2014年07月11日

【本日】ガザ空爆をやめろ!イスラエル大使館前緊急行動(大阪でも)

東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎]

イスラエルによる国際法違反の占領と封鎖という巨大な暴力の上に、また
しても「集団的懲罰」に他ならない空爆という戦争犯罪が繰り返されてい
ます。見過ごすことは出来ません。とにかく急いで抗議の声をあげましょ
う。本日7月11日、東京と大阪で抗議行動が行われます。可能な方はぜひ
ご参加ください。

<ツイッター拡散用>
【緊急拡散お願い】ガザ空爆をやめろ!イスラエル大使館前緊急行
動:7月11日(金)18時30分〜19時30分、イスラエル大使館前(麹
町駅6番出口〈日テレ方面〉から徒歩3分)、呼びかけ:個人有志
(連絡先 090‐6185‐4407 杉原)※プラカード等持ち寄り歓迎。

空爆下ガザの民衆に連帯する緊急行動(7/11 東京・大阪)
http://d.hatena.ne.jp/stop-sodastream/20140710/1404994148

【イスラエル大使館に抗議のファックスを!】
イスラエル大使館(FAX)03-3264-0791

---------------------------------------

【東京】
ガザ空爆をやめろ!イスラエル大使館前緊急行動

日時:7月11日(金)18時30分〜19時30分
場所:イスラエル大使館前
   (地下鉄有楽町線麹町駅6番出口〈日テレ方面〉から徒歩3分)
   地図 http://bit.ly/1qZoFE8 (千代田区二番町3番地)

報道でもご存知のとおり、ガザへのイスラエルの空爆が激しくなっていま
す。イスラエル軍は地上侵攻を視野に、予備役兵の召集を開始しました。
事態の拡大をとめるには、世界中での迅速な抗議行動が鍵を握っています。
そこで急きょ、緊急の行動を有志で呼びかけることにしました。参加され
る方は各自、プラカードや鳴り物などの準備をお願いします。

呼びかけ:個人有志
問い合わせ先:090−6185−4407(杉原)

---------------------------------------

【大阪】
イスラエルによるガザ空爆糾弾!日・米・イスラエルの戦争協力強化に反対!
7・11大阪アメリカ領事館前緊急行動

日時:7月11日(金)午後6時〜
場所:駐大阪・神戸アメリカ総領事館前
   http://japanese.osaka.usconsulate.gov/map-contact.html

イスラエルによるガザ空爆が激しさを増しています。7月8日から10日にか
けての3日間ですでに81名のパレスチナ人が殺害され、550人以上が負傷し
ています。西岸地区にもイスラエル軍は全面展開し、武装入植者と一体と
なってパレスチナ人の生活と生命を脅かしています。

8日、アーネスト米大統領報道官は「イスラエルの自衛権」を支持しなが
ら、「パレスチナ人の自衛権」には一顧だにしないという米国のダブルス
タンダードを改めて明らかにしました。これまでもパレスチナの人々は、
封鎖政策や隔離壁・入植地、人種差別的法制度等によって、移動の自由や
教育・就労・資源へのアクセス権を奪われてきました。しかし、米国の国
連安保理における拒否権によってパレスチナ人の権利を守るための国際的
な行動は常に妨害されてきたのです。

このような全面的ジェノサイドが進行するイスラエル/パレスチナを茂木
経産相は日本企業27社とともに訪ね、イスラエルのセキュリティ・ビジネ
スを中心とした産業界と技術開発協力を進めていくための覚書を7月7日に
交わしました。パレスチナ人を実験台にして成長してきたイスラエルのセ
キュリティ技術に、日本の無邪気な「死の商人」達が群がろうとしています。

パレスチナ人に対するジェノサイドを進める日・米・イスラエルの戦争機
械を止めるため、いまこそ市民的連帯の声をあげていきましょう!

※各自、プラカードなどご用意ください。

呼びかけ(7月10日現在)
・ATTAC関西
・関西共同行動
・「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン
・パレスチナの平和を考える会

連絡先:palestine.forum@gmail.com
posted by だつげんぱつ at 00:43| 脱原発情報[情報]

2014年07月10日

【秘密法】17日の第2回「情報保全諮問会議」で政令・運用基準の「素案」提示へ

杉原浩司(秘密保護法を考える市民の会/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎]

来週7月17日(木)に第2回「情報保全諮問会議」が、安倍首相も出席して
行われると9日の毎日朝刊が報じています。また、同諮問会議のメンバー
である清水勉弁護士が自身のブログで開催案内を紹介されています。

日時:7月17日(木)午前10時から
場所:総理大臣官邸2階 小ホール
出席予定者:情報保全諮問会議構成員
   内閣総理大臣、特定秘密保護法の施行準備を担当する国務大臣 他
内容:政令・運用基準に関する説明、意見交換、今後のスケジュールの確認等

政府がこの日に示す「素案」には「特定秘密に指定する際の要件や手続き、
有効期間の設定のほか、特定秘密を取り扱う人物を選定するための適性評
価の実施態勢や手法が盛り込まれる見通し」とのこと。「今回の会合で了
承が得られれば、(注:パブコメを経て)秋頃に最終案を閣議決定」との
ことです。

なお、パブリックコメントは行政手続き法に基づくものとして、7月末か
ら8月初め頃から始まり、1ヶ月間行われます。素案の問題点を解明し、
圧倒的多数のパブコメを集中させるとともに、その結果の詳細な公開と反
映を求めていく必要があります。また、集団的自衛権の行使=海外での戦
争が、その根拠を秘密にして開始されかねないという点を、改めて訴えて
いくべきだと思います。

