2015年10月22日

「2015年安保」の意味と課題?戦争法廃止に向けて

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

戦争法案への反対運動を振り返り、今後の取り組みを模索する討論の場を
いろいろなところで持つべき時だと思います。そんな機会の一つになれば
と以下のイベントを企画しました。どなたでも参加できます。ぜひご参加
ください。

-----------------------------------

<グリーンズカフェ東京>

「2015年安保」の意味と課題〜戦争法廃止に向けて
http://bit.ly/1R4PIr0

日時:10月27日(火) 19時〜21時(18時30分開場)

会場:中野区立商工会館 3階大会議室(中野駅北口より徒歩7分)
※北口よりサンモール、ブロードウェイを抜けて早稲田通りを渡って右へ。
会議室の入口は奥にあります。
(中野区新井1-9-1、TEL 03-3389-1181)
アクセス http://www.mmjp.or.jp/rmc-jyosai/map/nakashoko.htm
※「中野のまちを考える会」で借りています。

問題提起:白川真澄さん(『ピープルズ・プラン』編集長、緑の党会員)

参考資料「2015年安保闘争について――その意味と課題(覚書 )」
http://www.peoples-plan.org/jp/uploads/2015.09_ampotoso_shirakawa.pdf

コメント:杉原浩司(緑の党 脱原発・社会運動担当、東京都本部共同代表)

資料代:一般 500円(会員・サポーター 300円)

※当日は動画中継も予定しています。

 「民主主義って何だ?」「勝手に決めんな!」「9条壊すな!」「安倍
はやめろ!」――。2015年夏、憲法違反の戦争法案(安保法案)に反対す
る巨大なたたかいが、日本列島各地に出現しました。「60年安保」「70年
安保」以来45年ぶりに、大規模な人々のうねりが起こり、安倍政権を追い
詰めました。

 従来の平和運動が幅広く連携したことに加えて、若者たちや母親、元内
閣法制局長官や研究者など多くの人々が次々と立ち上がり、「成立」こそ
許したものの、その熱と志はしっかりと持続しています。

 今回の「2015年安保」の新しい特徴と歴史的な意味は何か。その動きは
どこに向かうのか。そして、戦争法の廃止と安倍政権の退陣のために、何
が必要なのか。問題提起を受けて、参加者の皆さんと討論したいと思いま
す。ぜひ、ご参加ください。

共催:緑の党東京都本部&緑の党社会運動部
<連絡先>
東京都杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビル601
TEL:03-5364-9010/FAX:03-3223-0080
E-mail:greens@greens.gr.jp
http://greens.gr.jp
posted by だつげんぱつ at 23:12| 脱原発情報[情報]

2015年10月15日

【本日】川内原発2号機再稼働に抗議する行動のご案内

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

当日のご案内となりすみません。九州電力は、本日10月15日(木)午前10
時半に川内原発2号機の再稼働を強行しようとしています。これに対して、
東京で昼と夕方にそれぞれ行動が取り組まれます。可能な方はぜひご参加
ください。

後半には、14日に鹿児島県に対して提出された「川内原発30キロ圏住民ネ
ットワーク」による要望書を貼り付けましたので、ご参照ください。

◆川内原発2号機再稼働 緊急抗議行動
10月15日(木) 12時〜13時
衆議院第2議員会館前
呼びかけ:さようなら原発1000万人アクション実行委員会
(電話 03-5289-8224)

◆午前8時から行われる川内原発ゲート前での大抗議集会は
http://twitcasting.tv/showering00 で生中継される予定です。
※ゲート前では有志によるハンストが続けられています。

川内2号機、15日に再稼働 新規制基準で2基目(10月15日、西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/200796

【動画】川内原発2号機再稼働に反対する集会
(10月13日、KTS鹿児島放送)
http://news.ktstv.net/e60289.html

------------------- 以下、転送 -------------------

みなさま(重複失礼・拡散歓迎!)

FoE Japanの満田です。
火山リスク、老朽化対策、避難計画、免震重要棟・・・すべての対策がう
やむやのうちに、原子力規制委員会のゆるゆる形だけの審査を経て、明日
(注:本日)にも川内原発2号機の再稼働が強行されようとしています。
全力で抗議しましょう! さまざまな抗議行動が予定されていると思いま
すが、「原子力規制を監視する市民の会」では、明日、18:30〜官邸前に
て抗議行動を行います。ぜひご参加ください!

