2014年06月18日

【報告】閣議決定反対!公明党本部前ヒューマンチェーン&要請行動

【報告】
公明党に妥協させない! 私たちは「人間の鎖」で公明党をつなぎ止める。

杉原浩司(秘密保護法を考える市民の会/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎]

「解釈改憲崖っぷち!しっかりしてよ!公明党 6・17公明党本部前ヒュー
マンチェーン」は約50人の参加で無事終了しました。JR信濃町駅に集合
したうえで坂を下っていくと、なぜか警官が「2人しか通さない」と意味
不明の制止。「それは本部内に入る人数。本部前の歩道で通行を邪魔しな
いように行う」と伝えて、一同は党本部前に到着。参加者からの発言を交
えながら、2回にわたって手をつなぎ、ヒューマンチェーンを完成させま
した。党本部に向かって、「解釈改憲絶対反対」「閣議決定認めるな」
「公明党はしっかりしろ」などの熱いコールをぶつけました。

その後、広い会議室が空いていない、との理由で代表2人のみが党本部内
に入り、総務委員会の山口広治さん、遠山栄吉さんに山口那津男代表あて
の要請書(後掲)を提出。対応された二人は「集団的自衛権行使は認めな
いということでやっているのに、大きな声を出されるのは心外」と言いつ
つ、「いろいろ報道が先行しているが、公明党はまだ何の意思決定もして
いない。完全にニュートラルな状態です」と強調。こちらからは、「ニュ
ートラルでは困ります。入れてはいけないギアがある。ぶれずに頑張って
ほしい」「励ましというより、筋の通ったところに戻ってほしい、との思
いで来た」「憲法が歯止めとなり、方向性を見誤らないできた。それを守
るかどうかが問われています」と伝えました。報道関係者の関心も高く、
新聞、テレビ、独立メディアの熱心な取材を受けました。

何しろ緊急な呼びかけとなったため、参加者が集まるかどうか不安でした
が、切迫した状況の中、大きな責任を負う公明党への危機感の強さが表れ
た行動になったと思います。ファックスや議員要請などにも、確かな手応
えがあるようです。一方で、実際の与党協議は、閣議決定をめぐる文案の
すり合わせの段階に入っており、政府・自民党が来週の閣議決定を目指し
ているとの報道もあります。

 集団的自衛権、来週にも閣議決定 自民、公明と調整へ(6月17日、朝日)
 http://www.asahi.com/articles/ASG6K7FT9G6KUTFK014.html

公明党に対する働きかけを大至急強める必要があります。やれることは何
でもやっていきましょう。

※最後に公明党議員のファックス番号を載せています。ご活用ください。

<報道>
集団的自衛権:都内各地で反対集会 公明党に要望(6月17日、毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20140618k0000m010046000c.html

「9条壊すな」集団的自衛権閣議決定に反対、全国で集会(6月17日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASG6K6H61G6KUTIL03Z.html

【写真】集団的自衛権の行使を認める閣議決定に反対し、自民党と連立
与党を組む公明党本部前で、「人間の鎖」をつくる人たち(6月17日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140617004136.html

【写真】集団的自衛権の行使を認める閣議決定に反対し、自民党と連立
与党を組む公明党本部前で、声を上げる人たち(6月17日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20140617004155.html

写真速報:しっかりしてよ!公明党〜閣議決定に反対してヒューマンチェーン
(6月17日、レイバーネット)
http://www.labornetjp.org/news/2014/0617shasin

【動画:YouTube】
しっかりしてよ!公明党〜集団的自衛権・閣議決定で公明党に訴え
(6月17日、レイバーネットTV、4分41秒)
http://www.youtube.com/watch?v=oVGkvrIFYaE&feature=youtu.be

---------------------------------------

【要請書】

公明党代表 山口那津男 様

    集団的自衛権行使を容認する解釈改憲の閣議決定を
         絶対に認めないでください

 本当にそれでいいのでしょうか? 安倍首相の異常な強硬姿勢を受けて、
公明党が早くも妥協しつつあると報じられています。高村正彦自民党副総
裁が6月13日の与党協議で示した武力行使の「3要件」は、無限定の「他国」
への武力攻撃の発生を武力行使の条件に組み込み、「おそれ」という言葉
によって政府に戦争突入のフリーハンドを与える恐るべき代物です。その
根拠とされる72年政府見解は、集団的自衛権の行使は「憲法上許されない」
ことを明示しており、結論のすり替え以外の何物でもありません。こうし
た誰にも分かる欺瞞を、公明党は追認して閣議決定に応じてしまうのでし
ょうか。

 山口那津男・公明党代表が5月20日の記者会見で、「人の生き死にに関
わる集団的自衛権の問題に関して、取り引きで安易に妥協することはあり
得ない」と明言されてから、まだ1ヶ月も経っていません。

 私たちは今まで、ファックスや電話、議員事務所を訪ねての要請などで、
公明党に対して、精一杯声を届けてきたつもりです。これほど簡単に妥協
を模索されるとは思いもよりませんでした。しかし、諦めるわけにはいき
ません。公明党の会議と与党協議が行われている本日、ヒューマンチェー
ンをつないで思いのたけを訴えると同時に、改めて強く要請します。

 立憲主義と平和主義、そして民主主義を踏みにじる安倍首相の暴走に、
具体的な歯止めをかけられるのは、公明党であることは言うまでもありま
せん。公明党は「命綱」としての役割を最後までまっとうすべきです。私
たちは主権者として、人間として、公明党に呼びかけます。今こそ、連立
離脱というカードを切ってでも、安倍首相に堂々と対峙してください。歴
史に禍根を残すような安易な妥協を絶対にしないでください。集団的自衛
権の行使を容認する解釈改憲の閣議決定を絶対に認めないでください。

2014年6月17日     秘密保護法を考える市民の会

    東京都新宿区下宮比町3-12-302   TEL:03-5225-7213

---------------------------------------

【閣議決定絶対させないで!】
<公明党の与党協議参加メンバーらにFAXを!>

※短いものでも構いません。一人ひとりの言葉で、思いを込めたメッセー
ジを送ってください。

【与党協議の公明党メンバー】
北側一雄(副代表・大阪)=副座長 FAX:03−3508−3533
井上義久(幹事長・比例東北) FAX:03−3508−3354
上田勇(政調会長代理・神奈川) FAX:03−3508−3234
西田実仁(参議院幹事長・埼玉) FAX:03−6551−1005
遠山清彦(比例九州/記録係) FAX:03−3508−3414

【党代表】
山口那津男(東京) FAX:03−6551−0806

★国会議員FAX名簿(解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会)
※冒頭に公明党の全議員リスト
http://bit.ly/1n6mdLh

◇電話できる方は
衆議院は 03−3581−5111
参議院は 03−3581−3111
にかけて議員名を伝えれば、議員事務所につないでくれます。

★公明党本部に要請されたい場合は、
代表番号 03−3353−0111 に電話してアポイントをとれば
可能です。
posted by だつげんぱつ at 01:15| 脱原発情報[情報]