以下に関連資料をまとめています。ぜひ、参考にしてください。

<清水勉さんのブログ>
「第2回情報保全諮問会議」の開催について(7月8日)
http://d.hatena.ne.jp/shimizulaw/20140708/1404827805

第2回情報保全諮問会議の日程(7月2日)
http://d.hatena.ne.jp/shimizulaw/20140702/1404287872

かながわ市民オンブズマン学習会:「秘密保護法にどう立ち向かうか」
7月16日(水)18時30分〜、開港記念会館1階1号室(関内駅、日本大通り駅)
講師:清水勉さん
http://homepage2.nifty.com/kana-ombuds/kouhou/2014/116_4.pdf

特定秘密基準で意見交換=有識者会議が非公式会合(7月2日、時事)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201407/2014070200890&g=pol

第2回情報保全諮問会議に向けた検討状況
(7月2日、内閣官房特定秘密保護法施行準備室)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/kentoujyoukyou/

[概要]第2回情報保全諮問会議に向けた準備会合の開催について
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/kentoujyoukyou/h260702_gaiyou.pdf

(資料3)
特定秘密の保護に関する法律施行令(仮称)の素案の叩き台の概要の項目
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/kentoujyoukyou/siryou3.pdf

(資料4)
特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施に関し
統一的な運用を図るための基準(仮称)の素案の叩き台の項目
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jyouhouhozen/kentoujyoukyou/siryou4.pdf

【今後の主な予定】
・政令や運用基準の素案を作成し、素案について情報保全諮問会議で議論
・2014年夏頃 政令及び運用基準のパブリックコメントの実施
・パブリックコメントの結果等を踏まえ、情報保全諮問会議で議論
・2014年秋頃 政令及び運用基準の閣議決定
posted by だつげんぱつ at 00:35| 脱原発情報[情報]

2014年07月09日

【案内】「川内原発再稼働をやめろ!全国一斉規制委抗議行動 第2波」

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎]

当日のご案内となりすみません。原子力規制委員会は川内原発の「審
査書」案の提示を、当初予定した本日9日から、来週16日以降に先送り
しました。火山噴火対策、避難対策、基準地震動など問題だらけの状態
で再稼働など到底あり得ません。立地不適で廃炉にすべきです。

手を緩めず、抗議の声をぶつけていきましょう。9日は昼の行動に加えて、
夕方にも集会・デモが行われます。

川内原発の審査書案、16日にも提示 原子力規制委(7月8日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASG7765SVG77TIPE031.html?ref=rss

水俣の叫び 「再稼働反対」 川内原発40キロ圏(7月8日、東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014070802000126.html

---------------------------------------

川内原発再稼働をやめろ!
全国一斉規制委抗議行動 第2波

日時:7月9日(水)12時〜13時半
(原発立地の行動は7月7日〜11日の週を検討中)

場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
   ( http://www.nsr.go.jp/nra/map.html

港区六本木1丁目9番9号 TEL:03-3581-3352(規制庁)
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分、
日比谷線「神谷町駅」徒歩8分

主催:再稼働阻止全国ネットワーク
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/inquiry
メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)

協力:原子力規制を監視する市民の会  
http://kiseikanshishimin.jimdo.com/ @kanshi_chu

 私たち「再稼働阻止全国ネットワーク」は、新規制基準の施行日以来、
再稼働審査よりも放射能汚染水対策を!と主張し、連続的に原子力規制委
員会への抗議行動をしてきました。しかし、規制委は、既に120回も審
査会合し、今は川内原発の「審査書案」作成に着手しています。
 東電福島第一原発(イチエフ)の放射能汚染水対策も廃炉への道も見え
ず、コントロールもブロックもできていない中で、原子力規制委員会の再
稼働容認は許せません。まして、事故を踏まえていない新規制基準で、地
震対策も火山噴火対策もプラント評価も全く不十分なままで、また、避難
対策も住民理解も得られないままで、再稼働などあり得ません。
 私たちは、6月12日〜14日の鹿児島・川内行動に多数参加して川内
原発再稼働反対を訴えました。13日午後には鹿児島市内で全国相談会を
開催(参加120名)し、鹿児島・川内現地や他原発現地の方々とともに、
避難問題など川内原発再稼働阻止のための行動を論議しました。その中で
再稼働推進組織・原子力規制委員会を糾弾し川内原発の再稼働を阻止する
ことも確認しました。
 そこで、「新規制基準」施行(7月8日)から2年目に入る9日(水)
に「全国一斉規制委抗議行動」第2波を提案します。原子力規制委員会
(六本木一丁目)のみならず全国の規制庁現地事務所に対して抗議したい
と思います。首都圏及び原発現地・周辺の方々の同時行動への参加を呼び
かけます。

---------------------------------------

<夕方にはこちらも>

川内原発再稼働を許さない!さようなら原発7・9緊急集会

日時:7月9日(水)18時〜19時 集会後デモ行進
場所:代々木公園野外ステージ
    (JR「原宿駅」「渋谷駅」下車)
   *地図 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map039.html
内容:18時からオープニングライブ:日音協
    トーク:落合恵子(作家)、鎌田慧(ルポライター)、澤井正子
    (原子力資料情報室)ほか
デモ:19時出発(代々木公園〜公園通り〜渋谷駅前〜宮益坂下〜神宮通り
    公園解散)

「さようなら原発1000万人アクション」のホームページ 
http://sayonara-nukes.org/

---------------------------------------

【関連記事】
九電、川内原発の安全対策を公開(7月8日、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB08005_Y4A700C1MM0000/

九電、川内原発の安全対策を7月中に完了(7月8日、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF08H0G_Y4A700C1EE8000/
posted by だつげんぱつ at 08:29| 脱原発情報[情報]