2015年11月29日

12/8 公開研究会 検証・南スーダンPKO ?安保法制でどうなるー

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

私も参加している集団的自衛権問題研究会の公開研究会のご案内を転送し
ます。『世界最悪の紛争「コンゴ」〜平和以外に何でもある国』(創成社
新書)の著者である米川正子さんをお呼びして、自衛隊が「殺し殺される」
可能性が最も高いと言われる南スーダンPKOについて考えます。

事前登録のうえで、ぜひご参加ください。また、直前のご案内となってし
まいましたので、よろしければ情報の拡散にご協力ください。

<参考>
【安保法制100の論点】(日本平和学会)
35 国連PKOは平和の創出に役立っているのでしょうか(米川正子)
http://bit.ly/1h79gzD

【IWJブログ・特別寄稿】
集団的自衛権と自衛隊のPKO参加に踏み出す前に
〜PKOは本当に国際平和に貢献しているのか?
(米川正子 元UNHCR職員・立教大学特任准教授)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/155149

【特別寄稿】
安倍首相の「人道支援」発言とNGOの軍事利用
〜救援者、それともCIAスパイか
(米川正子 元UNHCR職員・立教大学特任准教授)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/240517

【特別寄稿】
イスラム国による日本人の人質・殺害事件と2億ドルの支援
〜人道支援と難民の本質とは? 政治的活動と軍事化の可能性
(米川正子 元UNHCR職員・立教大学特任准教授)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/229810

-----------------------------------

公開研究会
「検証・南スーダンPKO ― 安保法制でどうなる」のお知らせ

http://www.sjmk.org/?p=457

集団的自衛権問題研究会では来る2015年12月8日に、明治大学社会情報研
究会との共催で「検証・南スーダンPKO ― 安保法制でどうなる」と題し
た公開研究会を開催します。報告者として、アフリカ地域の紛争問題の研
究者である米川正子さん(立教大学特任准教授)をお迎えし、本研究会代
表の川崎哲の報告とあわせて、討論を予定しております。お誘いあわせの
上ご来場ください。なお、事前登録をお願いしています(詳細は下記の通り)。

日時:2015年12月8日 火曜日

18:30開場
19:00開始 (21:00終了予定)

場所:明治大学和泉キャンパス 和泉図書館ホール

入場無料

プログラム:
報告(1):米川正子
(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 特任准教授)
「アフリカ中央部における紛争と国連PKO:なぜ自衛隊は南スーダンに派遣されたのか」

報告(2):川崎哲
(集団的自衛権問題研究会代表・ピースボート共同代表)
南スーダンにおけるPKO、自衛隊、安保法制

討論

主催:明治大学社会情報研究会
共催:集団的自衛権問題研究会

【事前登録をお願いします】
以下のアドレスにご氏名、よみがな、所属(あれば)をお送りください。
2015年12月7日(月)午後5時まで
shudantekijieiken@gmail.com

【会場へのアクセス】
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/izumi/access.html
京王線・京王井の頭線「明大前」駅から徒歩5分
正門を入ってすぐ右に見える図書館の1階「図書館ホール」が会場です。

--

川崎哲
Akira Kawasaki
Peace Boat http://www.peaceboat.org/english
Save Japan's Article 9! http://is.gd/save_article_9
ICAN http://www.icanw.org
Peace Boat Office: +81(0)3 3363 7561
Mobile: +81(0)90 8310 5370
Skype: akirakawas
岩波ブックレット『核兵器を禁止する』
http://kawasakiakira.at.webry.info/201408/article_3.html
posted by だつげんぱつ at 20:10| 脱原発情報[情報]

2015年11月27日

【開催間近!】アースパレード2015 東京・京都のご案内

杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

直前のご案内となり恐縮です。気候変動という未曾有の危機に立ち向かうた
めに、まもなくパリ会議(COP21)が開催されます。これに合わせて、東
京と京都で「気候をまもる、パリへの行進」を掲げたアースパレードが行わ
れます。気候ネットワークによる案内を転送します。ぜひご参加ください。

気候変動はいまや環境破壊のみならず紛争の要因にもなっています。安倍政
権のパフォーマンスに惑わされることなく、人類が自ら引き起こしている
「環境テロ」の本質を見抜き、行動することが求められています。

