2015年度改訂)(素案)に関する意見募集について>
(11月11日〜17日、任意の意見募集)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=095151410&Mode=0
★締切:11月17日(火)いっぱい

【意見はこちらから】
https://form.cao.go.jp/space/opinion-0004.html

※番号は0で「偵察衛星の増強に反対します」「偵察衛星は廃止してくだ
さい」などと。

<参考>
情報収集衛星:今後10年間で10基体制に倍増 政府素案(11月11日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20151111k0000m040167000c.html

スパイ衛星増強を計画 宇宙戦略本部 工程表改定案を公表
(11月13日、しんぶん赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-13/2015111314_03_1.html?_tptb=032

-----------------------------------

【2】「安全保障の技術開発」に踏み込む「第5期科学技術基本計画」答申素案

政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)の専門
調査会(大西隆・日本学術会議会長もメンバー)がまとめた「第5期科学
技術基本計画」答申素案は、安全保障について初めて一つの項目を設け、
「国家安全保障上の諸課題に対し、必要な技術の研究開発を推進する」と
明記しました。

これは、武器輸出三原則の撤廃や戦争法制の成立などの動きと軌を一にす
るもので、防衛省が始めた税金による軍事研究の公募とも連動した企てで
す。先日行われた「防衛装備庁」の技術シンポジウムでも、この問題に関
する特別講演が設けられていました。

「国家安全保障上の諸課題に対し、必要な技術の研究開発を推進する」と
の文言を削除するように、意見を届けてください。

<「第5期科学技術基本計画」答申素案についての意見募集>
(11月2日〜16日12時、任意の意見募集)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=095151350&Mode=0
★締切:11月16日(月)12時まで

【意見はこちらから】
https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0136.html

<参考>
科学技術基本計画:「安全保障の技術開発」素案で踏み込む
(10月30日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20151030k0000m040162000c.html

総合科学技術・イノベーション会議の構成員
http://www8.cao.go.jp/cstp/yushikisyahoka.html

-----------------------------------

 杉原浩司

 携帯 090-6185-4407
 E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10
posted by だつげんぱつ at 23:17| 脱原発情報[情報]

2015年11月13日

【ご案内】11月16日:米国のドローン攻撃を考えるシンポ

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

11月8日の毎日新聞の記事を通して、米国による無人機攻撃の被害者であ
るナビラ・レフマンさん(13歳)らの来日シンポジウムのことを知りまし
た。ナビラさんが「外の世界に声を届ける最後の機会になるかもしれない」
(毎日記事より)とも言われているものです。

日本政府は、米国による超法規的な暗殺であり、民間人を巻き添えにする
戦争犯罪である無人機(ドローン)戦争を黙認してきました。そして、日
本の民生技術や武器技術が米国やイスラエル等の無人機に組み込まれつつ
あります。日本の市民にはナビラさんの訴えに向き合う責任があります。

ぜひ、毎日新聞の記事などをお読みください。そして、可能な方はぜひシ
ンポジウムにご参加ください。

【参考】
<ストーリー:故郷追われた罪なき少女>
(その1)無人機が奪った未来 (11月8日、毎日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20151108ddm001030167000c.html

(その2)消えぬ誤爆の恐怖(11月8日、毎日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20151108ddm010030070000c.html

[動画]『汚い戦争』―世界に広がるオバマの戦争
(Democracy Now!、2013年1月22日、36分)
出演:ジェレミー・スケイヒル
(『アメリカの卑劣な戦争』上・下(柏書房)著者他)
http://democracynow.jp/video/20130122-2

米無人機、殺害した9割以上が「標的ではない」
〜「第2のスノーデン」のリーク(2015年10月19日、WIRED JP)
http://wired.jp/2015/10/19/a-second-snowden/

-----------------------------------

※現代イスラム研究センター(宮田律理事長)のフェイスブックより
https://www.facebook.com/ccisjapan/

◆シンポジウム
「米国のドローン攻撃とパキスタンの部族地域の教育改善を考える」

 一般社団法人・現代イスラム研究センターでは、パキスタン部族地域に
おける米国の無人機ドローンの攻撃によって、祖母を亡くし、自らも負傷
したナビラ・レフマンさんと、彼女を支援し、ドローン攻撃の非人道性を
非難するなどの活動を続けているパキスタンの弁護士シャーザード・アク
バル氏らを招いて、11月16日(月)午後7時より1時間半から2時間程度で
千代田区平河町都市センターホテル5階「オリオン」でシンポジウム「米
国のドローン攻撃とパキスタンの部族地域の教育改善を考える」(日英同
時通訳付)の開催を予定しております。

 2012年10月24日、当時8歳のナビラ・レフマンさんは、北ワジリスタン上
空を飛行するドローン攻撃を受け、子どもたちにオクラの摘み方を教えて
いた祖母のモミナ・ビビさんを目の前で失いました。ナビラさん家族は、
2013年には米国・ワシントンDCの議会聴聞会でも証言しております。パ
キスタンでは2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん
とも比較され、「もう一人のマララ」とも呼ばれております。

 ナビラさんは「日本を訪れ、平和の尊さを訴えたい」と思いを寄せてお
ります。また無辜の人たちが犠牲になることへの不条理さを訴えたいと思
っておられます。

 会場整理の都合上、ご参加希望の方はその旨を ccis@hotmail.co.jp ま
でメールのご送付をお願いいたします。

シンポジウムの日時:2015年11月16日(月)午後7時〜午後8時半
場所:都市センターホテル5階「オリオン」
東京都千代田区平河町2-4-1 TEL:(03)3265-8211
アクセス情報
※電車をご利用の場合は東京メトロ「永田町」駅・「麹町」駅・「赤坂見
附」駅が便利です。
・東京メトロ 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」4番・5番出口より
徒歩4分、9b番出口より徒歩3分
※「永田町駅」からのアクセスは、5番出口方面の先にある9b出口が便利
です。ホテル前のプリンス通りに出られます。
・東京メトロ 有楽町線「麹町駅」半蔵門方面1番出口より徒歩4分
・東京メトロ 丸の内線・銀座線、「赤坂見附駅」D出口より徒歩8分
・JR中央線「四谷駅」麹町出口より徒歩14分
※都バスをご利用の場合
・平河町2丁目「都市センター前」下車(新橋駅〜市ヶ谷駅〜小滝橋車庫前)
http://www.rihga.co.jp/toshicenter/access/index.html

-----------------------------------

 杉原浩司

 携帯 090-6185-4407
 E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10
posted by だつげんぱつ at 01:30| 脱原発情報[情報]