<アピール行動>川内原発2号炉再稼働反対!15日官邸前行動
http://kiseikanshi.main.jp/2015/10/11/sendai2/
・日 時:2015年10月15日(木)18:30〜19:30
・場 所:官邸前(地下鉄国会議事堂前駅)
・主 催:原子力規制を監視する市民の会
・問合せ:満田090−6142−1807
※10/16には、官邸前・国会前にて首都圏反原発連合による抗議行動も呼
びかけられています。こちらもぜひ!

<ポイント>
川内原発2号炉は、1号炉同様、火山リスクへの対応について目途が立っ
ておらず、実効性ある避難計画もありません。福島の子どもたちに甲状腺
がんが多発していますが、甲状腺がんを防ぐためのヨウ素剤の配布につい
ても目途が立っていません。11月には30年を経過する老朽炉でもあり、
老朽化によるさまざまなリスクを抱えています。

2号炉は、交換すると公言し、保安院時代に設置変更許可までとっていた
蒸気発生器については、交換せずに再稼働しようとしています。米国では、
三菱重工製の蒸気発生器に欠陥が見つかり、サンオノフレ原発は廃炉が決
まりました。欠陥は経済性を追求した結果でした。川内原発の蒸気発生器
も三菱重工製です。

このような状況で再稼働を許すことはできません。

--
満田夏花(みつた・かんな)
携帯:090-6142-1807
ツイッター:@kannamitsuta
FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986

----------------------------------------

鹿児島県知事 伊藤祐一郎 様
原子力安全対策課 様

要望書     
             2015年10月14日
             川内原発30キロ圏住民ネットワーク

川内原発1号機は高経年化技術評価の認可後に再稼働している。
川内原発1号機は予防保全と言って2008年に蒸気発生器を交換している。
川内原発2号機は原子力規制委員会の高経年化技術評価の認可を待たずに
再稼働に入るとしている。
川内原発2号機は2014年に蒸気発生器を交換するとしたにもかかわらず交
換していない。
九州電力に対して、2号機の高経年化技術評価の認可と、蒸気発生器の交
換終了までは再稼働に入らないよう求めること。

 九電は明日10月15日、今年の11月28日に運転開始から30年を超える川内
原発2号機を起動させ、再稼働に入ると発表しています。
 規制基準適合性審査は高経年化を考慮せず、新品状態の原発を審査する
ものです。2号機の高経年化技術評価は継続中であり、認可されていません。
 1号機の高経年化技術評価の認可は極めて問題がありますが、それでも8
月10日の再稼働の前の8月5日でした。しかし九電は2号機では高経年化技
術評価の認可なしに明日15日に再稼働に入ろうとしています。
たしかに手続き的には高経年化技術評価は運転開始から30年を経過する今
年の11月28日までに認可されれば良いとされています。
 しかし、福島原発事故は運転開始から32年から39年の老朽原発による事
故であり、老朽化と事故の関係は未だに解明されていません。

 1号機は8月7日に一次冷却材ポンプ3台の内の1台に付いている軸振動計
が機能喪失するトラブルがありました。8月20日には復水器の細管が損傷
し海水が漏れるという事故が発生しました。両方とも高経年化技術評価対
象外の機器とされ、規制庁に対して報告義務が無い低いレベルとされてい
ますが、納得できません。
 復水器の細管損傷については、北陸電力の志賀原発1号機の金属片が飛
んで行き破損して海水が流入しました。志賀原発は原子炉をすぐに停止し、
このことがわかりました。本来は志賀原発同様に川内原発でも、原子炉を
すぐに停止して調べるべきです。

※2号機の軸振動計については、検査したのか交換したのか九電は発表し
ません。
※2号機の蒸気発生器については、57本の細管を施栓したとだけ発表し、
他の部位についての検査について発表しない。


 川内原発30キロ圏住民ネットワーク
 (略称 原発30キロ圏ネット)
             
事務局 〒896-0021 いちき串木野市住吉町134   
            TEL 0996-32-9726 FAX 0996-32-9727 
            携帯090-9130-0995
            川内原発30キロ圏住民ネットワーク
代表 高木章次
(避難計画を考える緊急署名の会 共同代表)  
             副代表 西薗 典子
            (さよなら原発@ひおきの会 代表)
posted by だつげんぱつ at 03:02| 脱原発情報[情報]

<アピール行動>川内原発2号炉再稼働反対!