『ショック・ドクトリン〜惨事便乗型資本主義の正体を暴く』(岩波書店)
や『ブランドなんか、いらない〜搾取で巨大化する大企業の非情』(はまの
出版)などの著者であるナオミ・クラインの「"今そこにある明白な"危機〜
気候変動の危機から目をそむけてはならない」という文章(『世界』12月号)
から少しだけ引用します。

「気候変動は、いくつかの銀行が破綻したりビルが崩壊するよりはるかに大
きな規模で人間の生活を破壊しかねない。にもかかわらず、この問題が政治
家によって危機として扱われたことは一度もない」

「だが、私たちはこれを黙って見ている必要はない。危機を宣言する力をも
つのは政治家だけではない。一般市民による大規模な運動も、危機を宣言で
きるのだ」

「少なからぬ人々が指摘しているように、気候変動がさまざまな形でポジテ
ィブな変化をもたらす触媒になりうることに、私は気づき始めた。地域経済
の再建と活性化を求め、民主主義を蝕む企業の影響力を減少させ、弊害だら
けの新しい自由貿易協定を阻止して古い協定を書き直し、資金難にあえぐ大
量輸送機関や低価格住宅など公共インフラへの投資を促進し、エネルギーや
水道などの基本的サービスを民営化から取り戻す――そうしたことのために、
気候変動は進歩派がかつて手にしたことのない強力な論拠になりうるのだと」

※なお、私も参加する緑の党グリーンズジャパンでは、特設ホームページを
開設して、自治体要請や「私〇〇をやめてみます宣言」などのキャンペーン
を行っています。ご参照ください。

COOL EARTH キャンペーン〜パリCOP21へ向けて
http://www.gj-climate-change.net/

【こちらも参照を】
Climate Action Now!キャンペーン ウェブサイト
http://climate-action-now.jp/

----------- 以下、転送 -------------

(転送歓迎)
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
気候をまもる、パリへの行進
アースパレード2015 東京・京都のご案内
http://climate-action-now.jp/parade2015/
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

パリ会議直前に、世界中で数千万人の人々が参加するアクションと連携して、
東京と京都でパレードを実施します。パリ会議の成功と気候変動のない未来
に向けて一緒に歩きアピールしませんか。
家族と一緒に、友人と一緒に、お一人でも、若い人、ミドルの人、シニア
の人も、地球環境を大切に思っている方、どなたでもご参加いただけます。

●東京パレード
期日:11月28日(土) 13:00〜
場所:日比谷公園野外音楽堂(東京都千代田区)
最寄駅:地下鉄霞が関、内幸町から徒歩3分

スケジュール(予定)
13:00 開場(一般参加者入場)
アイスクリーム配布開始!
13:30 Live ジンタらムータ
13:55 開会・メッセージ
14:15 Live 佐藤タイジ
14:30 会場全員での人文字アクション
14:40 制服向上委員会
14:45 出発の合図 アースパレードの歌
15:00  銀座方面に向かい外堀通をとおって有楽町駅方面へパレード

人文字アクション:
 参加者が「2℃」の大型布を広げて持ち上げ、会場全体に文字が浮かび上
がるようにします。また、それぞれが持ち寄った青のサインとともに、「気
候をまもる」「自然エネルギー100%」「STOP地球温暖化」といったバナー
をかかげ、舞台上から撮影します。

メッセージ:シンキャン・タレシ(ツバル)、ミャンマーの住民ほか

出演者:
佐藤タイジ、ジンタらムータ、制服向上委員会、野瀬正彦、ゼロノミクマほか

主催:Climate Action Now! キャンペーン実行委員会
問合せ:気候ネットワーク東京事務所
〒102-0082 東京都千代田区一番町9−7 一番町村上ビル6F
電話:03-3263-9210 FAX:03-3263-9463
e-mail:tokyo@kikonet.org


●京都パレード
期日:11月29日(日) 12:00〜
場所:円山公園音楽堂(京都市東山区)
最寄駅:市バス 祇園下車 徒歩約5分
京阪 祇園四条駅下車 徒歩約15分

スケジュール(予定):
12:00 開場 アピールコーナー開始
「八つ橋」、「LUSHのソープ」などのプレゼントあり
12:30 ウエルカム・パフォーマンス
13:30 開会 スピーチ・音楽・フォトアクションなど
14:45頃 パレードスタート
16:30頃 パレードゴール(予定)

出演者:
シンキャン・タレシさん(ツバル国ナヌマンガ島出身)、
京炎そでふれ!「京小町」(京都女子大学)、Cotton Candy(京都女子大学)、
京都大学ジャズ研究会Off-Beat、B Generation、他
シロベエ、アースマン、まゆまろ、エコちゃん、ゴーヤ先生なども集会に参加

パレード:
円山公園から、四条通を通って河原町御池まで、約1時間弱のコースです。

京都のパレードのチラシの裏にメッセージを書いてご持参ください。
テーマカラーはブルー(青色)、青い服、青い持ち物をお持ちください。メ
ッセージ、楽器などで楽しくアピール、静かにパレードなど、参加の仕方も
自由です。

主催:Climate Action Now! キャンペーン実行委員会
問合せ:気候ネットワーク京都事務所
〒604-8124 京都市中京区高倉通四条上る 高倉ビル305
電話:075-254-1011 FAX:075-254-1012
e-mail:kyoto@kikonet.org

----------- 転送ここまで -------------

 杉原浩司

 携帯 090-6185-4407
 E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10
posted by だつげんぱつ at 00:17| 脱原発情報[情報]

2015年11月21日

【中継あり】本日14時 「これからの戦争法廃止運動」

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

既報ですが、当日のご案内をさせてください。戦争法の「成立」後、資料
を調べ、講演会や集会、学習会に出向き、関係者に話を伺い、防衛省の役
人や前自衛隊幹部などを問い詰めたりする中で見えてきたことをお伝えで
きればと思います。ぜひご参加ください。

なお、ツイキャス中継も行われます。遠方の方などでご関心のある方はぜ
ひご視聴ください。

【中継はこちらから】
http://twitcasting.tv/f:100000715942811/show

-----------------------------------

◆第78回草の実アカデミー

11月21日(土) 「これからの戦争法廃止運動」
http://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/1121-e0c0.html

講師:杉原浩司氏(集団的自衛権問題研究会ニュースレビュー編集長)

 9月19日に成立させられたことになっている戦争関連法。大規模な反対
運動の中から新しい芽がたくさん生まれてきた。

 杉原浩司氏は、武器輸出問題、集団的自衛権問題、秘密保護法など様々
な市民運動に関わってきた。情報発信、ロビー活動、集会デモ・・・と精
力的に活動してきた。

 その杉原氏に、この間の動きをまとめてもらい、戦争法廃止への第2ス
テップについて語ってもらう。

 集まった方々の発言も採り入れていきたいと思うので、ぜひ参加をお願
いします。

日時:11月21日(土) 13:30 開場、14:00 開演、16:45 終了
場所:雑司ヶ谷地域創造館 第2会議室
    東京都豊島区雑司が谷3丁目1−7
    http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/
資料代:500円
交通:JR山手線「目白駅10分」、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」の上

【ツイキャス中継】
http://twitcasting.tv/f:100000715942811/show

主催:草の実アカデミー
 ブログ http://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
 E-mail kusanomi@notnet.jp

-----------------------------------

◆こちらは、まだ事前登録を受け付けています。ぜひご参加ください。

<「武器と市民社会」研究会 第41回会合>
「徹底討論 佐藤丙午vs.杉原浩司:日本の武器輸出と防衛装備庁の設置」
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-145.html

11月24日(火) 19時〜21時(18時45分開場)
拓殖大学文京キャンパス F館301教室(丸の内線茗荷谷駅徒歩5分)
報告@:佐藤丙午(拓殖大学教授)
「防衛装備庁設立までの背景・経緯、同庁が目指す方向と諸課題」
報告A:杉原浩司(集団的自衛権問題研究会)
「防衛装備庁は「武器輸出庁」〜その問題点は何か」
参加費:無料
【事前登録制】登録フォーム https://goo.gl/PuQFtZ (先着70人)
主催:「武器と市民社会」研究会

-----------------------------------

◆お時間ある時に視聴を!

【動画アーカイブ】
FFTV<特集145>
防衛装備庁さっそく「死の商人」シンポジウム
ゲスト:杉原浩司(11月10日放映、約80分)
https://www.youtube.com/watch?v=b7L75yvYmY4&feature=youtu.be

-----------------------------------

 杉原浩司

 携帯 090-6185-4407
 E-mail kojis@agate.plala.or.jp
 FAX 03-6312-0640
 ブログ http://kosugihara.exblog.jp/
 ツイッター https://twitter.com/kojiskojis
 フェイスブック https://www.facebook.com/koji.sugihara.10
posted by だつげんぱつ at 01:36| 脱原発情報[情報]