川内原発2号機の再稼働に対する各地市民の抗議活動


1)【川内原発2号機再稼働 抗議集会】
10/15 8:00〜川内原発ゲート前 ‪#‎鹿児島‬ ‪#‎薩摩川内‬ ‪#‎川内原発‬
15日は、2号機の再稼働になります。
ゲート前で、一日抗議集会を持ちます。
15日(木) 8時〜17時
        川内原発ゲート前
      各自、車で参加ください。
      駐車場は、特段設けていません。
      北ゲートから右に入ったところなど、
      駐車場の案内が付きます。
  昼食について、
      今有志がハンガーストライキを決行中です。
      その意欲を参加者も受け止めて、
      実行委員会は弁当など準備しません。
      昼食は各自でご準備下さい。
      お茶だけはあります。(無料)

以上、向原よしたか勝手連@fbより


2)原子力規制を監視する市民の会 ‏@kanshi_chu
☆緊急拡散☆ 川内原発2号炉再稼働反対! 官邸前行動
10月15日18:30〜
http://kiseikanshi.main.jp/2015/10/11/sendai2/

<抜粋>

川内原発2号炉について、原子力規制委員会は14日に使用前検査の合格証を出そうとしており、九電は15日にも再稼働をもくろんでいます。抗議アピール行動にぜひご参加ください。

◆川内原発2号炉再稼働反対!10・15官邸前アピール行動◆

・日 時:2015年10月15日(木)18:30〜19:30
・場 所:官邸前(地下鉄国会議事堂前駅)
・主 催:原子力規制を監視する市民の会
・問合せ:満田090−6142−1807


川内原発2号炉は、1号炉同様、火山リスクへの対応について目途が立っておらず、実効性ある避難計画もありません。福島の子どもたちに甲状腺がんが多発していますが、甲状腺がんを防ぐためのヨウ素剤の配布についても目途が立っていません。11月には30年を経過する老朽炉でもあり、老朽化によるさまざまなリスクを抱えています。

2号炉は、交換すると公言し、保安院時代に設置変更許可までとっていた蒸気発生器については、交換せずに再稼働しようとしています。米国では、三菱重工製の蒸気発生器に欠陥が見つかり、サンオノフレ原発は廃炉が決まりました。欠陥は経済性を追求した結果でした。川内原発の蒸気発生器も三菱重工製です。

このような状況で再稼働を許すことはできません。

※ 悪天候や交通事情により中止する場合があります

3)☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1638目報告☆より

明日、 川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00〜15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

「川内2号機、15日に再稼働 新規制基準で2基目」西日本新聞2015
年10月13日19時13分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/200796
九州電力は15日に川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、
再稼働させる。東日本大震災後に施行した原発の新規制基準下での再稼働は8月
の川内1号機に続いて2基目となる。営業運転への移行は11月中旬になる見込
みだ。
15日は制御棒を引き抜いて原子炉を起動。約12時間後に核分裂反応が安定
的に続く「臨界」に達する見通し。


(動画)「川内原発2号機再稼働に反対する集会」KTS鹿児島放送
2015年10月13日
http://news.ktstv.net/e60289.html

「川内2号機再稼働に反対 反原発団体、鹿児島市で集会」西日本電子版
2015年10月14日
http://qbiz.jp/article/72700/1/




4)たんぽぽ舎メルマガより

川内・高浜原発再稼働やめろ!永遠に原発ゼロに!再稼働反対!
 10/16(金)首相官邸前・国会議事堂前抗議−第168回
 日時:10月16日(金)18:30より20:00
 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
     当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照

伊方原発3号機再稼働反対!
 10/21(水)第1回四国電力東京支社抗議行動にご参加を!
 日時:10月21日(水)18:30より19:30
 場所:四国電力東京支社
    東京銀行協会ビル前(丸の内1丁目/大手町駅から3分)
 主催:再稼働阻止全国ネットワーク TEL 070-6650-5549
     http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/
    メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp 
  FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
   (東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付)
posted by だつげんぱつ at 01:16| 脱原発情報[情報]